アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

オーガニック・ポータル 魂のない人間、その二十一、◯まとめ

[…]
一定期間後、私たちは、ニューエイジの土地で起こっている単なる臆面もない嘘、盗難、そして一般的な精神的腐敗よりもはるかに深い何かがあることに気づきました。

[…]
そこで、私たちは別の研究分野であるクレクリーに移りました。そして彼は確かに、社会的な観点から「一線を越えた」ことのない精神病質者について話している。彼らは成功した医師、弁護士、さらには精神科医です…[政治家や世界の指導者を忘れないでください]

私たちが今疑っているのは、この主題に関してさらに秘密の「タマネギの層」があるということです:効果的で効率的なオーガニックポータル。正気の完璧なマスク。しかしそれだけではありません。完璧な意識のマスクです。

Mouravieffが説明しているように、オーガニックポータルは次のサイクルで彼自身の進化を進め、前アダムからアダムに移行する可能性があることを認めれば、現在のサイクルが終わりに近づいていることも認めれば、以下の可能性があります。私たちは、特定の数のOPが、非常に現実的で、開発された、魂のある存在の模倣を達成した時代に生きています。彼らはアダムの存在としてしか戻ってこないということです。これらの体の内でこれ以上進化することはできません。

これは、探求者に彼または彼女の識別力を発達させ、それを継続的に洗練させて、私たちの周りで起こっているより細かい程度の操作を「見る」ことを強制します。それはるつぼをますます高温に加熱し、次に解放の条件を作り出します。

人間関係、及びその相手を見通すことはその人の秘教的な意味での力である

変なスピリチュアル詐欺に引っかかっているような人は話にならない

[グランドサイクルの終わりであるこの移行の現在の時期に、神の計画と一致し、「エラー」を是正するために、アダム人が目を覚まし、意識的な努力を通じて秘教的なワークに意識的に従事することが重要になります。同時に、アダム人が必要に応じて発達した場合(磁気センターを融合して永続的な本当の「私」を確立する)、前アダム人がアダム人の代わりになり、秘教的な進化の可能性を彼に与えます。アダム人がそうしなかった場合、このブログの冒頭で述べたように、Mouravieffが指摘したように、「火の大洪水が私たちを待っています」、創造主、非存在の暗い側面であるエントロピーへの道。なされる選択は私たち一人一人にあります。誰も他の人のために仕事をすることはできず、「救い主」もできません。]

まあ、現状は厳しいかな

ちょっとやそっと陰謀に気づいたくらいじゃ、目を覚ましたとは言えないとさ

 

◯まとめ

さまざまな糸をまとめて、現在の状況を示すタペストリーを織りましょう。

「金を求めて」、つまり身体性を実験したいと思うことで、私たちの意識ユニットは「恵み」の状態、つまり4DSTOと整合した「半/多少」4D状態での3DSTOの存在から脱落しました。2番目の密度と3番目の密度をつなぐ橋、オーガニックポータルとして機能する人類の種族がすでに住んでいる3DSTSの世界に。落ち、それによってより高いセンターとのつながりの認識を失った、魂の入った種は、外部から見たときに類人猿の種とまったく同じでした。彼は、磁気センターを開発することによって、より高い中心と再接続する可能性があるという点でのみ異なっていました。これらのより高いセンターに座っていたDNAは燃え尽きて、細胞構造に切り離されて分散しました。ただし、それを取り戻す機能は残っています。

分かりやすいまとめだ

他のチャネリングでは悪宇宙人に無理やりDNAを改悪されたと言われているが、カシオペアンでは割と自業自得

アダム人が「目覚めた」この第3密度STSの世界は、彼の自然の生息地ではありませんでした。それは類人猿、肉人形、死者の世界です。それは4DSTSによって、彼らの栄養を提供するために運営され管理されている農場です。それは、肉欲的な愛による生殖の役割に限定された、3つの下位センターと性的センターの世界です。それは、飢餓、性別、恐怖に基づいて組織された世界です。

魂の入った人種がこの世界に入り、その一部となり、遺伝子プールが完全に混合されるまで、ネイティブの人種と交配しました。現在、2つの種は非常に混ざり合っているため、同じ家族内で両方を見つけることができます。

それ以上に、私たちが教えられ、内面化を余儀なくされたモデルは、この領域の「自然な」住民であるオーガニックポータルに基づいています。したがって、物質的な説明が標準です。より高いセンターから切り離されたオーガニックポータルの内面の生活は「規範」です。

それなら、私たちがますます「機械的」であり、個人を「ユニット」として扱う世界に住んでいることに驚かなければなりません。ここで、「創造性」とは、生産ラインのように既存のアイデアを複製したものであり、「フランチャイズ」と「ブランディング」は経済界で非常に重要です。民主主義は、個人の生活の組織への創造的なインプットではなく、数年ごとの多肢選択式のテストです。他の存在、他の世界を「見る」人々は、「精神障害」のために刑務所収容所に送られます。文化は、同じ製品の無限のコピーと、それが「新しく」「革命的」なものであると消費者を騙すためのわずかな変更で構成されています。そして、それは続きます。

 マトリックスだなあ