アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

Montalk vs QFS (Cassiopaea folks)その三

QFSに関する注意事項
以下が問題の核心になります。それは、ラッフル、訴訟、誰が誰について何を言ったか、または他のささいな3Dドラマについてではありません。同じ泥の水たまりの中を豚が転がっているように振る舞うので、これらの理由だけでローラを攻撃する人々には敬意を払いません。いいえ、それは筋金入りの精神的な偽情報についてです。次のことを理解するか無視するかにかかわらず、Cassiopaeaの人々とさらに関わりを持つことを決定した場合、それはあなたを成功させたり壊したりします。注意を払い、考え、見て、そして知ってください!私が今試みるほど明確にあなたにそれを説明する人はほとんどいないでしょう。

私の見解では、QFSは、9/11、イラク、イラン、アフガニスタンブッシュ政権イスラエルシオニスト、および中東で起こっている残虐行為などのトピックをカバーすることにより、3DSTS制御システムを攻撃する素晴らしい仕事をしています。問題は、実際に4DSTS制御システムに奉仕しているときにこれを行うことです。どうして?利己主義、苦味、皮肉、冷静な機械性、そして第三の密度の思考に根ざした態度を生み出すことによって。 2002年から2003年に切り替えた後、彼らはカシオペア人が第4密度の思考、精神性、FRV(周波数共鳴振動)の上昇、およびトランスクリプトで与えられた他のすべての超越的なアドバイスに関してこれまでに言ったことすべてを無視し、軽視し、無視し始めました。

陰謀の探求は基本的には感情状態を下げる方向のものが多いので、FRV(周波数共鳴振動)の上昇なんかには引っかかりそうだ

引き寄せで、陰謀論にはあまり首を突っ込まないほうが良いとするのはそういうことである

だけど、今の御時世に陰謀論を完全無視するのも無理かな、と思う

したがって、QFSが取り組んでいる政治的活動は、世俗的な陰謀を人々に知らせている間でさえ、精神的に有害な影響を与えるより高い否定的な議題を可能にするおとりです。そのため、現在、注意深い人は誰でも、Signs of the Times Forumで、傲慢、冷たさ、悪意、エゴイズム、パラノイアの雰囲気に気付くでしょう。それは、彼らが第三密度の陰謀と戦い続けている間、彼らの魂との戦いはすでに勝利しているからです。それらは現在、より高い客観性とのつながりを欠いて、精神的な空白の中に存在しています。私は彼らの非常に研ぎ澄まされた知性を認めますが、この知性が彼らのエゴによって征服されたことは残念です。

でも、バーバラ・マーシニアックの頃から少々陰謀論的なんだけども

他のチャネリングが「愛と光」のお花畑あるいはウィッシュフルシンキングな糞予言ばかりなので、チャネリング界全体としてみればバランスが取れているとも言えなくもない

現在、彼らのイデオロギーの欠点は、いくつかの根本的な問題に根ざしています。

最初の問題は二項思考であり、彼らは白黒の方法でしか物事を見ることができません。たとえば、あなたは彼らと同一線上にあるか、またはあなたは彼らを破壊するために送られたエージェントです。したがって、彼らが誤りを犯し、誰かが訂正を提示するグループに入った場合、彼らはそれを彼ら自身の信念に対する矛盾としてのみ見、この人はエージェントであると結論付けます。それは、彼らに同意しないすべての人を悪魔が彼らをテストしていると見なす宗教団体と同じです。

これはカシオペアン・フォーラムでよく見る傾向だなあ

二項思考の別の例は、グルジエフとモラヴィエフが「A」と「B」と呼んだものの誤った再定義です。適切な定義は、「A」の影響はあなたを精神的に妨げるものであり、「B」の影響はあなたをあなた自身を超えて新しい拡張された意識の状態に導くものであるということです。そして、これらの「B」の影響が発生する客観性のプラトーに完全に到達すると、「C」の影響を受けて、さらに高くなります。したがって、「A」と「B」は絶対的な用語ではなく相対的な用語です。 QFSはこれらを再定義し、「A」の影響は主観性の影響であり、「B」は客観性の影響であると述べています。これにより、「C」、「D」、「E」などの相対的なチェーンが削除され、すべてがバイナリの「A」または「B」の方法で影響を受けて表示されます。したがって、彼らが単なる「A」の反対の立場を保持していると見なす限り、彼らは主観性に影響を与え、彼らは客観的であり、彼らの立場を正当化し、擁護する十分な理由があると考えます。したがって、「C」がやって来て、「B」を超えて移動するのではなく、「B」だけに固執することの誤りを指摘しようとすると、「C」が「B」と異なることだけがわかり、「A」の形式である必要があると結論付けます。そのため、彼らは客観性の1つの高原で立ち往生し、より高い高原に到達することはありません。これは、4D STSアジェンダと一致しています。なぜなら、遠近法の直交シフトと自我の放棄を必要とする4D客観性を完全に知らずに、3D客観性にとらわれ続けるからです。

なるほど

だから、3D以上を探るような研究から離れ、政治についてのような3Dの客観性(陰謀論など)を追い求めるようになったと

確かにセッションでは「世間で何が起きているか」みたいな質問ばっかだ

2番目の問題は偽善です。ローラはサイコパスについてたくさん書いています。彼らが自分たちのしていることで他人を非難しているという彼らの明確な特徴についてコメントしています。しかし皮肉なことに、これはQFSのより悪質な性格が行っていることです。たとえば、彼らは私のような人々を「Spot the OP(他人をOPだと疑うことだろう)」(ノーブルレルムをモデレートしていた4年間で私は一度もやったことがない)をプレイしたことで非難しましたが、彼らはまさに彼らがしていることです:この人とその人についてエージェント、オーガニックポータル、COINTELPRO工作員だなどコメントする。偽善のもう一つの例は、彼らが他人に迫害されることにどのように不満を抱いているかですが、彼ら自身は、その人が実際に彼らの敵であるかどうかを考え直すことなく、彼らが敵であると知覚する人に悪意を持って手に負えません。それで彼らは彼ら自身がしていることについて他人を非難します。サイコパスに反対する人にとっては、サイコパス自身のように振る舞います。

なるほど

他人が「エージェントだ、オーガニックポータルだ」とレッテルを張ることは許さないが、自分達は「エージェントだ、オーガニックポータルだ」とレッテルを張って済ませる

さらに、彼らはシオニズムイスラエルの強力な反対者であり、モサドがどのように欺瞞によって戦争を行うかについて有効な論点を提起しているが、彼ら自身は彼らの知覚された反対に対して戦争を行うために欺瞞と策略に訴えている。これはおそらく、自分自身を客観的に見ることができないことに起因します。

まあ、このMontalkって人は欺瞞と策略でグループから追い出されたと主張してるからね

3番目の問題は、共線性が客観性に等しいと仮定することです。たとえば、彼らは「あなたの読書器具のエラー」(客観性からの逸脱を意味する)について話しますが、それから彼らの「読書器具」がグループの他の人の考えとどれだけよく一致するかに応じて正しく調整されていることを確認します。したがって、グループコンセンサスは客観性の測定ゲージです。実のところ、これは誰もが等しく惑わされることにつながります。そして、新しいメンバーがローラや他の主要なプレーヤーの権威にどれほど簡単に捕らえられるかを考えると、リーダーシップの側で誤った考え、誤った合理化、感情的な偏見が残りをそれに沿って牽引し、固めることは非常に簡単ですそれは、すべての人の「読書器具」が適切に調整されているという幻想の下にあります。十分なレベルの直感、識別力、精神力を欠いている新しいメンバーは、それに吸い込まれます。 Mouravieffは、この現象だけに対して警告し、誤った「B」の影響と、弱い心を引き寄せる磁場を持っている特定のオカルトの山師について話しました。

中々良く書けているな

そう!

確かに彼らは「客観性が大事だ」と口を酸っぱくするのだが、その「客観性」とは実質的には自分達のグループと同じ考え方をしているかどうかという問題でしか無い

自分達のグループが絶対的に正しい、と思ってればそういう風にもなるのだろう

これもカシオペアン・フォーラムでよく見るなあ

本当に党派心みたいなのが強いんだよねえ

これは、グループに参加して参加することを決定した初心者にとっての主な危険です。それらの「I」が十分に発達していない限り、それらは影響を受けて曲がり、この黒い磁気中心によって催眠術で磁化されます。これが最初に始まるとき、彼らは彼らの正当な内面の知識、直感、識別、経験、知恵などとグループの非合法な圧力と詭弁の間の内面の対立を感じるでしょう。

うーむ、フォーラムに深入りするつもりはないが、今これを私が感じているのだろうか・・・

それは、詭弁を介して意識的な精神を攻撃し、黒い磁場(実際にはエーテル体)を介して潜在意識を攻撃する2つの側面からの攻撃です。この対立を最悪と感じる人々は、疑いと信頼の間で揺れ動きながら、しばらくの間自分自身と格闘するでしょう。最終的に、彼らは自分の感覚に来て引き離すか、「客観性」のために、二度と自分の内なる知識に耳を傾けないことを決意するカルトのような回心体験を経験します。

スピってのは、最終的に自分の感覚に従うべきだ、というのが私の持論

どうせ最終的に責任を負うのは自分なんだから

興味深いことに、その後の執筆で、何かが間違っていることを無意識のうちに深く知っていることに起因する疑いの根底にあるものを見つけることができます。その感覚を抑えるために、彼らはグループの合意へのコミットメントの熱意を高めることによって補償します。多くの場合、これは、自信、共感、頭を撫でることを懇願する、冗長なへつらいの宣言として泡立ちます。しかし、全体として、それはあなたの耳に指を刺し、その火災警報器の音をシャットアウトするために「ラララ」をどんどん大きく言うのと同じです。

グループの合意へのコミットメントの熱意を要求するってのはあるかなあ

4番目の問題は、彼らがインスピレーションを得た作品の特定の重要な側面を無視していることです。彼らは、磁気中心を融合するためにどのように感情的なショックが必要であるかについて、BorisMouravieffからしばしば引用します。彼らがスキップする部分は、Mouravieffが、否定的な感情が肯定的な感情に変換されたときにのみ、エネルギーが磁気中心を融合できる方法について言及しているところです。彼らはそれをスキップしました。

ほほう、ムラヴィエフはそんなことを言ってたか

なぜなら、最初に「ポジティブ」の考えが彼らの二元的な心の中で「感情的な自己鎮静」または「バッファリング」として見られ、次に彼らのエゴイスティックなネガティブな自己がポジティブな気持ちとは何の関係も望まないからです。代わりに、爆破されたイラクの子供たちの写真を次々と見つめることは、真実を正面から見つめることを意味し、真実から背を向けていないので、より客観的になることを意味すると考えて、彼らは絶え間ない自爆を行っています。彼らは真実と事実の違いを無視しています。事実は起こったことであり、真実は学ぶべき客観的な原則です。真実を例証するさらなる事実が冗長になる時が来ます。しかし、彼らは、目覚まし時計が朝目覚めさせるので、一日中耳に鳴り響くものを押し付け続けると、ますます目覚めるようになると考えています。代わりにあなたは耳が聞こえなくなります。この自責の念は、彼らを感情的に傷つけ、共感と思いやりの感覚を弱めたものです。これもまた、彼らの魂に対する4DSTSの戦いの例です。レッスンを学んだら、次に進みます。しかし、彼らは真実よりも冗長な事実を好みます。

なるほど

Mouravieffは、この種のことは、誤った「B」の影響を構成するため、黒い磁気中心の構築につながると述べました。磁気の中心は否定的な感情だけで融合することはできず、そうしようとすると否定性の内核が構築されます。それが、最近のグループに参加するときに直感的に観察する人が気付く黒さです。

そして5番目の問題は、内省、自己正直、そして真の自制心の欠如です。彼らが行使する種類の統制は、言語を通じて攻撃と合理化を調整し、見返りに攻撃される方法を最小限に抑え、落ち着きを見せながら厄介になり、反対でありながら合理的で敬虔に聞こえるように見せかけることです。 QFSのリーダーシップの堕落性は彼らのグループでは認められておらず、これにより彼らの弱点が悪化する可能性があります。たとえば、誘拐され、精神的にプログラムされていることを認めている人はいますか?もちろんそうではありませんが、それは非常に簡単に起こる可能性があります。彼らはその可能性を考慮も認めもしていないようです。夜、眠っている間、彼らは催眠後の引き金を彼らの心に植え込んでいます。したがって、4D STSには、QFSリーダーシップの心に広く開かれた導管があります。これは、2002年以降に行ったすべてのことで明らかです。この問題を認めることなく、彼らはその議題を達成するための出口を提供します。内省の欠如、自我に気づき、ひもをつないでいること、そして代わりにそれが高貴な衝動であるかのようにそれを擁護することの欠如は、彼らを何よりも自己破壊の道に導いた。私もこれらの問題に取り組んできましたが、私は常にそれらを警戒しているので、私はそれらをつぼみに挟むことを学びました。