アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

新たな内部告発者ジェイソン・サンズ、Ross Coulthart だけど何か質問ある?、ジャック・ヴァレとジェフリー・クリパルの対談

新たな内部告発者ジェイソン・サンズ Jason Sands|伊福部大耀

今年公開されるジェームズ・フォックス監督の新作UFOドキュメンタリーに出演するという新たな「内部告発者」 ジェイソン・サンズ Jason Sands が Twitter Spaceに出演して話題を呼んでいる。

ディスクロージャーに備えて個人レベルで何をすべきか: 「それは私を変えました、そしてそれは今日まで続いています。」NHIとのやり取りの後、「混乱した気分」になっている。 コミュニケーションは心と心(テレパシー)だった。心の空間を共有することで、自分(ジェイソン)の生命の一部がNHIに与えられ、その逆も同様であると感じている。 集団でつながっていることがどのようなものかを垣間見ることができた。 この経験をする前には知らなかった何かとつながっていると今でも感じている。
(筆記者による注:彼はこのテーマについて非常に感情を込めて話しているので、私の書き起こしでは彼の答えが正しく伝わっていません。彼は自分の経験から、良い意味で、良い方向に大きな影響を受けているようです)

まあ、それは彼の主観であって、本当に良いかどうか客観的に見極めるべきだな

憲法上の権力を超えた企業組織や「陰謀団」について:
回答: はい、それは危険であり、議会が把握する必要がある問題である。 民間産業も関与しており、特許が絡んでいる。これは不公平だ、競争はないし、他人と共有する必要もない。複雑な要素が絡んでいる。

馬鹿だね〜

なんで議会がすでに「陰謀団」に掌握されてると思わないのか?

「20 and back」プログラム(?)について質問。 ジェイソンが紹介されたのは「プログラムから外れた代償を払わなければならない」ものだった。 それは非常に奇妙な経験であり、多くの点で非常に恐ろしいものだったため、現時点でその全体について詳しく話すことはできない。 おそらく将来、何が起こったのかを整理して理解できるかもしれない
(筆記者による注: これが何を指すのか完全にはわかりません。ただ書き写しただけです)

「20 and back」プログラムは、コーリー・グッドとかがやったと言ってるものだろう

20年間秘密の仕事をどっかでさせて、それが終わったら20年前の世界に若返らせて戻す、みたいな感じだったかと

NHIから名乗り出ることについて:
「彼らに強い意志はないようです。 彼らは地球上で自分たちのことをしているだけであり、彼らの行動には彼らなりの理由があります。 NHI が対処しているかもしれない本当の危険は、人類の利益のためではなく自己利益のために NHI の技術を利用しようとする人間です。 NHI自身が名乗り出るならば政府は免責するだろうと考えています。」

救世主として最も効果的に宣伝できるタイミングを見計らってるんじゃないかな?

現在の国防総省と議会の対立について:
「先ほども言いましたが、議会は自由に使える証言のすべてを持っています。文字通り、私たちが内部告発者として彼らに渡すことができるすべての情報です。内部告発者の幹部はその中で最大かつ最も信頼できるものです。」

国防総省ペンタゴン)は何十年もこのプログラムに取り組んできており、常にそうしてきた。しかし彼らはその存在を否定している。それはそれが彼らにとって快適であり、この流れでやり続けたいと考えているからだ。議会はプログラムの詳細に精通していないため、議会の目を欺くのはたやすい。これは大きな問題であり、徹底的に検討しなければならない。
ペンタゴンは、私 (ジェイソン) のような人々がこの件で敵対するつもりはないことを理解してほしい。私たちは彼らと協力したいと考えている。

国防総省と議会の対立なんてのは、いつもの弁証法的茶番劇だろう

 

Ross Coulthart だけど何か質問ある?|伊福部大耀

ポッドキャストの同僚であるザベル氏が、NHI が人間に対して恐ろしいことをしていることをとても悲しんでいるのに気づきました。 それらの恐ろしいものは何ですか? 素晴らしくて大変なお仕事をありがとうございました🙏

ブラジルのコラレスColares紙のレポートを見てください。 プラート作戦Operation Pratoです。

これは面白い

UFOからの光線でたくさん人が死んだり、血を取られたとか

カシオペアン情報からすると、黒魔術やって干渉の許可を与えるために、他の地域よりひどいことが起きるようだ

 

ジャック・ヴァレとジェフリー・クリパルの対談(1)|伊福部大耀

ジャック・ヴァレとジェフリー・クリパルの対談は、あんま大した内容じゃないね