アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、捕食者/捕食

PRÉDATEUR / PRÉDATION - Le Réseau LEO

 

捕食者/捕食
捕食とは何ですか?

捕食とは、ある生物(捕食者)が、他の生物(被食者)の生命物質を栄養とする行為である。捕食は、存在の第3、第4の次元/密度における生存の必要性に対応するものである。草食動物が植物界を、肉食動物が草食動物を捕食するように、捕食者は一般に(意識の生物学的進化の観点から)劣った存在を食べる。あらゆる生命体を栄養源とする人間は、自らを食物連鎖の頂点に位置すると考えている。

Wikipediaのフランス語による捕食の定義は以下の通りである。「彼(人間)は、必要であれば[...]、現存する他のいかなる種をも殺し、その肉を消費することができないわけではない。逆に、他の動物種は、通常の条件下では、自らを養うために人間を襲うことはない。それゆえ、人間は究極の超捕食者と見なされることがある」。

ここで、ある点を強調することが重要です。それは、人間をピラミッドの頂点に据える偽情報を見ることが重要で、実際のところ、食物連鎖は続いており、その定義は上記のウィキペディアの記述を超えているのです。第4密度の次元には、「地球外生命体または宇宙人」と呼ばれる無数の存在(一般にグレイまたはレプティリアン)が存在します。これらの存在は、私たちの生命エネルギーである感情を糧にするために、無数の好都合な方法で私たちを食い物にしています。

彼らは私たちの物理的な物質や体液を食べることはほとんどないが、私たちの次元(彼らの次元よりも濃い)に物理的に統合できる場合があり、そのために人間や動物の物理的な臓器や体液を必要とするのである。

これらの実体は私たちよりもはるかにインテリジェントであり、4番目の密度から「感情的な栄養の生成」を増幅する技術を開発しました。人間のDNAに埋め込まれた原始的な情報を変更することにより、捕食者は私たちの記憶を覆い隠すために私たちの意識に忘却のベールを作成しました。人間がどこから来たのか、どこに向かっているのかを一般的に知らないのはこのためです(したがって、彼の本来の存在の本質は曖昧になっています)、そして彼は、彼は自分自身に見つける危険を意識することなく従順な軍隊に簡単に訓練されます。

私たちの爬虫類の脳と私たちのエゴ(これは捕食者のインプラントと見なすことができます)を通して。この捕食者は、彼の生存に有益な私たちの感情や行動を収穫するために、その考えを直接拡散することができます。

特定の人々がターゲットになることを可能にする私たちの次元に存在するテクノロジーを通じて、
捕食のシステムは、個人に自分の心の中で正確なフレーズを聞かせたり、気分を悪くさせたり、病気にさせたりする可能性があります、これらの捕食者の技術は、天気予報、「自然な」壊滅的な出来事、または流行(HAARPケムトレイルなど)を修正することもできます。 これらの問題については、Dr。–Barrie Trower-L’utilisation des micro-ondesdanslecontrôledespopulationsによる非常に明確で有益な記事があります。Dr. Barrie Trower – L’utilisation des micro-ondes dans le contrôle des populations

マイクロチップマイクロ波兵器については、Rauni Leena Luukanenによるこの非常によく書かれた記事が英語での良い参考資料として役立ちます:http://www.oocities.org/ozgurlukprojesi/microwave_mind_control_dr.html。 その他の関連記事はSott.netで見つけることができます。 

もっと直接的な言い方をすれば、捕食者の実体は、知性と超能力を維持したまま、人間の身体に憑依したり、人間の外見になったりすることができるのである。これによって、スピリチュアルなサークル、経済、政治において効果的に行動することができる。このように、彼/彼女は、はけ口付与と偽装された出現を通して、または金融危機や戦争を組織化することによって、スピリチュアルな探求で人々の幻惑と遊んでいます。

これらの影響力の総和の作用は、私たちが3次元に住んでいるという現実を創り出しますが、その操作をより高いレベルに押し上げます:人間(この搾取されプログラムされた動物)は、自分自身の囲いを強化します!食習慣、原因ではなく症状を治療する薬、変態的なメディアはすべてこの証拠である。

このように、第四密度の捕食者は、食物連鎖を完成させるが、自然が私たちに提供する光景よりもずっと「感じにくい」方法で、食物連鎖を完成させるのである。このため、「見たものしか信じない」人間/女性は、自分の全存在を決定している捕食の種類を想像することができないのだ。

それにもかかわらず、フランス語版ウィキペディアで説明されているように、捕食者の役割​​を純粋に「否定的な」役割に限定する必要はありません。「捕食者は、生態学的バランスを維持するために重要な役割を果たすため、自然界に存在します。」したがって、捕食は、存在の3次元と4次元の間で機能するため、多次元のバランスにおいて役割を果たすのも同じ方法です。 

 

捕食者が役者であるサイクルと平衡状態の説明。

人間が地球上で彼の化身のサイクルを始めるとき、彼/彼女は最も濃いものから始まるすべての面を実験するようになります:加害者のそれ。彼/彼女の意識が経験から十分に恩恵を受けたとき、彼/彼女は正反対の経験、すなわち犠牲者の経験に突入します。犠牲者であるという経験は非常に不快で困難であるため、逃げ道を見つける動機付けによって、個人は3次元の幻想を超えて見る力を発達させることができます。新しい視点によって引き起こされた意識的な気づきを行動に移すことで、人生の一つ一つの出来事を「ポジティブ」「ネガティブ」としてではなく、より大きな平衡状態に参加する出来事として生きる、意識の拡大を体験することができる。世界的に縮小された二元論的なビジョンから、統一されたビジョンへと徐々に移行していくのです。こうして、自己への奉仕-STS(「Service de Soi-SDS」)から他者への奉仕-STO(「Service d'Autrui -SDA」)の現実への移行が達成されるのである。同テーマの英語版については、こちらのリンクをご覧ください: http://montalk.net/metaphys/267/stosts-and-densities). 

あらら、モントークを引いてるね

レオ・ネットワークは、モントークカシオペアンチームから追い出された人物であることを知ってるのかな?

さて、転生体験が、加害者⇒被害者⇒救済者と進んでいくのはポイント

第四密度STOになるには、加害者にもならず、被害者にもならず、救済者にもならないようになることを通してである

4次元の扉(過渡期)は少しずつ開かれ、STOの意識が完全に同化すると、5次元に統合されます。被害者や加害者の存在概念(STS)に縛られたままの人間は、4次元に縛られたままです(または、第四密度他者奉仕領域と第四密度自己奉仕領域、と呼んでもいいだろう)
私たちは、捕食者はこのような低周波の次元から抜け出せず、唯一の脱出方法として、次のようなものを持っていることを理解するようになりました。

-4次元から、彼/彼女の意識が必要な極性を再実験し、«他者の奉仕-STO»への道を選択する新しい機会を持つために、3次元の新しい化身のサイクルが可能です。

-あるいは、「自己への奉仕-STS」的な機能でブロックされた自分の意識は、壮大なサイクルの終わりにブラックホールによってリサイクルされ、新しい生命の形態になることができるのです。

これは第一密度からやり直しということ

 

人間と捕食者:微妙な融合

一つの直線的な時間軸や限られた空間に限定できない「意識」は、同じ唯一の経験を回さない。したがって、複数の「自分」が異なる時間軸上に存在し、同時に相互作用しているのである。(後述するパラレルライフの直線的3次元ビジョンによれば)人間の転生のサイクルは、純粋なSTS(Service to self)捕食者の存在形態で始まることを考えると、過去の「捕食者の自分」は、現在の私たちと切り離されてはいないのです。私たちのすべての存在は、異なる平面上で並行して一緒に移動し、これらの存在のすべての平面を包含する「意識」の進化として機能し、1つまたは他の可能な未来に向かって自分自身を指向しています。

この4次元に限定された「捕食者の自己」は、5次元への通路を確実な死として連想する(私たち人間が3次元と4次元の間の通路を想像するのと同じように)。なぜなら、STSモードからSTOモードへと進化する個人は、現実を徐々に変化させ、否応なく捕食者を巻き込んでいくからである。捕食者は、その「楽な」栄養補給の方法が感情的な寄生であることから、快適で慣れ親しんだ修復を失うことへの恐怖に駆られ、他者への奉仕の方向への意識的進化を抑制するために、あらゆる戦略と策略を実行に移します。捕食者の絶え間ない策略は、「マスター」の性質を帯びています(これは捕食者の本来の性質と相容れないように見えますが、実際には非常に現実的です)。なぜなら、人生が個人に与える「厳しいショック」は、より深く深い自己問いかけに向かう必要な衝動だからです。

したがって、意識は、人間をそのレッスンに利用できるようにするために、捕食者を「利用」するのである。
このように、地上での実験の間、捕食者は意識的な上昇のダイナミズムを活性化することによってバランスを保つために重要な役割を果たすのである。

なるほどね

ところで、そもそも、基本的に人類の過去はレプティリアンの捕食者らしいんだよね

カルマの統合によって遺伝子が変わっていく、と前に言ったが、魂と遺伝子は合致するので、ある人間が遺伝子を変化させると、そいつの超次元的過去世であるレプティリアンの遺伝子も変化することになるという

というわけで、否応なく捕食者を巻き込んでいく