アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、知覚の泡

BULLE DE PERCEPTION - BUBBLE OF PERCEPTION - فقاعة الادراك - Le Réseau LEO

 

これも度々出てくるので重要ワードかな

知覚の泡

知覚の泡は、私たちが五感で知覚するものに関係し、目に見える世界に対応しています。それは、私たちの信念(意識的または無意識的)を完璧に反映し、私たちの環境に現れます。

赤ちゃんや小さな子供の知覚の泡は、まだ完全に構成されていないため、目に見えない世界をまだ見ることができます。大人になると、社会と教育の規範や信念によって条件付けられ、この見えない世界は想像の世界であると自らを説得し、成長し発達しながら、私たちを取り巻く他の世界の目に見える現実を知覚する能力を徐々に失っていきます。

つまり、この泡は、私たちが学習した世界の表象であり、現実の世界の表象ではない。日常的に、「私たちの意識の次元の宇宙」において、私たちの知覚は、まさにこの3次元の殻によって制限されており、それは私たちのマトリックス、私たち自身の監禁を構成している。この次元の殻にヒビが入らない限り、私たちは世界の現実、つまり超次元を見ることができない。それはまるで鏡のようなもので、私たちを3次元の自分自身の条件付けの反射としてユニークに送り返すのです。

このことは、人が3次元の限定された信念に取り込まれている限り、3次元を知覚し、見ることしかできず、幻想の中にとどまることを意味している。例えば、暗い影の体験を語る人が少ないのは、このような理由からで、それは単に、日常の3次元によって構成された次元の殻を突き破り始めていないだけなのです。

幻影は現実を歪曲したものであり、私たちに示唆する表現を容易に信じさせ、取り込ませてしまう魅力を持っている。
この殻を破るには、ドン・ファン・マタスの教えに従い、「経験した知識」を増やし、集合点を修正することが必要です。このテーマは『La Connaissance pour guerir』La Connaissance, pour guérir - Le Réseau LEOで展開されている。

この泡に関連して、カルロス・カスタネダは「Tales of Power」の中で次のように語っている。「魔術師たちは、私たちは泡の中にいると言う。魔術師たちは、われわれは泡の中にいると言う。泡とは、われわれが生まれた瞬間に入れられるものだ。最初は泡は開いているが、やがて閉じ始め、私たちが封印される。その泡が私たちの知覚です。私たちは生涯、その泡の中で生きていくのです。そして、その丸い壁の上で目撃するものは、私たち自身の反映なのです。」
このテーマについては、以下を参照してください。"Dialogues avec notreAngen°37" 

http://bienvenussurlanouvelleterre.jimdo.com/dialogues-2015/dialogue-n-37/

この世界は、無限の情報の中のごく一部を知覚しているだけ、そういう狭い泡の中で生きている

・・・みたいな感じで理解しとけばいいかと