アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、感情と感情的であること

ÉMOTION ET ÉMOTIONNEL - EMOTION AND EMOTIONAL - Le Réseau LEO

 

感情と感情的であること

この定義は、答えの始まりがすでに書かれているロレダナの質問によって後押しされています。

レオ・ネットワークのグループの中の誰かなのかね?

カシオペアンは、ロウラ・ナイトを通して、知識への進歩を制限する感情と無限の可能性に開く感情があると言います...ええと...あなたによると、制限するものと開くものは何ですか? 」

したがって、私たちは、感情的な現象の語彙を正確に把握し、そのタイプの順序の他の問題に拡大することによって、主題をさらに掘り下げようとします。
私たちが複数の感情的な経験を通して理解したことは、良い感情も悪い感情もありませんが、感情的な波を通過するための「より良い」または「より少ない」適切な方法である可能性が高いということです。そしてそれでも、この「良い」または「悪い」は単に個人の個人的な進歩のレベルに対応するので、このように態度を分類することは正しくありません。
しかし、より正確にするために、Virgine DuchaineとJoëlDucatillonが私たちに伝えた、「捕食者」成分を追加したより心理的なアプローチのおかげで、感情的な罠をよりよく理解することができます。
感情と感情的であることを区別することが重要です: 

-感情的な状態とは、個人が溺死し、抜け出すのに苦労している心理的スランプの状態です(たとえば、恨み、憎しみ、怒りが何時間も、丸一日も続いて内から食べられる状態)。この状態は、私たちの任じられた捕食者が、私たちのマトリックスプログラミングのおかげで、強化し、養う感情的なホールドによって引き起こされます。このようにして解放されたエネルギーは彼を養い、私たちを消耗させ、「制限的」または「悪い」と見なすことができるものです。最後に、感情的な状態は、操作された感情のすべてです。

-感情は、感情的な状態と同じタイプの知覚に対応し、別の方法のように非常に強烈になる可能性がありますが、それを通過させることができるという最大の違いがあります。

感情的な状態に沈むことを通して、知識を求めている個人は、自分の精神(一般的には他の捕食者との共犯者)に対する捕食者の行動モードを観察することを学びました。彼が見ることを学ぶにつれて、彼は催眠状態から抜け出し、それ故に「教える感情」にもっと簡単に、同時に彼のエネルギーの最大値から減らされることなく接触することを学びます。意識の捕捉をもたらすのはそれであり、「良い」または解放の資格を得ることができるのは「開く」感情です。子供のように数分間泣きはらすことは、解放的な感情です。永遠の叫びの中でいじくり回すのは、まったくそうではありません。 

したがって、これがエントロピーシステムの秘訣です。人間が、教えている感情に触れることができないようにするために、私たちを感情的な重さの状態に閉じ込めておくために、可能な限り最も激しくされそして拡張されます。

しかし、明らかに一方は他方なしでは機能しません。これは、「良い」または「悪い」が、私たちの各細胞に存在する同じ元の力の一部であることを意味します。

強い感情的なホールドの段階にある人、またはそれに定期的に飛び込む人は、「間違った」道を進んでいません。私たちが知っているように、それは私たちの硬化した信念を動かし始める略奪的なエネルギーです。最後に、ベールを越えて見るための推進力を与えるのはそれです。

したがって、この罠は、人が常により微妙な捕食者の隠れ家を発掘することからなるシャーマンの意志を培った瞬間から、解放的な踏み台に変身する可能性があります...

したがって、「無限の可能性に開かれた感情の経験」は、いかなる場合でも感情的な追放に対応するのではなく、教える感情と感情的な溺死との間の限界についての深い理解から生じることを理解することが重要です。

これは、特定の仏教の教えで「平静」と呼ばれるものを実践することに戻ります。呼吸や肉体の感覚に焦点を合わせると、現在の瞬間にバランスをとることができるため、過去または未来の思考の予測を通してギアを供給しなくなります。現在の瞬間は、捕食者が干渉できない唯一の「次元」です。したがって、感情は感情のままであり、感情的な重みに変換することはできません。

それはまた、カスタネダの著作を通してドン・ファンに、暗い影のために私たちをもはや「食べられない」ようにする単一の実践を教える有名な「内部の沈黙の強さ」でもあります。

このため、心理的攻撃は、過去または将来に、私たちの感情的なエネルギーを(爬虫類の脳、生存および制御メカニズムの議長によって刺激される「熟考」を通じて)送り返すことを目的としています。人工マトリックスの錯覚を形成するこれらの2つの「次元」は、このエネルギーを取得するために引き伸ばされた網です。自己への奉仕のマスターはそれの技術者ですが、意識が現時点に差し込まれているとき、彼らの力のすべてを失います。現在の瞬間が暗黒エネルギーへの接続ベクトルであり、宇宙エネルギーが知識を推進しているので、これは論理的です。 

暗黒エネルギーってのは、物理学のダークマターの話で、何か霊的に悪いエネルギーみたいな話ではない

単に「見えない」という意味

感情的な世界に関して話すための重要な主題は、二元の罠です。誰もが彼の人生の瞬間にそれに落ちて、多分まだ落ちています。それは、「良い」や「無限の可能性を開く」などの楽しい感情を考えるが、不快な感情は「悪い」または「制限する」という事実です。これは、楽しい感情を探し、不快な感情を拒絶するように私たちに影響を与える3Dの罠に正確に対応していて、正しい道または間違った道にいることを保証する基準のようなこれらの要因を参照するニューエイジ運動によって明確に使用されます。

平静とは、これらの感情的な極性のいずれも凍結しないことです(したがって、拒否したり、握ったりしないでください)。嫌悪感や欲望に執着することは、意識の流れを妨げ、感情を感情的なチャージに変え、略奪的なエネルギーへの抜け穴を開きます。そして、捕食者は、慈愛的な状態よりも恐怖の状態を維持することができます。唯一の違いは、恐怖の状態を引き起こすのがはるかに簡単であるということです...

したがって、感情に割り当てられている極性が何であれ、それぞれが情報の運び手です。そして、私たちが感情的な潮流に溺れることが起こったとしても、それは「悪い」ことではなく、情報の感情の運び手にアクセスするために横断する道にすぎません。私たちが無防備でこの潮流の中で迷子になっていると感じたとき、やるべきことは、単に痛みを受け入れることによって、あらゆる形態の闘争を止めることです。すでにここで、感情的であることは再び感情になる傾向があります。

感情的であることから感情への道は少しずつ、直接的になるまでますます速くなります。超意識的な感情の情報が私たちにますます良くやって来るのは、シャーマンの規律(したがって、内部の沈黙への訓練)に関連する略奪的な現実に関する私たちの知識と識別力を発達させることによってです。

一旦私たちがそれを「組み込んだ」ら、感情は私たちを運ぶエネルギー感情にアクセスできる変革の可能性を表します。その後、この錬金術による意識の拡大から来る感覚(ニューエイジの平和、喜び、感謝に匹敵することはほとんどありません...)が自然に現れます。 

ポジティブな感情にも、ネガティブな感情にも偏らず、ニュートラルな感情状態が良い、とレオ・ネットワークでは見る

二元性を超越した境地を目指す

ポジティブは二元性の片方だから、ポジティブに偏るのも良くない、と見る