アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、テクノロジーSTS-STO

TECHNOLOGIES SDS - SDA - Le Réseau LEO

 

これは重要な内容

テクノロジーSTS-STO

「技術とは道具と技術の研究です。この用語は、道具とノウハウの最先端についてさまざまな歴史的時代に言えることを指します。これには、芸術、工芸、貿易、応用科学、そしておそらく知識が含まれます。」

https://fr.wikipedia.org/wiki/Technologie 

 

この定義によれば、私たちは2つの技術を区別することができる。1つは、外部の道具や技術の研究を通じて、物質世界の進歩に焦点を当てるものであり、もう1つは、内部の道具や技術の研究を通じて、普遍的な法則に関する知識を実験する、あまり知られていないものだ。    
そして、「外部技術」と「内部技術」を語ることができる。前者はSTSロジックに属し、後者はSTOロジックに近い。つまり、3Dの現実の中で他者に奉仕する旅をしている存在にとって、外部のテクノロジーは、うまく使えば4D STOへの踏み台となるベクトル(ちょうど捕食者との交流のように)なのです。 

例えば、STSの技術的ツールであるコンピュータは、知識を求める個人に寄り添い、大きな進化を遂げることができる。すべては、この技術に注ぐ意識と、この技術に対する執着や依存を変革する能力にかかっているのです。   
人類が危険なのは、この外部技術に「釘付け」にされたまま、内部技術の開発を(STSの影響で)怠ってしまうことである。

そして、それこそが、私たちが再び体験していることなのです。外部技術は限界に近づいています。それは、ある脳から別の身体へデータをダウンロードし、擬似的に寿命を延ばそうとするトランスヒューマニズムであれ、最初の文明が私たちに遺したエネルギー的な秘密にアクセスするとされるクリスタルスカルの使用であれ、である。これらはいずれも外部技術であり、意識の真の進化という点では行き詰まりを感じます。    
たとえどちらかがよりスピリチュアルで、それゆえより生命を尊重しているように見えたとしても、「マトリックスの支配者たち」によってあらかじめプログラムされた道具を使うように個人を促すので、より悪質なものとなってしまうのです。

プログラムは複数ありますが、主なものは、結晶、記号、またはその他の技術の催眠術による魅力によって、研究者がエネルギーの自律性と不死の錬金術のレシピを詳しく説明するのではなく、外部の解決策に向かって逃げるように促すことです。「ポジティブな」方法で自己奉仕する個人は、この魅力的な知識を使用し、STOの旅の現実についての概念を持っていないため、他の人や地球を「助ける」ためにそれを使用します。しかし、彼は、この援助が侵入的な態度に基づいているため、STSの革命計画に完全に適合することに気づいていません。一方、「ネガティブSTS」は、この「魔法」を使って、復讐したり、他の力を獲得したり、肉体の寿命を延ばそうとしたりします... 

したがって、どちらの極性も第4密度の捕食者の催眠術の操作を受けており、STSの知識と一致している。一方は「ポジティブ」(STS+)、他方は「ネガティブ」(STS-)と明確に意味づけされている。機械的な状態に苦しみながら、制御システムが陰湿に提案する道具に進化の望みを託す、眠れる人間の道である。   

催眠術や占星術といえば、アメリカの経済誌に、支配体制によって近代化されたばかりのマルセイユ・タロットの「バトラー」というカードについての雄弁な分析が掲載されています。

"魔術師のカードは、タロットデッキでは伝統的に "バトラー "と呼ばれています。現在では召喚士に相当する。この言葉から、「手取り足取り教えてくれる」という口語表現が生まれました。このカードは、このようにエリートの操作を暗示しているのです。(中略)最後に、このカードは新しい技術に注目しています。

これらの3つの要素に照らして、テクノロジーは悪魔の道具であり、テクノロジーは私たちを真実から遠ざけ、魔術師は私たちが警戒すべき人物であると理解できます。
この魔術師は誰ですか? […]魔術師は神であると主張します。 彼は騙された男であり、誇りと傲慢さに満ちています。 […]この男は、この新しい世界とその技術的宇宙に向けられたすべての人々を代表しています。」
https://ideesapocalypse.wordpress.com/ 

日常生活における「激しい意志」と「鋭い洞察力」の重要性を理解していない(あるいはしていない)個人が、第4密度の呪術師たちのSTS技術に征服されているのである。 
超意識が自分の知覚の泡の中で鳴らし続ける警鐘に細心の注意を払うことが、目の前、つまり自分のDNAの中に隠されたSTOテクノロジーを発見するための重要な要素なのだ! 

ここでは、ジュリアナ・コンフォルトがここでいう電磁光(または強い核エネルギー)と弱い光(または弱い核エネルギー)に見られるこの2種類の技術を科学的に説明する。

"これは多くのオカルトの伝統がイニシエーション・シークレットと考えるものです。目に見えるレベルと目に見えないレベルをつなぐ遺伝子のメッセージは、物理学が「弱い、宇宙的な生命」と呼ぶ力である。フォースは弱い光であり、すべてを照らす唯一の真の光である。一方、電磁波はその影に過ぎず、発光する物質が反射する部分であり、残念ながら科学研究や技術が体系的に扱っているのはこの光だけである。電磁波は、見えるものと見えないもの、見えるものと感じるもの、過去と未来を分けてしまう欺瞞である。(電磁場には未来か過去からの信号がある。R.ファインマンは50年以上前にこのことを有名な定理で証明した)。
 [...]  

フォースは、物理学者が「ブラックホール」と呼ぶ、その道に沿って大河のように流れている。目に見える宇宙は、実は穴だらけ、つまり目に見えない宇宙とつながっているのです。今日は、巨大なブラックホールの話ばかりで、私たちの体を構成する小さな穴の話はあまり出てきませんね。
 [...]  
ホルモンを分泌する内分泌腺、したがって人間の感情は穴であり、
 [...] 
無限のレベルの現実を生成する知的宇宙コンピュータのメモリです。    
私たち人間の身体は仮想現実の中に浸されており、人間は意識、つまり仮想現実の外にある真の現実を生きている自分自身との交信によって現実化するのです。"     
G.コンフォルト、『有機宇宙』、p.54,55

ジュリアナ・コンフォルトという人がレオ・ネットワークではちょくちょく言及される

興味あるんだけど、多分フランス語圏の人で手が出ない

私たちの存在を構成するこの数十億個のブラックホールは、内部の「技術-化学」である「弱い力」のベクトルである。感情の変換と今この瞬間の経験を通じて、イニシエーターは弱いエネルギーの弁を再び開くことを学びます。彼は次第に電磁エネルギーである「強い力」の催眠から解き放たれ、外部の技術に頼ることに全く興味を示さなくなる。彼は、自分の中に存在する変革の力を知り、感じている。    

この技術に関する議論では、どちらの勢力もこの地球上での実験に必要なものであり、価値判断はできないということを理解することが重要です 単純に、どちらかの技術を使うことで、罠を見抜くセンスが試行錯誤の中で磨かれていくのです。なぜなら、明らかに、罠を知るためには、まず罠にはまる必要があるからです。これが「意識の大ゲーム」のルールだ! 

先史時代のSTO第三密度の人々は、STSの論理で動く現実の中で、巨石やクリスタルを使ってエネルギーの必要性を補っていました。その後、4D、5DとSTOの現実に移行したとすれば、それは自分の精神という岩の下に隠れているSTSのウナギ(「岩の下のうなぎ」は、隠し事があるという意味のフランスの慣用句)を見分けることができたからである。そうでない人は、この外部技術の魅力、手軽さ、奇跡に(おもちゃ屋に入る子供のように)吸い寄せられただけなのだ。トゥーレ、レムリア、アトランティス、そしてやがて私たちの文明の終わりは、このSTSが外部テクノロジーという破壊的な力に取りつかれたことに起因しているのだ。

しかし、集団で共有すれば、情報は流れる。この情報と罠の実験が合わさって、「知」が生まれるのです。そして、これこそが、いつまでも電磁波のベールに覆われ、外部の技術に依存することを回避するためのツールなのです。    
コンピューター、携帯電話、飛行機、クリスタル・スカルなど、外的なテクノロジー・システムは、それ自体が悪いというわけではありません。    
STOの教えは、捕食的な顕在化の中心にある...。

ふむふむ

こういうのを読むとレオ・ネットワークは只者じゃねえな、って感じする