アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、強い核力と弱い核力

ÉNERGIE NUCLÉAIRE FORTE ET FAIBLE / Strong and weak nuclear energy - Le Réseau LEO

 

そんなに重要ではないかな

強い核力と弱い核力

これらの用語について、「古典的な」辞書で見つけることができるものは次のとおりです。
強い核力、電磁気学または強い力:
「電力と磁場の相互作用によって引き起こされる現象のアンサンブル、これらの現象を研究する科学。」
http://www.cnrtl.fr/definition/%C3%A9lectromagn%C3%A9tisme

したがって、強い光は私たちの環境を可視化するのに貢献するものです。それは色、明るさ、波形、宇宙の質量の0.4%であり、知性とデカルトの信念の「サポート」を形成します。

弱い核エネルギーまたは弱い相互作用
弱い相互作用(弱い力、時には弱い核力とも呼ばれます)は、自然の4つの基本的な相互作用の1つであり、他の3つは、電磁相互作用、核相互作用、および重力相互作用です。それは、亜原子粒子の放射性崩壊の原因であり、星の核融合の起源です。これは、電子、クォークニュートリノから始めて、既知のフェルミ粒子のすべてのカテゴリーに影響を与えます。
https://en.wikipedia.org/wiki/Weak_interaction 

弱い核力は、宇宙の総質量の4分の3以上を形成しますが、人間の計器では測定できません。それは量子情報、非時間、黒のエネルギーですが、最も重要なのは、直感的な意識のサポートです。
そして、これが天体物理学者のジュリアーナ・コンフォートが、彼女の半科学的、半秘教的なアプローチのおかげで私たちに理解を促していることです。

ジュリアーナ・コンフォートって人もフランス人っぽいな

科学者が今日測定する宇宙の無限大が存在しますが、それらは「ベール」、つまり強力な電磁光によって隠されているため、それらを観察しません。 「ベール」の後ろには、目に見える宇宙に昇順を与える「誰か」または「何か」があります。それは宇宙の知性です。
宇宙の最も理解できない謎は、それが理解できるということです」とアインシュタインは言いました。実際、人間の知性は人間の目が到達しないところに到達します。宇宙や世界は自分たちからは説明されていないように感じますが、それは「謎」や「神の創造物」のように生きています。
G. Conforto、Organic Universe、p.54

なぜ神々、死んだ人々、地球外生命体は見えないのですか?偽造された観察と伝達の方法を使用しているからです。
確かに、私たちが使用する光、強い電磁光は、私たちを惑わす一種の光です(ルシファーの光)。これは、宇宙の質量の5%をかろうじて表す物質の一種である、発光物質によって反射された光です。最新のデータによると、おそらくこの質量のわずか0.5%が、私たちの現在の現実に存在する物質で形成されています。科学は、電磁界をそれ自体で観察することにより、すべての99.5%ではないにしても、95%を無視していることをよく知っています。
 [...]

私たちは電磁場や強い核力をよく知っていますが、ほとんどの人は宇宙のあらゆる体に浸透する弱い核力の存在を無視しています。それは測定不可能であり、人間のデカルト科学にとって重要ではないため、「弱い」と言われています。この力はごくわずかに見えますが、それどころか、最も重要な役割の1つを完全に所有しています。それは、星のハートの中で、化学元素を鍛造する核融合を指示します。これらの核融合は、すべての惑星とすべての目に見える体、さらには人体を形成します。実際、原子は星のハートの弱い光によって生成されます。しかし、それだけではありません。

弱い力は、目に見える部分を同じ個人の目に見えないものに、自然界を超自然界にリンクするメッセージです。 弱い力は、無限の現実のレベルの形と機能を生み出す宇宙の生命です。
[...]
生命そのものは、物理学者が電弱力と呼んでいるものです。

したがって、電弱力は私たちの実験的現実を表すエネルギーです。 それは、外見、「目に見える」電磁的錯覚を使用するSTSの世界、および、2つの力(強い力と弱い力)も使用するが、感覚、直感にはるかに結びつくSTOの世界の関連で形成されます。 それは陰陽であり、創造者の意識によって動かされる二元のエネルギーです。 

電弱力の理論は、力または弱い光が増加すると、電磁光がそれ自体を減少させることを示しています。力の2つの面、弱さと電磁は、実際には同じ体重計の2つのトレイのようなものです。重い光を感知することは、弱い光の一種の現れであり、エロス(欲望)、愛、宇宙の知性、生命、有機的な統一の意識を生きることを意味します。
強い電磁光だけを観察するということは、外見や詐欺を信じることを意味します。これは誘惑、成功への競争、競争、依存、分裂になります。
[...]

さまざまな種類の光と物質は、独特の源から流れ落ちる川です。古代人にとっては生命の泉についてであり、物理学にとってはヒッグスの力です。ヒッグスの力、それは意識、すべての統一です。それは、目に見えるものと見えないもの、すべての種類の物質(フェルミ粒子)とすべての種類の光(ボゾン)を形成する元の物質です。
G. Conforto、Organic Universe、p.54 

電磁光が3番目のSTS密度(自己奉仕)で人間の意識の分離を維持している一方、弱いと呼ばれる光は、ソースからの密度のすべての層を通過するエネルギーであり、この原始的な情報と相互作用する立場にある場合、STO(他者奉仕)の召還の経路に私たちを導くことができることに気付くのは興味深いことです。

レオ・ネットワークの記事を読むには、強い電磁光がSTS密度、弱い光がSTO密度、に何故か対応する、ということだけ頭に入れとけばとりあえず大丈夫だろう

そんなに深く理解しなくても大丈夫

また、ジュリアーナ・コンフォートが深め、それ自体を知識に変えていく科学的知識は、極性、電磁光、弱光の両方が(STSやSTOの場合と同じように)唯一の創造の源から来ていることを確認していることもわかります。