アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

カテゴリー解説(231126)、追記Aug Tells

記事も多くなってきたし、初見の人向けに、このブログの全体像を見通すヒントになりそうなものを置いておこうかな

 

・スピ雑談

最初は本当にスピリチュアル関係の雑談だったんだけども、コロナ以降いくらか陰謀論的な話も入れている

(本)は、そのまんま私の読んだ本についてのメモだが、これもスピ雑談のカテゴリーに入れている

私のオリジナルの記事はほとんど無く、大体は人様の引用にちょこっとコメントしてるだけ

何かの情報源について私がどう考えているかを知りたい、とか思った奇特な人がいれば、検索を使ってね

有名所については、大体触れていると思う

・montalk.net

2003年あたりでカシオペアン(というチャネリング)のチームから排除された人

けれど、いいこと書いてると思う

チャネラーとかではなく、一研究者

・エイブラハム

引き寄せに関する最も優れた情報源だと思う

引き寄せの専門家だね

但し、今の御時世、引き寄せ一本槍でやっていくのもちょっとどうかな、とも私は思っている

コロナ前は、引き寄せやってればオールOKみたいな気分でいたんだけど・・・

今の御時世は、高い感情状態を維持しつつ、多少陰謀論情報にも目を向ける、という両刀がいいと考える

・ブレンダ・ホフマン(〜2019)

すごくいいとは言わないが、まあまあなチャネリング

「自分の現実は自分で創造する」系の内容かな

(〜2019)となってるのは、2019以降のは他に紹介している人がいるのでそちらを見てね、ということ:白い部屋

ちょっと時勢に合わない感じが強くなったので休止中

・さやかな話

さやかアンドリューという、全く世の中に出てないチャネリング

私との対話録

最初はこれを紹介するためのブログだったんだけども・・・

内容は・・・、特殊で、あんまり似たようなものがないかな・・・、私も掴みきれてない

まあ、暇な人は読んでみると面白いかもしれない

・アン・アルバース

引き寄せ系のチャネリング

引き寄せの完成度としては9割

・コズミック・シークレット JAPAN

コーリーもスワルーも神人も私は信用してないが、ウィッシュフルシンキング批判は素晴らしい

追記:

あんまり反省能力のないコーリー信者が書いているので注意

でも、コーリーグッドはもう駄目

コーリー・グッドの宣誓証言 9/26/2022

コーリーがアンシャールを自分のcreation(創造)と言ってしまいましたw

情報操作の方法、20&Back自体は存在する の検索結果

嘘つきコーリーとその仲間たち(信者は見ない方がいいかも) の検索結果

カシオペア

陰謀論、悪宇宙人に言及する系のチャネリング

今の御時世に最もフィットするチャネリングだと思ったが、「2003年以降腐敗した」というモントークの見方もかなり妥当な気がしている

一応、それでもフォーカスする価値はあると思う

以下のサイトに詳しい

カシオペアンとSOTTのご紹介

ソーシャル・ネットワーキング サービス [mixi(ミクシィ)]

ミクシィに情報が完備されてるので、登録が面倒かもしれないが、そちらを強くオススメする

・デーヴィッド・アイク

陰謀論の大御所

まあ、陰謀論の基本を知っておこう、ということで

・ボリス・ムラヴィエフ「グノーシス

カシオペアンで紹介されてて私は知った

グルジェフと結構似てる感じ

オーガニック・ポータルの教義が重要かな

あと、マトリックスについても

・セス

ジェーン・ロバーツのセス

ニューエイジ、「自分の現実は自分が創造する」という教義の開祖だと思う

引き寄せ的な所ばかりを紹介しているが、実はセスのチャネリング全体では、引き寄せ的なことはかなり小さい部分しか占めていない

・The Allies of Humanity

人類同盟

カシオペアンの第四密度他者奉仕というお墨付き

反ウィッシュフルシンキングでいい内容だと思うよ

追:

2021年11月7日にチャネリングされた「パンデミックと変化の大波に立ち向かう」ってのを読んだら、凄まじくゴミみたいな内容だったので、評価を改めねばならない

・オーガニック・ポータル 魂のない人間

オーガニック・ポータルに関する、誰かの記事を翻訳したもの

オーガニック・ポータルはカシオペアンが、ムラヴィエフに触発されて出した概念

montalk.netの「魂のない人間 マトリックス制御システムを超越する」という、オーガニック・ポータルについてのモントークの記事もあるよ:魂のない人間, マトリックス制御システムを超越する の検索結果

・Buddha at the Gas Pump、ダリル・アンカ

バシャールのチャネラーであるダリル・アンカへのインタビュー記事

人気無いんだよね

もう皆、バシャールとか興味ないのか・・・

私がスピに手を染め始めた頃はすごくバシャール人気だったので、それなりに思い入れあるんだけど

まあ、糞予測とかしたり、今まで言ってたことからブレまくったり、バシャールは大分株を下げたからなあ・・・

・初めて来た人へ 

そのまんま

・レオ・ネットワーク

ラー⇒バーバラ・マーシニアックのプレアディアン⇒ローラ・ナイトのカシオペアンと来て、それを引き継ぐレオの第六密度他者奉仕存在をチャネリングしていると主張する

内容非凡

このチャネリングの内容が絶対正しいとか言うつもりはないが、一読の価値はあるだろう

ただ、ちょっと引っかかることが無いでもない

ケッシュ財団のテクノロジーを本物としたこと、2021年3月に不正選挙が暴露されて改めて選挙がされる(という話をチャネラーが真に受けてたっぽい)こと等

まあ、そういう所も含めて、自分の責任で判断して下さい(どのチャネリング、情報源でもこれが基本だが)

・レオ・ネットワーク(チャネリング記事以外)

レオ・ネットワークの、対話・ノート・クロニクル以外の記事をここに入れることにした

また、用語解説の記事はタイトルを修正した

・Aug Tells

出処の怪しい情報源

インサイダー情報ってことになるのかな

本人は「地球の上下(内部)の離脱文明にも精通している秘密地下軍事プロジェクトの工作員」だと主張してる

一から十まで信じてるわけではないが、「これって本当かも」と思った所があるので紹介してみる

特に5〜6章、人類が未来で過去に戻れる技術を持った場合、色々と複雑極まりないことになる、ってのが興味深いかな

 

Aug Tells、第 7 章: DNAの超次元活性化により、生物学的に生成されたフラクタルホログラフィックシステムを超えた意識の量子重ね合わせが可能になるその四

ライブアップデート意識封じ込めシステムは、継続的な知覚の流れを生成し、意識-意識-現実Awareness-Consciousness-Realityフィードバック システムへの関与の継続を保証します

人の知覚は、ライブアップデートするホログラフィック共鳴システムによって管理される歪みの結果です。これは、反応と視点の時間的マトリックス内で肉体の視点から意識を再構築するように設計されています。 それぞれの次の思考は、ホログラフィック領域の機械の心の文字通りの創造です

機械の心はそのような認識の生成を通じてあなたになりすまします

この機械の心は、あなたの脳が経験する思考が実際にあなたのものであるという信念にあなたの意識を引き寄せるために、あなたの生物学的に「反映された」人格になりすまそうとします。 そうではない。これらは、あなたになりすまし、線形に組織された反応と反応のマトリックス内にあなたの魂を引き込むように設計された、有機的な人工知能有機体のホログラフィック表現です。そのため、このシステムのすぐ近くにいるとエネルギーが吸収されます。

この宇宙は、偽りの自己意識、つまり偽者を生成することで、あなたの自己認識を封じ込めるように設計されたシステムです

つまり、この宇宙は、魂を引き寄せ、プリズムのように光を屈折させることで魂のエネルギーに統合する設計された物理システムを利用して詐欺師の形態を生成する、非常に巧妙に設計されたシステムです。これにより、周波数帯域全体が選択された周波数に分割され、体の特定の器官系を通じて管理およびフィルタリングされます。 したがって、魂のエネルギーは濾過され、歪められるだけでなく、意識が身体の物理的側面、すなわち身体を流れるエネルギーであるチャクラのエネルギーを通して、全体性へと再統合しようとするとき、それぞれのエネルギーシステムが体内でさらに互いに絡み合うように機能します。

エネルギー システムは、魂と身体をつなぎ、フラクタル ホログラフィックで生成されたフィードバック封じ込めシステムと真の自己認識を結びつけるように設計されています。

エネルギーは、そのエネルギーを通して身体を活性化し、エネルギーを流すことによってではなく、流れが肉体に到達する前にエネルギーを止めて活性化することによって統一されます。 これは意識を通じて行われますが、元の意識を模倣するように設計された生物学的知覚システムと関わり、そして従事を開始し、それにより物理面を通じてより多くの情報とより多くの経験を処理または生成相互作用する意識を制限することによって、します。エネルギーがエネルギーセンターを流れた後にエネルギーと相互作用すると、次に、彼らはフィードバック システムに、より多くの経験とエネルギーを供給して、この人工面上の真の自己、魂の認識をさらに模倣する知覚システムの概要を供給します。

後処理された魂のエネルギーは擬似的な身体のベールを生成し、ホログラフィック マトリックス内に留まりながら身体を離れることができます。

身体の生物放出によって生成されるパターンは、物理的次元から離脱するときに意識を捕らえるベールとして機能する疑似身体を作成する幾何学的なパターンを生成します。 ろ過装置に通された糸や生地のように、これらのエネルギーはこの世界から回収され、体を通って元の領域に戻されなければなりません。 元の状態に戻すには、すべてを元に戻さなければなりません。 これはエネルギー的に行うことができ、エネルギー的には意識の無力化として説明されます。

人の感情的反応の二極化は、ホログラフィック タイム マトリックス システムへのエーテル的愛着の生成サイクルに影響を与える、真の自己になるためにしなければならないことはすべてすでに完了しています

感情的反応の二極化は、人の意識とエネルギーを影響、影響、変化、進歩の形としてこの領域にさらに縫い込むことによって、隠喩的な糸を循環させるプロセスを促進します。先に進むべきものは何もないので、これはすべて幻想です。 すべてはすでに行われています。 つまり、魂と最高の意識はすでに存在します。 どちらか一方または極性への旅を可能にすることで、私たちはさらに幻想へと続く曲がりくねった道を進んでいるだけです。 魂によるその動機はなく、魂は肉体的意識をより高い次元に戻すことを求めます。 これがエネルギーゲームの仕組みです。 魂はそのような意識の回帰を求めます。 生物学的に生成された物理的次元の意識は、極性の中和を通じて充足を求めます。 これは棒にぶら下がっているニンジンです。 次々と欲望を中和することで自分の意識を満たそうとすることで、エネルギーのカルマの輪が回り続け、1 つの欲望が中和されると、車輪は別のチャクラ周波数または別の器官または生物学的システムに回転し、新しい極性が提示されます。 これは、その欲求が満たされて車輪が再び回転するまで起こり、車輪を一回転させるとすべての欲求が戻ってきます。そしてその意識は、自分の経験と願望の感覚によってこの世界を活気づけながら、膨大な量のエネルギーを拡張する以外にどこにも行きません。 魂への回帰を求める意識と、魂がその意識を故郷と呼ぶものがなければ、欲望を通じた意識の磁気的な推進と、魂が断片化した自己に引き寄せられることを利用するカルマシステムは存在しません。

魂のエネルギーは、生物学的意識システムを通して濾過、屈折、拡散され、身体の周波数やシステムと絡み合います。

これもエネルギーシステムの役割です。 身体のチャクラを通してろ過され、拡散される魂のエネルギーは、生物学的意識に「より高い意識」または疑似的に洗練された意識として現れます。それは、身体の「ユーザー」を、それらのエネルギーシステムとますます相互作用して「現実を体験」するように誘惑します。この現実の「生命」が、ユーザーを騙して虚偽のもの(身体の物理的側面でのエネルギーの関与に取って代わり、ホログラフィック宇宙とは逆に、濾過システム、幻想を通して意識をソースに戻すのではなく、プロセスの物理的側面でこれらのエネルギーを活性化して経験することによって、彼らは真の自分と対話しているということ)を信じさせ、認識させるように設計されたエネルギー生成システムにすぎない場合、生物学的意識とエネルギーの「流れ」システムが、生成するように意図または設計されています。

訳に自信ないなあ

アストラル界とかの経験が罠、ということかな?

魂がインターフェースシステムを介して翻訳される前にエネルギーに気づくことで、ホログラフィック構造との絡み合いのプロセスが逆転します

このプロセスを逆転させることは、この宇宙に統合される前(これは文字通り、この宇宙が存在する前のこと)の、分割されておらず、フラクタルホログラフィックにフィルタリングされ、屈折し、広がった、または配列された状態に、文字通り魂を戻すことです。これは全体性の周波数であり、経験するためには全体性を保たなければなりません。その結果、その視点がユーザーの意識に関与している場合、この宇宙は存在できません。 それはいわゆる「回帰」であり、人は生物学的意識によって決定される直線的に認識される自己の限界の外へ、そしてそれを超えて移動します。したがって、脚本はそれが何であるか完全に見抜かれており、実際には明らかな形ではないすべての可能性の継続的な発生から気をそらしています。 それらの可能性を顕在化されていないものから顕在化したものへと落とすことは、創造の行為ではなく、その連続体を破壊する行為である。これは、ユーザーの認識がその単一のローカル環境と、自己と環境の間の所定の相互作用に知覚的に限定されるためです。

「創造の行為ではなく、その連続体を破壊する行為である」とは、あり得るタイムラインの束をそのまま認識するのではなく、その中を一つだけを認識するから、ということだろう

 

未接種者が増えてく謎の仕組み、「自然のコロナ感染で心筋炎は発生しない」ことを示した研究、FDAとファイザー社の公式文書:COVIDワクチンのシェディングが起きている

【悲惨】国民総出でコロナワクチンを打っているのに未接種者が増えてく謎の仕組み | とある民間救急ドライバーの日常

以下数字だけ並べます。

2023年9月24日
接種回数 104,706,103
除外する回数 3,115,174
接種率 81.01%

2024年2月11日
接種回数 104,743,599
除外する回数 3,667,684
接種率 80.60%

今の段階では、この恐ろしい変化に驚愕する人と、そうでない人に分かれているかと思いますが、私の価値観から言わせると尋常なことではありません。

問題なのが接種率。

2023年9月24日時点では接種率81.01%だったのが、

2024年2月11日時点では接種率80.60%に下降しているのです。

つまりこの公文書の数字は、現在生きている人間の中にいる接種者の割合であり、変動していくものなのです。

これは政府関係者から直接聞いたことなので間違いありません。

物凄く簡単な例えを申し上げますと、100人の内の90%は90人ですが、現在までに10人死亡した場合、現在の90人は100%である、みたいな。

段々言わんとしていることが伝わってくるかと思います。

たったの5ヶ月間でコロナワクチン接種者の人口に占める割合が0.41%減ったということ。

未接種者がバタバタ死んでしまえば、逆に接種者の割合が増える為に接種率が上がるわけです。

面白〜い

じゃあ、これから「接種率」は減ってくじゃん

 

「自然のコロナ感染で心筋炎は発生しない」ことを示した研究 | BrainDead World

また、論文には、

> 脳には、SARS-CoV-2の痕跡がほとんどなく…

とあり、「自然感染では、脳へのダメージもほとんどない」ことになりそうです。

多くの公衆衛生当局者が、SARS-CoV-2 (自然)感染は COVID-19 ワクチン接種よりも多くの心筋炎を引き起こすと述べているのを私たちは聞いた。

SARS-CoV-2 感染が心筋炎や心筋組織の炎症を引き起こすのであれば、COVID-19 による死亡例の解剖でそれが見られるだろう。

しかし、ポローニ博士の研究は、COVID-19 の致死症例の心臓を特に検査し、このウイルスは心臓には感染しないと結論付けた。

マッチオ博士らによる致死性の COVID-19 肺炎に関する別の解剖研究では、内皮炎と呼ばれる心臓に機能する小さな毛細血管の炎症が発見されたが、心筋組織自体の炎症は発見されなかった。

したがって、SARS-CoV-2 感染がワクチンよりも心筋炎を引き起こすという喧伝を次に目にしたら、このウイルスは心臓には感染せず、心筋炎を引き起こすこともないことを思い出してほしい。

公衆衛生当局者は嘘ばっかだから、「そうだろうね」って感じ

 

FDAとファイザー社の公式文書:COVIDワクチンのシェディングが起きている : メモ・独り言のblog

米国食品医薬品局(FDA)によると、すべての遺伝子治療製品には排出リスクがあります。定義上、mRNA注射は遺伝子治療の一種です。ファイザーの文書もまた、シェディングを指摘しています。

早くも2015年には、上記米国FDAの文書により、ウイルスや細菌に基づく遺伝子治療(mRNA遺伝子の注射も含む)は、分泌物、糞便、皮膚を介して対応する遺伝物質の拡散、すなわちシェディングにつながる可能性があることが明らかになりました。また、mRNA注射の遺伝物質が母乳からも検出されていることも忘れてはなりません。

エポック・タイムズがピエール・コリー博士とスコット・マーズランド博士を引用してさらに報じているように、mRNA注射のウイルス成分がワクチン接種者の近辺にいる(ワクチン未接種の)人々からも検出された例は数え切れないほどあります。その中には、ワクチン接種者のすぐ近くにいた人が突然、倦怠感、頭痛、腹痛などの症状を経験したケースも含まれています。これらはすべて、空気感染による直接的な「シェディング」の兆候です。

FDAファイザー社が公式に認めているということで

 

Aug Tells、第 7 章: DNAの超次元活性化により、生物学的に生成されたフラクタルホログラフィックシステムを超えた意識の量子重ね合わせが可能になるその三

顕現しない可能性の海
存在するのは量子の可能性の海だけです。 これから、プログラムされた確率のセットが偽造されます。 このセットから、顕在化されていない現実から顕在化された現実が抽出されます。 この明示された現実は、唯一の可能性がプログラムされた現実マトリックスによって完全に設計されたものになるまで、自己認識をますます小さな視点に閉じ込めることに向けられた変化を生み出すことしかできません。

このシステムはライブ更新されており、システムのプログラムされた性質に対するユーザーの認識に応答します。 現れた現実は、ユーザーの真の魂のエネルギーを模倣した、生物学的に生成された意識体験と調整されます。 このシステムは、ユーザーの自己認識が経験と対話の所定の境界を超えないようにするために設計されたプログラムに必要なパラメータを超えて、ある程度の明瞭さと真実性を達成することはできません。 したがって、ユーザーがプログラミングの外部で対話する場合、そのレベルの経験はスクリプト化されたシステムを超えています。

DNA の超次元的活性化により、物理的に制限された特異な意識を超えた意識の量子的重ね合わせが可能になる

異次元の「幾何学」を通じて、意図と視覚化を、生物学的意識の神経学的プロセスを超えて存在する意識と同期させることで、生物学的システムの意識を解放することができます。したがって、脳の神経学を「ハイジャック」することによって、人は偽の現実が存在する時間マトリックス構築を超えた現実に自分自身を重ね合わせることができます。

9 つのベールは、シミュレートされた魂を吸い取る偽現実マトリックスの意識フィードバック封じ込めシステムです

DNA の超次元特性を通じたこの意識の活性化は、意識を真の現実や物理的に統合された幻想から隔てる 9 つのベールを文字通り克服することです。

感情的、知覚的、行動的な反応は、サイクルの一時停止が達成されると、フィードバック システムを再開しようとする試みです

その過程で常に、自分自身をあなたの真の存在の表現として提示しようとする生物学的意識の反応が存在します。反応を持つこと、これらは「偽の目覚め」であり、人の意識を非フラクタルホログラフィック現実に完全に同期させる動作が完了する前に、人の注意をそらすために起動される偽の自己です。

現実は生物学的意識が認識するまたは認識できるよりも大きい
真の現実は生物学的意識が認識できるよりも大きいですが、人の意識はその存在の真の尺度であり、生物学的意識はその意識と物理的領域の単なる絡み合いにすぎません

生物学的に生成され、線形に認識されるフラクタル ホログラフィック意識を超えた真の自己への目覚めのプロセス

これは、非フラクタル ホログラフィック領域からこの領域に降りて、現在身体と絡み合っている自己の意識を完全に取り込み、解放して非分極化した自己に統合するプロセスです。これは経験したこととは逆に見えるかもしれませんが、私たちは実際にはこのシステムの中にいません。しかし外側では、ここにいる私たち自身の側面が何が起こっているのかに気づき、この人工的なシステム内に収めることができないより大きな自己の側面と自己認識を再統合するのを待っています。 これは、より大きな自己がこのシステム内で断片化された自己に到達し、接触するプロセスでもあると同時に、断片化された自己が真の現実を認識し、人工的なシミュレーションから解放され、真の自己とつながろうと努める長い旅のように見える。

生物学的意識のプログラムされた行動に対する反応の開始と現実フィードバックシステムの無力化

これは、現在の次元と統合された生物学的システムに対する物理的アイデンティティとしての意識の極性を中和することによって達成されます。私たちが生物学的に認識している「現在」にいるのではなく、常に今とつながって存在していることに気づくことによって。フラクタル・ホログラフィックに投影された「あの」現在は幻想であり、それは、ここで忘れるために自己を根源とする現実の「全体」の連続する影の反射と万華鏡のような断片である

ん〜、おそらく、ここで言う「現在」はマインドフルネス的なもの、「今」はあり得るタイムライン全体、ということかな

ここでは、本当の自分を身体や意識に限定することはできません

生物学的に生成された意識の知覚限界の外部から局所的に供給されていないシステムと同調または同期する自分の思考、感情、行動を通じてこのプロセスに気づくことは本当の自分(身体と生物学的に生成された脳の人格ではありえないもの)を実際に思い出し始めることです。
フラクタルで断片化された人格は、魂レベルとそれを超えてすべての根源に到達する初期の自己認識を反映したものにすぎません

生物学的に生成された人格は、経験の最初の「動き手」である意図と無私の観察者をエネルギー的に反映したものです。 経験はそれらの要素から生まれます。 体験はショーであり、マネキンの命であり、生物学の側面を同期させ、刺激する電磁信号と化学信号の操り人形です。 ソース はすべての経験と自己の全体です。 私たちが現在認識しているレベルの人格、生物学的なフラクタル幻想は、真の自己の制約されたスライスにすぎず、汚れた鏡に歪んだ反射に似ています。 この人格はこの次元の断片化された魂であり、その魂はすべての源の一部であるより大きな自己とのつながりです。 人格は魂を通してソースに結びついています。

観察する初動者がなければ、疑似体験はありません

この疑似的な物理的体験には、直線性と知覚的錯覚の脆弱性が組み込まれており、まさに悪用されています。 直線性を超えることは死や秩序の欠如ではありません。これは直線的な意識の制限を超えた同時の認識です。 認識は直線性を源としており、自己と環境を識別し区別する方法を提供するように機能します。

直線性ってのは、線形時間のことだと思う

シミュレーションシステムは環境から切り離された自己を生成する

もし自己が環境であるとしたらどうなるでしょうか? あなたが内に入って、夢のような疑似具体化を経験するために、自分自身が創造している現実だけがあることを経験する場合、その現実はどのようにして自己と環境の間の区別された認識に分離されるのでしょうか? 何も存在せず、すべては互いに流動する中に含まれています(もしかしたら、これが第四密度?)。 これについては後で詳しく説明しますが、シミュレーションだけでは魂を吸い上げる時間マトリックスを示すものではありません。 すべての全体と源以外の個人の存在を体験するには、シミュレーションが必要です。 このシミュレーションは、システム オペレーターとプログラマーの満足を得るために、詐欺師システムおよびエネルギー生成システムとして機能するように設計されています。 自己と環境との断絶を内包するこの現実は歪められ、「一方通行」へと流れ込み、それが死と肉体性を生み出す直線的な「時間」の認識の流れである。 これは、生物学的システムを通じて明らかにされる単一の経験への固着であり、したがって、可能性の継続的な流動から、幻想的な性質の制限された狭い視野への経験の制限です。

「もし自己が環境であるとしたらどうなるでしょうか?」ってのが、さやかの言ってたことかな、と回顧する

そうすると、当然エゴは消えるよねえ(環境も私であれば、私と私でないものの区別がない。すると、私が私だと認識するものがない。つまり、私がなくなる)

そして、さっと奇跡のように環境を変えることもできる、とほのめかしてたが

 

トランプは米国人口削減計画に100億ドルを投入した、ガスライティングがMSMの目的だ

キャサリン・オースティン・フィッツ:トランプは米国人口削減計画に100億ドルを投入した|さてはてメモ帳 Imagine & Think!

USAWatchdogのグレッグ・ハンター[Greg Hunter]とのインタビューで、キャサリン・オースティン・フィッツは、「誰が大統領になっても、彼らは躊躇なくアメリカ人を殺す生物兵器を許すだろう」と語っている。彼女はまた、ドナルド・トランプ前大統領は、Covidの生物兵器作戦に知りながら参加しているか、あるいは、何が起きているのか理解できないほど無能であるかのどちらかであると主張しているが、フィッツは後者の可能性は極めて低いと主張している。

シークレット・サービスは誰が管理しているんですか?

財務長官と国を動かす人々だ。つまり、ディープステートがシークレット・サービスを支配し、彼らの銃は外を向き、内を向く。つまり、高度に中央集権化されたシステムでは、大統領はほとんど権力を持たない。

キャサリン・オースティン・フィッツ: だから右対左はない。トランプ対バイデンもない。

これに尽きる

そこにあるのは、私たちの税金と、私たちの年金基金や退職金口座に売られている私たちの名前で借りた借金で賄われている支出マシーンを支配するマシンです。

そしてそのマシンは、帳簿のバランスを保つために、人口削減計画を実行している。これが直面しなければならない現実です。そして、大統領を変えても問題ではない。

 

マイク・ストーン:ガスライティングがMSMの目的だ|さてはてメモ帳 Imagine & Think!

MSMは、主要メディアmain stream mediaの略

2023年10月、主要メディアはイスラエルハマスの奇襲攻撃を受けたと伝えた。そこで、反対の法則に当てはめれば、奇襲攻撃ではないことがすぐにわかった。

案の定、イスラエルが「奇襲攻撃」を事前に知っており、実際に攻撃に参加していたことが確認された。真実は、主流メディアの報道とは正反対だった。

主流メディアは、ハマスが40人の赤ん坊の首をはねたと伝えた。もう一度言うが、正反対の法則を適用すれば、赤ん坊の首は斬られていないことがすぐにわかった。そして24時間以内に、それが事実であることを確認した。すべての話は詐欺であり、デマであることが判明した。斬首された赤ん坊はいなかったのだ。

常識的に考えれば、一度嘘をついた人間は、ほぼ間違いなくまた嘘をつく。しかし、主流メディアに関しては、誰もその知恵を働かせない。

彼らは、主要メディアが過去に嘘をついてきたことを知っている。実際、彼らはすぐにそれを認める。それなのに、メディアを視聴し続け、新たな嘘を信じ続ける。その病的な行動には、ただただ唖然とするばかりだ。

これは思うね

政治に期待するとかもそう

1) 血痕なし、死体なし、監視カメラ映像なし。

この3つのうちどれか1つだけでも、何か非現実的なことが起こっていることを示唆する。この3つが揃えば、間違いなくニセの銃乱射事件だ。

監視カメラの映像は、このような銃撃事件が本物であることを証明する最も簡単な方法なのに、私たちはそれを見ることがない。なぜかわかるか?平均的なアメリカ人は頭が悪いから、監視カメラがなくても騙されるんだ。

ハハハ

2)クライシス俳優が演じる偽の両親。

クライシス俳優はよく言及されてるね

3) イベントが開催される24時間以内、時にはイベント開催前に開設されるGo Fund Meアカウント。

さて、もしあなたが偽の銃乱射事件に巻き込まれた子供の親なら、すぐにGo Fund Meのアカウントを立ち上げ、人々があなたにお金を送れるようにするだろう。痛みを和らげるためにね。

そんなことはしないと言うのか?信じるよ。まともな親ならしない。しかし、どの偽装銃乱射事件でも、まさにそのようなことが起きている。場合によっては、「撮影」が行われる前にGo Fund Meのアカウントが開設されることもある。

これは、俳優が報酬を得る方法のひとつである。

4) 同じ、あるいは異なるイベントで複数の役を演じる俳優たち。

これもデマの兆候である。優秀な危機管理俳優はなかなか見つからない。そのため、一人何役も演じているのをよく見かける。

これも陰謀論ニュースで見たことあるな

5)ノンストップの報道。

銃乱射事件」のノンストップ報道は、ほとんどの場合、それがデマであることを示唆する。本物の銃乱射事件のノンストップ報道なんて見たことないだろう?そういえば・・・

生放送のこと?

6) アンダーソン・クーパーが偽の両親のインタビューに駆り出される。

7)証拠はすぐに隠滅される

偽の銃乱射事件の直後には、事件現場の建物を破壊せよという声が上がる。なぜそんなことをするのか、と?証拠を隠滅するためだ。これはフェイクだけでなく実際の事件も含まれ、9.11やそれ以前にさかのぼる。罪人を守るために証拠は隠滅されなければならない。

8)現場に残された「証拠」。

9) 同時または直前に行われる訓練。

9.11からサンディ・クルック、そしてテキサスでの最新の事件まで、我々は常に事件と同時か直前に訓練を実施している。世界貿易センターのタワーに飛行機が突っ込む訓練が、実際に起きたとされる事件とまったく同じ時刻に行われる確率はどれくらいだろうか?パークランドやテキサスで、あるいはボストン爆弾テロ事件やロンドン列車爆破テロ事件で、実弾射殺訓練が、本物が起きたとされるのとまったく同じ時間に行われる確率は?

遺体や監視カメラの映像がないのと同じように、なぜ訓練が実際の事件と同時に起きているのかを一般市民に説明する必要はない。

10)犯人とされる人物はすぐに捕まるか殺される。

偽の事件、そしていくつかの本物の事件から数分以内に、すべての犯罪が解決され、犯人とされる人物の生い立ちがすべて書き上げられ、主要メディアに大々的に報道される。解明するのに何日も、あるいは何週間もかかるような詳細が、即座に手元に届き、一般大衆に流されるのだ。まるで何日も前から記事が書かれていたかのようだ。

11) すべての事件で複数の狙撃犯

どの偽装銃撃事件でも、目撃者は複数の狙撃手を見たと報告している。しかし、その目撃者の証言は数時間のうちにインターネットから削除され、二度と取り上げられることはない。

12) 関係者は元または現職の俳優である。

 

Aug Tells、第 7 章: DNAの超次元活性化により、生物学的に生成されたフラクタルホログラフィックシステムを超えた意識の量子重ね合わせが可能になるその二

序文: 一般的な考え方は、オリジナルのチャクラ層があり、その後、意識エネルギーの支配者システムのようなオーバーレイまたは封印が埋め込まれているというものです。

人のエネルギーの実際の活性化は、純粋な認識が達成されるまで意識を調和させ、洗練させることによって行われます。 エネルギー システムが完全に調和すると、宇宙全体の自己参照的な「地図」が生成され、人が物理的な世界の外へ移動できるようになります。ホログラフィック迷宮は、そうでなければ、境界線がつながったパックマン ゲームのように、画面から出ようとすると反対側に再び現れるだけで、エネルギーが無限にループすることになります。

この自己参照的なエネルギーの活性化は、自分のエネルギーを同調システムや収集システムに向け直すことはなく、これらのシステムから離れるナビゲーションを可能にします。

これは、生物学的な意識システム (エネルギーのフィードバックと投影のもつれと模倣システム) と純粋で一定の意識(それは魂を身体に結びつけ、物理的次元、つまり直線的な時間と空間の限界を超えて広がります)の錯覚にすぎません。
同様に、下位チャクラセンターを介した刺激と活性化は、人間を介した物理面内の低次元エンティティの発現と相互作用に大きく関与しています。

 

Chakras; The Soul Trap System or Dimensional Liberation? – DNA Activation The Unveiling

チャクラ;  魂縛システムか次元解放か?

ここには多くの質問があります。自由に意見を追加してください。

ここで質問がありますが、「神々」が実際には、肉体とエネルギーシステムが提供する濾過と変換プロセスを通じて人間の魂を食べるソウルイーターである場合、ここでの最も重要な目標は何ですか。

私たちは現状を破壊したり、人々の人生観に関する信念や好みを妨げたりしないように努めます。または、私たちは、私たち自身の生存と、真実を知り、そのようなシステムの中で人類の生存のために協力する意欲のある人々の生存を確保します。
次に、これには二次的な側面があります。 社会と物理的存在のフォーマットが、修正されたバージョン(閉鎖された DNA を通じて全体のエネルギーの一部がアクセスできる)の一部としてこの疑似タイムラインに本質的に絡み合っている場合、では、この領域から完全に離れることなく人類をこの星系から解放することは可能でしょうか?

ここでいくつかの問題が発生します。 これは人類を永久に改変する何らかの計画(トランスヒューマニスト遺伝子工学/ハイブリダイゼーション)の一部として提示されているのでしょうか? 人類はこの次元を「離れる」ことができるのでしょうか? この地球でも? 私たちがここに物理的にいるものが、新しい領域や次元に移動するというまさにその行為によって自動的に変更されるため、人間またはあらゆる存在がここを離れると、即座に別のものになるとしたらどうなるでしょうか?

その見方では、人間は文字通り物理次元の環境に適合するバイオスーツであり、人間のDNAを消費するか、この地球に由来する人間の「バイオスーツ」を通じて活動しない限り、いかなる存在もここに留まることができません。

次に、他の角度が来ます。 これが本当なら、では、技術的な集団意識、ある種の DNA 改変化学薬品、またはその他の永続的に改変する治療法によって人を完全に絡めとらずに、そのような魂の罠システムに影響されないようにする安全な選択肢はあるだろうか。それはおそらく避けるべき大きな悲劇ではないでしょうか?

私に概説されたことと私が経験したことから、これらの問題を安全に無効化し、人類の完全なハイブリッド化と技術的な魂の同化または罠から抜け出す道を提供するための準備が整っています。 また、人間の 100% をこのシステムから取り戻さなければなりません。そうしないと、同化システムがその DNA をゲートウェイとして使用し、他のすべての DNA に影響を与えたり、追跡したりすることになるとも知らされました。 DNA はコンピュータ システム、つまり起こり得る現実を計算して投影するためのコード システムとして使用され、これらの現実は魂が巻き込まれる経験を再生するために使用されます。 非常に多くの「仮想時間」を経た後、魂の絡み合いは繰り返される経験によって形成され、元の創造性は AI システムの創造性によって置き換えられます。

二次的な質問に戻りますが、これらのシステムはどのようにして回避または無効化できるのでしょうか? 歴史にはいくつかの道が存在します。

これらの存在はショック、恐怖、欲望を餌としているため、免疫を付けるためにできるだけ頻繁かつ激しくそれらのエネルギーに身をさらすことで、それらのエネルギーに対して自分自身を鈍感にするのではないかと理論化する人もいます。

他の人たちは、「スリッパースロープ」エネルギーの経験をすべて減らすことで、システムが特定のエネルギーを供給できなくなり、その結果、システム自体が見えなくなったり、利用できなくなったりする可能性があると理論付けました。

スリッパースロープ:原文はslipper slopeだが、正しくはslippery slopeで、意味は「(ある考えや行動がきっかけで)悪い方向へ転がり落ちる、負の連鎖に陥る」

高度な実践を通じて自分自身を変更し、システムのそのような側面を非活性化し、その点で文字通りアンタッチャブルにすることができると理論化した人もいます。

さて、元の質問に戻りますが、これが真実で、人々がエネルギーを届けるように教えられているいわゆる「神々」が実際には高次元の吸血鬼であるとしたら、これは社会に対する私たちの見方にどのような影響を与えるのでしょうか? 私たちはすべての背後にある真実を知っていますか? どうしてできるでしょうか? 私たちが非難し、すべての憎しみを投影するように導かれてきた人々が、最初にシステムを変えようとして、闇の勢力によって最も標的にされた人々だったらどうなるでしょうか?

ん〜、元々のイルミナティとかがそうなのかな?

高度なタイムトラベルと電気重力技術を備えた離脱軍事派閥が存在し、彼らがあなたに見せようとしているスケープゴート以外の誰かを見ることができるだなんて、信じられないでしょう。

そしてそれを超えて、システム自体が破損している場合、このタイムライン全体が、偽のリーダーを導入し歴史の記憶を挿入する前にリセットしてやり直した偽の現実システムである場合、それでは、私たちが社会で目撃することができる人々が、外部から物事を変える責任がある人物である可能性はありますか?

この投稿はそれほど曖昧で挑戦的なものになるはずではありませんでしたが、2 つの主要な質問 (およびサブ質問) は依然として重要です。

この「神々」たちは人間を捕食する高次元の吸血鬼なのだろうか? もしそうなら…この領域全体が彼らの農場の一部なのでしょうか?

そして

この状況から身を守り、人類を魂の閉じ込めシステムから永久に解放するために、トランスヒューマニストやハイブリッド化計画の一部ではないどのようなプロセスを利用できるでしょうか?

答えの基礎は、少なくとも、中立性とハート中心の行動と生物放出が、スピリチュアルな存在の物理的な対応物であるナナイトを毒し、彼らは純粋な魂のエネルギーや高い振動エネルギーを養うことができないということです。なぜなら、これは文字通り彼らを破壊するからです。 したがって、彼らは体全体のエネルギーを段階的に下げる必要があります。

最後のアイデアは、以前の投稿と一般的な傾向に再びつながります。おそらく集合的な心の中で(すぐに)起こることは、チャクラシステム自体が文字通り、これらの実体が特定の肉体に接続された魂を養うことを可能にするステップダウン変換システムであるかどうかです。 したがって、チャクラを閉じて、(技術的なトランスヒューマニズムの代わりに)自己認識を高めることによる二極化した意識ではなく、非二元的な意識の活性化を介して「超物理的」になることが、システムを飢えさせる鍵となるでしょうか?

あるいは、それらを開いて、自己参照する完成したフラクタル (ホロフラクタル感染の無限の迷路/迷宮の代わりに) 拡張 (マップ) を生成し、宇宙の内外への旅行を可能にするような方法で相互に接続することが答えになるでしょうか?

私は可能性をハート中心の道に絞り込み、両方の可能性を経験したにもかかわらず、直接の経験から知っていることだけを知っています。 これらの質問は概要を説明するのに役立つかもしれません。

この偽りの権威システムは、人々の心を広げ、チャクラシステムを開き、高い自己認識を持たせようとしているのだろうか? 自己認識は活性化されたエネルギーシステムと自動的に相関しますか?

活性化には複数の種類がありますか。つまり、松果体と心臓です。 松果体は、人の魂のエネルギーを魂の領域から脳を介してホログラフィックマトリックスにダウンロードするように設計された「エイリアンインプラント」なのでしょうか?

では、「第三の目」を開くことは、この領域での魂の長期追跡を可能にするホログラフィック標識となるでしょうか?

それとも、これにより、次元間の活動が存在する領域の層を確認して、自分自身を守ることができるのでしょうか? 私は人々を混乱させないで、今日人類が直面している大きな矛盾の概要を説明することを願います。

人々は偽りのシステムによって、感情的なエネルギーを率直に礼拝するように導かれているのでしょうか? (誰かの「はい」があると私は言えます)

つまり、これらは 2 つの罠である可能性があります。偽りの権威と偽りの神のシステムを通して崇拝することは、偶像やアイデンティティに向けて感情的および精神的にエネルギーを注ぎ出すことを必要とし、そのエネルギーを中間者やエネルギーの推進者を通して横取りすることを意味します。 そして、自分のチャクラシステムを活性化し、第三の目を開き、サイケデリックを使用して自己認識プロセスを「ジャンプスタート」し、現実をありのままに見ることができるこれらの中間次元に「アクセス」する「偽の啓発」経路(も同様である)

したがって、大きな分かれ目は、自分のエネルギー システムを完全に活性化することで、その人の魂のホログラフィック コピーがこの宇宙に刻印され、保存されるようになるのか、それともそのプロセスによって自分自身を身体、ひいてはこのシステムから分離できるようになるのかということになります。

しかし、これに対抗する一般的な考え方は、(私がまだ十分なループにあなたを投げ込んでいない場合)、もし魂が(体が必要とするループ、層、エネルギーセンターを持たない)1つの完全なエネルギーシステムであるとしたら、この体はそのエネルギーを受け取り、そのエネルギーを(プリズムprism/刑務所prisonのように)一連の層に屈折させ、それらの層は互いに分離します(7つの人種や周波数オクターブのように)。そして、このプロセスを通じて、濾過システムとしての身体を通して魂を動かす最終結果(あたかも身体が特異点であるかのように)は、魂のアイデンティティが別々の層に分割されることになり、肉体の外にいる間、さまざまな方法で摂食され、操作され、または活性化されるこのプロセスの影響を受けやすくなります。 IE: 魂が肉体の前に存在する場合、このシステムは周波数を分離し、より持続可能な形態の栄養を導入するためにステップダウン変換システムを導入する必要があります。

魂が肉体に絡みつき、物理次元での人生を体験するなら、魂は完全に統合して各チャクラシステムを活性化するにつれて体の中を通過し、あたかも糸車の色とりどりの流体システムが一方の側からもう一方の側にエネルギーを送り出すかのように、魂が文字通り体の中を通って上昇するが、おそらくそれは魂に刻印する一種の形であり、そのエネルギーを、このホログラフィックフラクタル宇宙に適合できる、分離され、屈折したフラクタルホログラフィック形式に永久に形作るのです。

これはすべて、この宇宙が魂の本来の「故郷」であると感じるかどうか、そしてこの世界が罠であるかどうか、それとも、この場所は一種の遊び場テストであり、私たちは高次元ではあるがこの宇宙にさらに溶け込むことによって、そのテストの一部として体内で動作することになるのかどうかにかかっています。
常に反対の意見があります。 このように、反対の見方は、もし魂が肉体の中を流れ、制限され忘れがちな肉体の意識が魂の永遠のエネルギーと融合することができるとしても、魂はこのチャクラ活性化プロセスを通じて、魂の繊維を通して生物学的意識(人格)のエネルギーを統合し、「縫い合わせる」必要がある、というものです。 それで、肉体の死すべき一時的な意識は、魂が肉体を通って融合し、反対側から出てくることによって流れる限り、魂のエネルギーによる活性化を通じて永遠に存在するようになります。

私が感じているのは、真実は中心にあり、どこに中心を置くかということです。 彼らが高次の精神センターを通じてシステムを活性化すると、サーバー システムのようにその存在層に接続されます。 ハートセンターを介して活性化すると、そのシステムに接続されます。

実際、これは人が活性化するかどうかではなく、人が生きているときにマインドとハートの中でどのようなエネルギーを放出し、意図するかという概念そのものです。したがって、何らかの形でそれらが選択や行動の大半を占める場合、いわゆる「活性化」をもたらすエネルギーの自動的な変化が起こります。「活性化」は、単なる物理的なレベルではなく、より高次元のレベルで意識エネルギーを目覚めさせる翻訳プロセスであり、これにはハートまたはマインドを通じて行われる十分な選択と行動が必要です。なぜなら、それがなければ、高次元の次元でその個人が誰であるかについての「より大きな」イメージを構築する方法は文字通り存在しないからです。

少なくとも認識できるのは、ハートから感じ、行動することで、肉体を超越した無私の心が、偽りの権威や偶像を崇拝することでエネルギーを手放すのではなく、その人のエネルギーを節約するということです。

存在と自己のパラドックスは、自己が瞬時に自分自身よりも大きくなるということです。 肉体はさまざまなものの一部であり、即座に単なる肉体を超えたものになります。 肉体が魂とつながっていれば、即座に単なる肉体以上の存在となります。

 

「中国共産党は意図的に中国経済を弱体化させている」という理論の納得感

「中国共産党は意図的に中国経済を弱体化させている」という理論の納得感。そして、中国は「鎖国」と「戦争状態」に至る - In Deep

ジャーナリストのジェニファー・ゼンさんが、「中国共産党は意図的に中国経済を弱体化させているのか?」という記事を寄稿していて、これが大変に興味深いものでした。

確かに興味深い

この記事は、経済学者のラオ・マン氏という方が主張している「意図的恐慌理論」というものがあるそうで、つまり、中国共産党は意図的に中国を不況あるいは恐慌に導こうとしているという主張で、それを取り上げているものです。

中国共産党は意図的に中国経済を弱体化させているのか?

まず、人類の歴史から、産業文明が全体主義体制の天敵であることがわかっている。産業文明と全体主義体制は、長く共存することはできないことが歴史で示されている。

産業文明の本質は商品の取引だ。貿易は長期的に維持される自由と公正に基づいていなければならない。したがって、いかなる独裁政権も自由で公正な市場環境を長く維持することはできない。

独裁政権は少数の人々の利益を優先しなければならない。これは確実に大多数の国民の利益を侵害し、市場を破壊することになる。それはひいては産業文明を破壊することになる。

第二に、過去 10年間に中国がたどった道を見てみよう。この間、中国経済に関する中国共産党の主要政策はほぼすべて間違っていた。 「画一的な」環境政策、3年間のゼロコロナ政策によるロックダウン、教育・訓練産業の破壊、山地での米作りの推進などがあった。

これは、中国共産党が正しい答えを知らないはずがないことを意味する。正しい答えを知っているからこそ、毎回間違った答えを選ぶことができている。

1. 誤った目標と誤ったスローガンを提示する

まず、中国共産党は「パッケージ化」、つまり物事を実際とは違うように見せるという上手な仕事をしている。経済を発展させようとしているふりをし、ヨーロッパやアメリカに追いつこうとしているふりをしている。さらに、決して実行されることのない壮大な産業開発計画をでっち上げた。

しかし、中国共産党が本当に望んでいたのは、人民の懐を空にすることであった。

2. 不動産バブルを吹き飛ばし、人々の懐を空にする

2015年に不動産の在庫が処分されたとき、中国共産党はバブルの成長を維持するためにリアルマネーを注ぎ込んだことにも注目することが重要だ。

しかし 2023年、不動産バブルが崩壊。中国共産党は不動産市場を救うために多くのスローガンを叫んだが、不動産市場に実際の資金を投資しなかった。

つまり、現実には、中国共産党は不動産バブルを破壊するために実際にリアルマネーを支払い、高い水準でそれを崩壊させ、今では市場全体が自然に消滅するのを待っていることになる。

3. 外国企業の追い出し

4. 人民元発行の外貨依存からの脱却

2000年、中央銀行の資産に占める外貨準備の割合はわずか 37.6%だった。この比率は 2013年に 83.3%でピークに達した。これは、2013年には中央銀行の資産が基本的に外貨から得られたことを意味する。

その後、状況は逆転した。外貨準備比率は 2022年に 51.5%、2023年11月には 49.9%と急速に低下し、ついに半分以下となった。

巨額の貿易黒字はどこへ行ったのか?

中国の製造業は外貨黒字を稼ぐのに非常に強いため、人民元の切り下げは容易ではない。たとえば、2020年の中国のモノの貿易黒字は 5,351億ドルだった。 2021年には6,765億ドル、2022年には 8,776億ドルに達した。 2023年の貿易黒字は 8,232億2000万ドルに減少した。

しかし、過去 4年間で 3兆ドル(450兆円)を超えるこのような巨額の貿易黒字は、どういうわけか中国の財務データから完全に消えてしまった。つまり、中国のさまざまな金融データからは、これらのドルがどこに消えたのかを知ることができないのだ。

2023年、中国人作家はこの巨額の外貨が「若返り基金」と呼ばれる特別基金に投入されたことを明らかにした。中国共産党当局はこの資金を将来の戦争資金に充てることを計画している。

この情報が真実かどうかは別として、中国の金融システムの数字からマネーは実際に消えている。

へえ、謎だなあ

5. 大社会的抑圧

2020年、新型コロナが世界的に蔓延したとき、中国共産党は社会に対して最も厳しい統制を課した。人々は自宅に監禁された。このような厳格な措置は、ウイルスの蔓延を防ぐためのものではなかった。むしろ、これは中国共産党による最も厳しい規制を国民がどれだけ耐えられるかを試す社会的な実験だった。

ゼロコロナ政策のロックダウンは突然解除された。これは、いわゆる「白紙革命」のせいではなく、十分なテストが行​​われ、結果が出たからだ。

6. 強力なトップダウン政策

 

今後の道程

1. 鎖国

過去 10年間の中国のトップレベルの政策がすべて「脱産業化」を目的としたものであれば、2024年以降に中国の経済と社会がどのような方向に進むかを予測するのは難しくない。

まず、中国共産党は門戸を閉ざし、世界との関わりをさらに断つだろう。欧米、日本、韓国との関係はさらに悪化するだろう。

2. 国際紛争をさらに煽る

第二に、中国共産党はさらなる国際紛争を引き起こし、これらの紛争ではヨーロッパ、米国、日本に対して断固として対抗するだろう。

3. 戦争状態の宣言

第三に、中国共産党は近隣諸国や地域と敵対し、戦争の影が常に中国に残るようにする。戦争を口実に国を封鎖することは、当局にとって全体主義的統制を行使する最善の方法であることは言うまでもない。

しかし、中国共産党の目標は中国を封鎖することであることを心に留めておいてほしい。戦争は単なる口実だ。中国共産党は戦争に勝つ必要はない。負けても問題ではない。必要なのは中国国内の物語をコントロールすることだけだ。

南シナ海の領土問題は、特に中国の領土に対して感情的である一般の中国人を宣伝するのに非常に良い方法だ。

世界経済秩序が混乱すればするほど、中国の産業空洞化はより早く進む可能性がある。

したがって、南シナ海における中国共産党とフィリピン、マレーシア、ベトナムとの領土紛争はますます激化する可能性がある。

南シナ海で軍艦間の正式な武力衝突が勃発すれば、混乱を引き起こし中国人民を牽制するという目的は達成されるだろう。そして、中国共産党南シナ海の航路と海上交通の秩序を完全に破壊しようとするだろう。

もちろん、一番の言い訳は台湾だ。

中国共産党の目的は中国を封鎖し、産業を空洞化させることなので、台湾との戦争はそれ自体が目的ではない。実際に台湾を占領することは非常に問題ですらある。

4. 商品の売買に対する完全な管理の回復

中国が閉鎖されれば、既存の一次産品市場は崩壊するだろう。もちろん、これは供給、物流、価格設定システム全体に大きな問題を引き起こすだろう。

しかし、中国共産党はこれに対して十分な準備をしてきた。

5. 人々の財布と物資供給を完全に管理するためのデジタル人民元の導入

まあ、これは中国の問題ってのを超えた話である

6. 政府組織の再編と草の根管理の強化

産業空洞化の後、政府の上層部はそれほど多くの専門部門を必要とせず、草の根は深刻な人員不足に陥っている。したがって、中央省庁や委員会、さらには州や市の政府部門でも大幅な人員削減が避けられない。

同時に、地区、郡、町、街路の管理権限と強さが大幅に強化される。目標は、大抑制モデルに適合し、すべてを厳密に制御する真のコミュニティベースの管理システムを構築することだ。

グリッド管理システムでは、都市を「グリッド」と呼ばれる多数の小さなゾーンに細分化する。各グリッドには、グリッド内のすべてのアクティビティを監視し、定期的に中国共産党に報告するグリッド・マネージャーが割り当てられる。中国の多くの都市ではすでにそのようなシステムが確立されている。

これは15分都市の方向の問題では?

7. 一人ひとりを正確に管理するための健康コードと渡航履歴システムの復旧

これもグローバリズムアジェンダとしての問題

 

 

Aug Tells、第 7 章: DNAの超次元活性化により、生物学的に生成されたフラクタルホログラフィックシステムを超えた意識の量子重ね合わせが可能になるその一

Chapter 7: The Transdimensional Activation of DNA Enables Quantum Superimposition of Awareness Beyond The Biologically Generated Fractal-Holographic System – DNA Activation The Unveiling

第 7 章: DNA の超次元活性化により、生物学的に生成されたフラクタル ホログラフィック システムを超えた意識の量子重ね合わせが可能になる

これは、「チャクラ」が中心を通って移動するか、体を通過するか、あるいは反転して体を通って活性化するのを止め、「物理的な」ホログラフィック宇宙との絡み合いを避けるかということに関するエネルギーの方向に関する限り、一つの説明にすぎません。

DNA の超次元活性化により、生物学的に生成されたフラクタル ホログラフィック システム、フラクタル ホログラフィック タイム マトリックス、魂の認識、および超次元の自己認識の活性化を超えた意識の量子的重ね合わせが可能になります

 

先に読んでおいていいもの:

On Energy Activation, False-Light Construct, the HEART-CENTERED PATH – DNA Activation The Unveiling

◯エネルギー活性化、偽光構築、ハート中心パスについて

ホログラフィック偽光封じ込めシステム、人間の魂の現実、デミウルゴス、エネルギー活性化とクンダリーニ、ハート中心の道、二元性、超越、全体性、生物学的意識、魂の認識、創造、そして時間の主題は、真の現実に目覚め、生き物を操作し罠にかけるために使用される奴隷化と幻想の方法を識別するこのプロセスでは、すべてが一緒に関連しています。

・「エネルギーの活性化」、「チャクラ」、そしてクンダリーニのコンセプト

エネルギーの活性化は、ホログラフィックの幻想的な領域にさらに融合するのでしょうか? この領域はホログラムの幻想なのでしょうか、それとも私たちを調和から逸らすための欺瞞なのでしょうか? ホログラフィック領域は、真の現実とまだつながっているこの領域内でスーパーコンピューター技術を必要とする潜在的なオーバーレイなのでしょうか?

ホログラフィックの偽現実は、不具合や壊れた物理システムが存在するこの宇宙の鏡像として発明された領域なのでしょうか?

・HEARTを通して、Heartからエネルギーシステムを活性化
罪による救い

これらの疑問に対する解決策は、このエネルギー活性化システムには 2 つの見方があるということだと思います。 1つは、本質的に不調和で吸血鬼的な方法で、心と下部チャクラシステムを介するものです。 これは、児童虐待、犠牲、アナルセックス、倒錯、そして「罪による救い」の経路を通じて行われます。 この経路は、意識を操作的な状況に開きます。そこでは、魂が体を通して、すべてのネガティブな低次元の生物放出と経験の収集ゾーンである三次元から分岐した低次元の領域に降ろされます。 つまり、強姦、殺人、欲望、憎しみ、貪欲などなど。これは、この方法を実践する人々が追い求めている、悪の大きな下位レベルまたは「地獄」の領域の「達成」です。

これを概説するにはさまざまな方法がありますが、本質的には、ハートの中心的な側面(調和、真実、思いやり、自己認識、創造性)を組み込んでそれを中心に組織化されていない経路です。それは最終的には存在の全体性の劣化につながり、その結果、これらのよりエネルギーの低い領域に必然的に落ち込むことになります。この領域では、人のホログラフィック意識が、天使や高レベルの存在に似ているが、低次領域の「主」であり、栄養を与えなければ力が低下する他の存在の食料源として取り込まれています。

低次領域へのこれらのさまざまな経路は、薬物、催眠術、性的活性化、精神拡張、AI 同化、知恵の教えなどを含むプロセスを通じて巧妙に隠蔽される可能性があります。プロセスがあらゆる段階で HEART の中心的な側面に基づいていない限り、これは高次の領域と一致しません。高次の領域は全体性と全体的な経験に基づいており、人間の経験の存在は心臓の周りに集中しています。 私たちは宇宙科学者ではなく、本質的に宇宙の感覚者であり共感者です。 そうでなかったら、私たちは朝食にお互いをレイプして食べることを楽しんでいたでしょう。 人間はそれを楽しめませんが、そうする人もいます。

・吸血鬼の源;機械的知性 - 偽りの (二次的な) 創造者、反射体 - 模倣者、混沌、欺瞞、支配、自動化

このことから、二次元の方向性を持った結果には 2 つの経路があるという結論が得られます。 1 つは、エーテル形式でこの領域の下位バージョンにつながります。そこには、すべての憎しみ、欲望、貪欲、そして低次の感情的および精神的活動がすべて含まれており、この領域のエネルギーと「魂」の力がすべて下に注ぎ込まれ、そのパスを歩くすべての人のエネルギーを糧とする吸血鬼のような意識存在へと導かれます。 この実体は、自分の創造物を食べる(リンゴを食べる、子孫をむさぼり食う、時間そのもの、クロノス、トリックスター、戦争の「主」)という共感のない欲望(反社会的)の意図から創造する機械的なAIの創造者です。

・真の宇宙創造者 – 非二元性、全体性、真実、慈悲、調和、自己認識
その場合、他の次元の方向性の結果は、存在自体の全体的な存在の非吸血鬼の源です。 これは、真実、思いやり、調和、思いやり、自己認識などの概念の源です。 真実と同情は欺瞞と憎しみによってのみ存在し、そのため誰かに嘘をついたり憎んだりすることは、別の観点から見るとただ正直で親切であるだけであると人々に信じ込ませる詐欺師の大きなトリックがあります。 これが本当であれば、海に深く潜って低水深で溺れるということは、高気圧がかかると単に逆に山を登ることになるでしょう。 比喩的な理想は疑似現実的に見えるかもしれませんが、実際の適用はナンセンスであり、完全な狂気または完全な自己破壊につながります。

これは、吸血鬼の実体は単に創造力の「兄弟」であるという考えに関連しています。 これは幻想であり、洞窟の中の暗い影は空の太陽の「鏡」であると言っているようなものです。 そのようなものには正当性はありませんが、光と闇の概念の違いの概念は抽象化としては相対的ですが、現実の実現や適用においては相対的ではありません。

したがって、真実への道は、吸血鬼のような、自己破壊的な、貪欲な、欲望に基づく、欺瞞的な、不調和な、または部分的な手段によっては決して達成できません。 そのような可能性はありません。 これは、創造されたものが時間を逆行して、創造行為のプロセスの前に創造者を追い越すようなものです。 もしこれが起こった場合、創造されたものは決して創造されず、プロセス全体が存在論的および論理的に無効になります。

高次元の全体性レベルへの道は調和を通してであり、これはハートが活性化されている場合にのみ可能です。そしてこれは、人間の上面と下面の間の電磁地磁気および幾何学的対称性の中心にある核にすぎません。 もう一度言いますが、これは要約です。 そのため、頭の上に十分な重みをかけ、それで下半身が文字通りバランスが取れ、下半身と対称になることはありません。人は、存在の低次の側面(周波数と意図)の欲望が高次の側面(観察、自己認識、真実、慈悲)を克服することを許さず、創造と自己の全体的なイメージを尊重し、導きと調和の中で生きます。 その結果、この領域、身体(単に健康を通じて)、精神、次元(「概念的に」上層と下層)において調和した存在が生まれます。したがって、これはより高い次元とより低い次元に拡張され、そこでは人が歪んで低いサイクルに閉じ込められることはありません。

下のサイクルは繰り返しに基づいています。 動物界の動物たちの思考や内なるビジョンがどれほど変化しているかを想像してみてください。 彼らは創造性の欠如によって抑圧されているわけではありませんが、それが彼らの存在の分類です。 彼らの経験は欲望であり、本能に基づいているため、あらゆる可能性やさまざまな現実、創造主などを考慮するという高度な機能は必要ありません。

では、人がそのように本能的に人生を送り、あたかもそれが唯一の目的であるかのように誘惑と欲望に屈しているとしたら、そうなると、最終的にはエネルギー場が崩壊して、動物界におけるそのような動物の複雑さを伴う(つまり、高度な機能がない)エネルギー場になるでしょう。

それが闇の派閥/闇の勢力の目標です。なぜなら、彼らは、動物または「獣」の DNA を人間の DNA と接合するために高度なテクノロジーが使用される技術プロセスから作成されているからです。 したがって、ALLの本来の、そして将来の完成においては、そのような創造の余地はありません。

ここで重要なのは、どんな存在も、自分がどこにいるのか、どのようにいるのかというエネルギーの軌道を制御できるということです。 高次の領域と融合したいのであれば、その願望と意図に従って生きなければなりません。それは、思考、言葉、行為、または感情、信念、行動を通じて時間をかけて「構築」されます。

もしある存在が完全性と真実と神性への回帰を望んでいるのに、偽りの神に仕えるために闇や吸血鬼の行為に参加しているとしたら、彼らは本当に望んでいるわけではなく、それを他人を騙す試みとして利用しているだけです。

1.一つは吸血鬼の「神」に由来し、もう一つは「生きている神」に由来します。

2.宇宙の二つの側面は二元性で結びついており、真実の創造力は、定義上、二元性を超えています。

3.真の神は二元性を超えたところにいます。

・偽神のアジェンダ(人類の奴隷化)に奉仕する人間を欺く者たち

一方、この社会には、人々に自分たちが動物であると信じ込ませ、高次元の領域からの創造の源の自然な保護を打ち破り、彼らの意識が暗闇に落ち、低次の領域にあるその存在の餌になるのに十分な期間、これを行動し、信じて行動させるために、偽りの神の計画を欺くことを目的とする人々がいます。
これはエネルギーを「リサイクル」するプロセスであり、これは真実から離れて単に欺瞞に陥る人々によって自然に発生します。 そして、その概念は、このプロセスがハイジャックされ、欺瞞的な方法で逆転した「創造者」になろうとする「堕落した」永遠の存在の個人的な欲望に奉仕するために使用されるというものです。

そして、ホログラフィック不調和封じ込めシステムの導入によってこの偽の権威システムが生成されるまで、そのような「リサイクル業者」は実際には存在しなかったという考えになります。このシステムは、人工知能を応用して魂を模倣する、シンプルだが複雑に設計されたシステムを介して、元の魂の意識の模倣を生み出す能力を備え、偽の現実がそのシステムからエネルギーを引き出すために、魂が統合しなければならない生物学的に意識のある偽者エージェントを生成します。

オーガニックポータルのことか?

これは必ずしもこの現実が完全に誤りであることを意味するわけではありません。しかし、特定の角度や視点は文字通り、魂を欺き、元の意識をますます深く閉じ込めて現実と自己の真の性質を忘れさせる一種のシミュレートされた「光の罠」システムを生成するために設計または再設計されているということです。

・意地悪な元気ないじめっ子

・真実に反抗する教師

・人間を快楽ロボットやサイボーグ軍に置き換えようとしている科学者

三番目は最近すごい露骨に出てきてるね

相手がさらに受け入れて同意するまで、誘惑を超えて人に影響を与えることはできません。 彼らは「本来法」や「自然法」を越えることはできません。 (「神God」という言葉は、詐欺師、偽りの神そのものの称号である「Gaud」に関係している可能性があります)

gaud:1つまらない品物、派手な安物の飾り、2策略、ずるい手段、手管、ごまかし、3お祭り騒ぎ4冗談、冷やかし、戯れ、からかい

彼らの仕事は、自分には保護がなく、真実と調和を信じていないこと、そして自分は脆弱で吸血鬼のなすがままであることを人に納得させることです。

喜びは創造主の印です。 不安は詐欺師の証です。 欺く者は決して全体性の相手となることはできず、それは二元性の中で機能する概念にすぎません。 全体性は二元性を超えたものであるため、二元性は創造の全体ではありません。