アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

オーガニック・ポータル 魂のない人間、その六、◯オーガニックポータル–「その他」の種族

Mouravieffは、人種差別と社会統制によって2つの「人種」の存在がどのように歪められ誤用されてきたかの例を示しています。アダム人と前アダム人は、世界中のすべての人間に混在しています。同じ家族に両方のタイプが存在する場合もあります。その違いは、人種的、文化的、または国家的な特徴とは何の関係もありません。 2つの「人類」の真の意味は、両方の「種」が混ざり合ったとき、彼の元の状態からのアダム人の「堕落」と彼の偽の「私」、人格/自我の「私」との彼の同一視の後の、「青い血」と「血統の汚染」の概念にまでさかのぼります。

「 非常に昔に最初に述べられた[理解された]、この事実は、一般的に誤った光の中で見られるために歪められていますが、多くの古代および現代の人々の国家的、社会的および司法意識の一部でした。インドのアンタッチャブルギリシャのヘロタイ、ユダヤ人のゴイ、中世のヨーロッパの白い骨と黒い骨、ドイツのナチスのウンターメンシュなどの考えにその影響が見られます…

このような差別はあってはならん!

・・・というのが現代の常識であるが、それなりの意味があったと主張する

ちなみに、青い血の伝説は純粋なファンタジーの領域に属していません。エラーは、「心身医学的」現象としての青い血の概念ではなく、このいわゆる貴族の血が父から息子へと自動的に流れるという素朴な中世の信念にあります…。

また、民主的および社会主義革命の理論家にとって非常に重要な、他の極端な人間性の平等主義的概念も誤りであることに注意する必要があります。内的および国際的権利による主題の唯一の真の平等は、可能性の平等です、人は不平等に生まれたので。 」

平等が誤り、というのは面白いね

以下は、カシオペアンの伝達、Mouravieffの「グノーシス」および精神病理学に基づいた、ローラ・ナイト・ジャジクによる「世界の秘密の歴史」からの「オーガニックポータル-「その他」の種族」と呼ばれる章からの抜粋です。オーガニックポータルのトピックは、TomMontalkによる「SpiritlessHumans」の記事でも詳しく取り上げられています。オーガニックポータルは、C’sカシオペアン)によって造られた用語であり、Mouravieffによる前アダム人に関連しています。 [斜体の私のコメント]:

ここで言う精神病理学ってのはサイコパス研究のことだろう

TomMontalkによる「SpiritlessHumans」の記事はいずれ取り上げるつもり

 

◯オーガニックポータル–「その他」の種族

より難しい概念の1つは、オーガニックポータルの概念です。主に主流の宗教タイプやニューエイジの信者から嫌がらせメールを何年にもわたって受け取りましたが、彼らが一生観察したことについての説明をついに得たことに安心して叫ぶ人々からさらに多くの手紙を受け取ります。不快感を与えると思われるのは、複数のタイプの人間が存在する可能性があるという概念です。この点を明確にしましょう。私たちは、一般的または伝統的に人種として理解されていることを意味するのではなく、ラベルを付けてチェックリストを作成する試みを嫌います。私たちが正確に意味することは、記事でさらに明確にされます。
[…]

Mouravieffは、もともと地球上で進化した2つの種族があり、これら2つの種族は物理的にほぼ同一であるが、魂の観点からは非常に異なっていたと語っています。一方はこの生涯で主権と統合された魂を発達させる可能性を持っていたようですが、もう一方は比較すると空のシリンダーであり、別の「車輪の回転」または宇宙サイクルを待つ運命にありました。アダム種は堕落に見舞われた種であり、それはより高いセンター(より高い知識/認識へのアクセスを与える)とより低いセンター(物理的存在を支配する)の間の接続の切断を意味し、アダム人は前アダム人としての同じ「遊び場」の残されました。そこは、魂を育てる方法を学ぶまで、効果的に私たちはすべてのOP(オーガニックポータル)と同じ状態にします。

基本的に、アダム人が秘教的なワークを通して意識的に成長し始めるまで、彼は前アダム人(オーガニックポータル)と同じレベルですが、彼はワークと意識的な努力を通して魂を開発する(より高いセンターを活性化する)可能性があります。したがって、誰もが本質的に「オーガニックポータル」です、より高いセンターが目覚めるまでは。そして、それはアダム人にのみ可能です。

サイコパスの研究が続けられ、特にH.Cleckleyの作品The Mask of Sanityを読んでいるうちに、「ガーデンバラエティ」サイコパスと呼ばれるものが存在するという結論に達しました。これは、捕まらないという意味で「成功」しているサイコパスです。彼は社会で目に見えない形で活動しています。彼は「私たち」と同じように見え、行動し、日常生活の活動を行っていますが、それでも何かが「欠けている」のです。クレクリーが説明しているように:

H.CleckleyのThe Mask of Sanity、はサイコパス研究の原典である

参考:The mask of sanity (正気の仮面):サイコパス研究の原典を翻訳。①|K|note

「 観察者は、説得力のある正気のマスクに直面しています。このマスクの外側の特徴はすべて無傷です。より深い性格レベルに向けられた質問によって置き換えられたり、浸透したりすることはできません。

審査官は、妄想型統合失調症の外面の下を捜索するときに時々見られる混乱にぶつかることはありません。

思考プロセスは、精神医学的調査および混乱のあいまいな証拠を引き出すように設計された技術的テストの下で、通常の側面を保持します。

調べてみると、普通の二次元マスクだけでなく、正気で合理的な性格の堅実で実質的な構造的イメージのように見えるものが明らかになります。

それから彼は、完全な文字通りの意味で、トレラットが彼の表現用語であるラ・フォリ・ルシデによって指定することを意味したものの例として考えられるかもしれません。

さらに、すべての理論的状況におけるこの人格構造は、通常の正常な機能と明らかに同じように機能します。

論理的思考プロセスは、実験条件下でどのように刺激または処理されても、完全な動作で見られる場合があります。

さらに、観察者は、言葉や顔の表情、声のトーン、および私たちが自分自身で知っているように、そして私たちが他の人にあると想定しているように、信念と感情、そして人生の通常の経験を意味すると見なすようになった他のすべての兆候を見つけます。

精神病質者が口頭試験でテストされるとき、価値のすべての判断と感情的な評価は正気で適切です。

非常にゆっくりと、多数の小さな印象に基づく複雑な推定または判断によってのみ、これらの無傷の合理的なプロセス、これらの通常の感情的な肯定、およびすべての方向でのそれらの一貫した適用にもかかわらず、私たちはここで完全ではないものを扱っているという確信が生まれます。人間の個性を完全に模倣することができる微妙に構築された反射機械を示唆する何かを除いて、まったく人間であるという確信。

このスムーズに動作する精神的装置は、人間の優れた推論の標本だけでなく、生命のほぼすべてのさまざまな刺激に応答した通常の人間の感情の適切なシミュレーションも一貫して再現します。

臨床現場で彼を診察する人は誰も、なぜ、またはどのように彼が本物ではないのかを科学的または客観的な言葉で指摘することができないほど、完全で正常な男性のこの複製は完璧です。

それでも、私たちは最終的に、人生の完全で健康的な体験という意味での現実がここにないことを知ったり、知っていると感じたりします。 」