アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、天使

ANGE - ANGEL - ملاك - Le Réseau LEO

 

天使
たとえば「天使との対話」のように、「天使」とはどういう意味ですか。

"天使 "とは、私たちの優れた意識、あるいは原初の意識に由来するスピリットのことです。この「プレゼンス」は、宇宙の情報フィールドに接続されている私たちの潜在意識の最も深い部分を表しています。

この「プレゼンス-意識」は、ごく少数の例外を除いて私たち一人ひとりの中に存在し、すべての人間を動かしているので、「In-I」*と同じように書くことができる。

私たちの「原初の」人間の意識よりも知的で発達したこの意識は、「超意識」または「上位の自己」と呼ぶことができます。私たち人間の知性と同じように、この意識は宇宙を支配する二つのエネルギー、「自己への奉仕-STS」と「他者への奉仕-STO」を宿している。

STSポジティブ」であれ「STSネガティブ」であれ、「自己への奉仕」あるいは「影」への奉仕を行う天使が、悪魔あるいは捕食者とも呼ばれるのは、その役割が生命の進化の方向を逆転させることにあるからである。彼は「悪魔de-mon」であり、逆にされた「世界mon-de」です(フランス語で「monde」は「世界」を意味し、音節を逆にすることで「de-mon」-「逆さまの世界」になります)。

人間のエゴを通過することで、彼は信念、幻想、偽情報、嘘...を生み出す存在になる。彼は、人間の意識の変性と世界のエントロピーに責任がある。

一方、他者に奉仕する天使、あるいは "光 "に奉仕する天使は、私たち一人ひとりの中に眠っている "私 "であり、意識と同時に生命の進化に情報を与える成長のエネルギーです。彼は世界の創造者であり、「他者に奉仕-STO」する「真の人間」の一人である。彼は、客観的な情報、真理、知識の担い手である。

まあ、ハイヤーセルフみたいな感じの理解でいいんじゃない?

天使の意識は決して人間の意識から切り離されてはいなかったが、デカルト的知性の抵抗と鈍重な信念のために、人間は天使の存在を忘れ、優れた意識の導きから自らを切り離してしまったのだ、ということを私たちはこれから知っていく。

普遍的な意識の個人化された部分である "IN-I/ANGEL "は、人生の経験から徐々に理解を深め、また、私たちの人格の理性的な部分を表す支配的で計算高く利己的なエゴから自分を切り離すことができるようになると、「近づく」ことができるようになります。

私たちは "Nos dialogues avec l'Ange"(天使との対話)を通じて、私たちの本来の意識のこの部分は、無知というベールを脱ごうと努力する人なら誰でも手が届くところにあることを証ししているのです。知識を得ること、そして現在の転生次元に属する限られた信念のパターンから自分を解放することに誠実に取り組むことで、誰であれ個人は、日々の生活の運命の犠牲者ではなく、自分自身の宇宙における幸福、豊かさ、平和の創造者になるために、自分の魂を2つのカルマのサイクルから解放する機会を持っているのである。

* フランス語の「Ange」の発音は、「Enje」と非常に近い音です。「En-je」は英語で「In-I」を意味する。このように、フランス語では、言葉やフレーズが二重、三重、時には四重の意味を持ち、言葉や音の振動の背後にある現実や隠れた知識をより深く理解することができる例が無数にあるのです。フランス語では、このような二重の意味を持つ言葉を「ガチョウの赤ちゃんの言葉」("le langage des oisons")または「鳥の言葉」("le langage des oiseaux")と呼びます。(参照:鳥の言語-Wikipedia)。