アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、カルマ

KARMA (Le) - Le Réseau LEO

 

重要である

サンスクリット語に由来するこの言葉は、私たちの細胞の記憶に刻まれたさまざまな転生の経験のうち、現世に復活することで解決を求めるものすべてを指します。 
カルマとは、私たちが一生背負っていく荷物のことで、意識次第で重くなったり軽くなったりするものです。    
「解決」とは、まず意識し、感情や身体の情報を知的情報で補いながら、深く踏まえることを意味します。    

しかし、他の多くのように、本質的に捕食によって支配される現実を煽り、他の形態の進化や他の現実への報告を発見することを防ぐことによって意図的に制限することができるカルマの概念を広げることは興味深いことを強調しましょう。

時間と空間の法則を知らないために、カルマはしばしば操作の対象となる。ある者は教義に従い、ある者は権力欲や無知によって教義を作り上げる。     
実際、カルマは因果律として提示されるため、輪廻転生という現象は、一般に、もっぱら直線的な時間性への信仰を養う、一連のサイクルの繰り返しである。そのため、現在の問題の原因を、過去の一連の出来事に求めるという姿勢にとどまっている。     
ほとんどの場合、カルマの哲学は、罪悪感や、私たちの視野や行動範囲を狭めるプログラミングのための理想的なサポートとなります。

時間軸が並置され、互いに共鳴していると言ったほうが正確でしょう。空間性と時間性のリンクした形態は、多方向への無限の往復の場となり得るからです。

具体的には、これらの非直線的・非局所的な交流(シンクロニシティ、直感、超感的ビジョン)に注意を払い、理解を適用すればよいのである。私たちの異なる自己(または魂のフラクタル)が経験するこれらの並列変化の面白さを把握することができ、それらは最大限の情報を集める非常に効率的な一群に構成されます。 

このカルマの拡大版では、私たち一人ひとりが他のフラクタルとの相乗効果で役割を果たし、それぞれの組み合わせに関連する視点のファセットを経験することになるのです。 
この相互作用的なアプローチは、古典的なカルマの定義の根底にあるものよりも、哲学的にも現象学的にもはるかに創造的であることがわかるでしょう。それは、より深く観察できるものと同調するものです。    

私たちはSTSの意識によって課せられた課題に直面しています。それは、一方では多次元の能力が低下し、他方では時間の線形ビジョンによっていくつかのタイムラインがトラップされる可能性があるためです(特に4次元のSTSの存在は彼らは私たちを操作するために非線形の方法で時間を使うことができるので、有利なスタートです)。

私たちが生きているマルチバース(複数の宇宙)を理解するための視力を取り戻すには、多くのイニシエーションの旅が必要なのです。 
繰り返しになりますが、STSの宇宙体験は、私たちの多次元的なリソースを深化させ、テストするために極めて重要なものなのです。

このように、「生きた知識」の同化が進むことで、私たちの細胞の記憶からカルマが少しずつ消えていくのである。カルマは逆行性ループ、つまり循環的な回帰によって表現され、それはさまざまな形で現れるが、常に問題の記憶と同じ感情の道筋をたどるのである。 

この考え方はちょくちょく聞くね

逆行性ループとは、未来が現在の原因になることである

現在背負ってるカルマは、ネガティブな未来の自分のカルマをも背負ってる
そして、個人の意識レベルに応じて - 日々の冒険を通してもたらされるカルマの情報を否定したまま逃げ続けるか、受け入れて解読することを学ぶか - 体験の強度はサイクルごとに増す、または徐々に不活性化していきます。   

Larousse辞書によるカルマの定義:「インドの三大宗教で認められている基本原理で、人間の生命を連鎖したもの(輪廻)と考え、それぞれの特定の生命は前世での人間の行為によって決定されるという概念に基づいている。"  

しかし、この連鎖は、意識的に見られて交差した記憶が、私たちの遺伝学内、より正確には私たちのエピジェネティクス内(つまり、ゲノムを読み取る方法)での脱プログラミングを可能にするため、切断される可能性があります。私たちの環境との相互作用を通じて獲得したすべてのプログラムが表現されるのは、このエピジェネティクスを通してです。それらは、精神遺伝学的、カルマ的、さらには形態遺伝的でありうる... 

カルマは何らかの形で遺伝子に書き込まれてる

カルマの影響によっては、エピジェネティクスは個人の進化を中和するような信念の領域によって条件付けされることがあります。意識、心的言語と遺伝子の言語の接点であるこの行動言語は、この信念の場によって極度に汚染されることがある(STSの捕食によって悪化した)。信念は、情報を硬化させるものとして、錠前として働き、私たちの行動を修正するはずの理解のダイナミズムを低下させ、したがってエピジェネティクスを低下させるのです。

このように、私たちは試練を経験することで、新たな記憶を刻み込んだり、記憶を削除したりします。

自分自身に戻り、行動条件付けの地獄のような輪を見抜くことができるような再集中を通してのみ、私たちの言語の連鎖全体を再投資することができるようになるのです。この新しい情報、新しい知識は、特にエピジェネティック言語をマスターすることによって、DNAの機能を復活させることができるのです。  

意識的に経験されたカルマの記憶は、私たちのエネルギー場を通してますます振動することが少なくなり、したがって、物質的にもますます具体化されなくなります。私たちはそれをこのように表現することができます:私たちの中にある生きた知識が増えた結果、私たちの意識は修正され、こうして重力(私たちが現実として認識しているもの、知覚の泡)に作用し、したがって同じ経験を引き寄せなくなる、というように表現することができるのです。     

これらのカルマは、不快か快かによって、「ポジティブ」「ネガティブ」と表現されることがあります。カルマという概念は、前世のトラウマ的な記憶と共鳴して、現世の「悪いこと」を連想させるのが一般的である。例えば、強い屈辱と評価を受けた人は、この辛い体験が超意識によってこのカルマの記憶を覆すために提供された機会であることに気づかなければ、自殺までしてしまうかもしれないのです。彼の超意識は、彼のエピジェネティクスにおいて、この記憶を不活性化する可能性を提供します。

しかし、このカルマの記憶からの解放は、私たちにとってより快いと思われるものにも関係しています。執行人の記憶は犠牲者の記憶に比べてはるかに不快ではない(あるいは快い)ので、「執行人」が意識を高め、彼の行動様式に疑問を呈するように動機付けられることははるかにまれです。

そのため、人間は最初の地上生活でSTSのマイナス側(加害者)をフルに発揮し、その後、逆の極性に切り替わってSTSのプラス側(被害者)を経験するという転生のサイクルが一定の論理で成り立っているのである。このように、捕食のパターンを知ることは、ネガティブな共鳴からもポジティブな共鳴からも抜け出すために不可欠である。 

カルマの記憶は、私たちをデジャヴュの道に導き、まるで魔法のようにすべての扉が開く道をたどることを、ごく「自然」に思えるようになる。そこに、最も見分けにくい罠がある。このように、「偽」と「真」の区別をつけるには、人生の厳しさに目を見開きながら、実験していくしかないのです。 

すべての経験は教訓を含んでいるのだから、「偽りのイニシエーション」は存在しないのだ。むしろ、同じ時空のループにはまらないように、前に進むための足がかりが提示されていることを理解する機会です。

より明確にするために、僧侶や修行僧として何度も人生を歩んできた人の例を挙げることができる。現在の生活の中で、彼は必ず修道院での思い出を訪れます。リトリート、断食、長時間の瞑想状態は、他の人と比べてとても簡単なことでしょう。そのため、彼女は、自分がすでに無意識に知っているこの道が、真の解放にとっていかに限定的であるかに気づくことなく、この道に身も心も捧げることができるようになるのです。 

したがって、個人が自分が参加しているこのカルマのゲームを理解し、より後知恵で見るために頭を水から出そうとすることは、一般的に経験の苦痛によって動機付けられます。そして、彼がそれから自分自身を解放すると主張することができるのは、その瞬間からだけです。カルマのサイクルからの解放である涅槃に到達するために、知覚の泡であるマヤによって維持されている幻想から自分自身を解放することです。 

そして、元の地上体験の組織化に介入したのは、私たちの愛するSTSコーパスであり、その食料資源(この場合は無知な人間)のロジスティクスに優れています。アヌンナキ(非常に家父長制のエネルギーの運搬人)は、最初の家父長制の計画にいくつかの詳細を追加しただけです:特に、私たちが知っている死、つまり有名なトンネルを通過する間に過去のすべての経験の記憶を消去し、人生を通じて制限された信念を植え付けることです。これは、これまでの経験の教訓を生かして同じ過ちを繰り返さないようにし、その結果、意識が幻影の隙間から抜け落ちてしまうからです。私たちは、マヤの無限ループに巧妙に閉じ込められているのです。

前世の記憶がないのは悪宇宙人のせい

悪宇宙人が地球に張り巡らせた電磁グリッドによって、生まれてくるときに前世の記憶が消されるらしい

…私たちが人工マトリックスの欠点を示している兆候や感覚にますますそして執拗に注意を払うのでなければ。一見、意味のない日常のサイン(特定の感情や出来事を通して表現されたカルマの記憶)を通して、私たちは同じ呪縛のパターンを繰り返さないために進むべき道を見出すことができるのです。

捕食の定義で説明したように、この捕食の茶番劇は、宇宙を支配する破壊的な力と建設的な力の間のバランスの一部であり、それに参加しているのである。しかし、この地球上のバランスに対して、人間は重要な責任を担っているのです。カルマを否定すること、つまり自分の内と外に現れる捕食的なSTSの現実を否定することは、この力を養い、その奴隷化を増幅させるだけなのである。もし、この力が外側に、つまり地球上に過剰な大きさを持つとしたら、それは、ほとんどの地球人が、この破壊的な内なる力に対して、カルマの記憶を通じて責任を取ることを拒否しているからにほかならないのです。       
ヘレナ・ブラヴァツキーは、カルマのビジョンを説明しています。

「私たちはカルマを再調整の法則として説明します。これは常に調和を再確立し、宇宙が存在するバランスを維持するために機能します。(...) カルマが報酬や罰を与えるのではなく、私たちが自然と協調し、調和を確立する法則に従うか、あるいはその法則に反する行動をとることによって、自分自身に報酬や罰を与えるのです...カルマの法則は輪廻転生の法則と密接に関連しています...。この教義だけが、善と悪の神秘的な問題を説明し、人生の恐ろしい不公平と人間を和解させることができるのだ。」
 "神智学の鍵", 神智学テキスト出版, 1993, p.219-224

私たちはこの興味深い観察に、カルマと捕食の現実との関連についての生きた知識を深めることによって、善と悪の不思議な問題を説明し、人生の恐ろしい明白な不公平に直面している「無力な小さな人間」のこの信念から抜け出すことが実際に可能であることを付け加えることができるのです。

私たちは、このよく保たれている謎のベールをはがし、私たち自身の否定と無知の犠牲者にならないよう、力を与えることができるのです...。

結論として、カルマはSTSコンソーシアムによって有利になるように修正されたマトリックスの法則であり、私たちの信念体系に深く埋め込まれた概念である。カルマは、人間の精神とエピジェネティクスの相互のダイナミクスを制御し、抑制することを目的としているのだ。

中々優れた内容ではなかろうか?

 

補:

まず、魂と遺伝子というのは合致している

外界で自分の感情を動かすような出来事が起こるのは、遺伝子がそういう振動を発しているから(だ、とレオ・ネットワークでは説明する)

これを感情的に統合できる(出来事が起きても感情があまり動かなくなる、感情の麻痺とかではなく)ようにするのが重要

感情的に統合できるようになるまで、同じようなパターンの出来事が繰り返される

感情的に統合できるようになると、それは後天的に遺伝子を変化させ(エピジェネティクス)、遺伝子は同じ周波数で振動しなくなるので、同じようなパターンの出来事は起こらなくなる

このように、元々遺伝子に書き込んであるプログラムが、(レオ・ネットワーク的な観点からの)カルマと言えそうである

すごくポジティブな感情を誘発したり、すごくネガティブな感情を誘発したりする出来事を、ニュートラルに受け取ることができるようになると、順調に自己奉仕から他者奉仕へ歩んでいる、という