アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、地球外生命体と宇宙人

EXTRATERRESTRE ET EXTRANÉEN - Le Réseau LEO

 

地球外生命体と宇宙人

地球外生命体は、生物学的、エーテル体、または時には技術的な体を持っている意識であり、地球の次元から来るのではなく、他の惑星や他の宇宙に「生息」しています。彼らが私たちの銀河を旅するとき、彼らは宇宙旅行者になります。それらは一般に、第3および第4の地球密度と同様の密度であり、技術的、生物的、磁気的な器官、またはその3つすべてを使う。

宇宙人には魂がある人とない人がいます。人間より進化していないものもあれば、私たちの意識レベルをはるかに超えたものもあります。

宇宙人EXTRANÉENとは、地球の並行次元から来た生物体またはエーテル体を持つ存在である。

EXTRANÉENは上手い訳語が無い

宇宙人って語義と矛盾しちゃうが・・・

この用語(NASAで使用)は、文字通り「何もないところから来る」、反物質または非時間を意味します。したがって、彼らはUFOを使うこともあるタイムトラベラーなのだ。これらの装置は、重力磁場を変化させることで、時空を遡ることができます。特に人間が作ったものであれば、板金やボルトで作られていることもあり、これらの力を作用させて、ガラスの穴から別の時空に瞬間的に推進させる。これは、私たちの過去または「古い予定された未来」のいずれかで始まります。

私達の過去が爬虫類人、「古い予定された未来」がロズウェルグレイ

最後に、時間通りに移動する能力のおかげで、宇宙人は今日の人間であり、「未来から」戻って、彼らの不本意な時間的線(無に戻るもの)を修正しようとします。

新しい将来の可能性:第4密度では、これらの魂は次のいずれかを行うことができます。

- 進化のサイクルを止め、二元性と物質性のサイクルの中に閉じ込められることを受け入れながら、「自己への奉仕 - STS」において捕食者になる/とどまることを選択する。

- または、「他者への奉仕-STO」という困難な道を選び、現実の第5密度や意識の第6・7密度にアクセスできるライフプランナーの達成段階にアクセスします。このSTO人類は、第3、第4密度で必ず存在のサイクルを完了します。

ライフプランナーはアントン・パークスの用語

第四密度STSは行き止まりなので、第四密度STOを目指すしか無いんだけどね

一時的な事故の際に、何らかの理由で、特定のエンティティが自分たちにとって異質なタイムライン上にいることに気付くことがあります。ロズウェルのグレイは完璧な例です。

ジェヴォーダンの獣、ビッグフット、ネス湖の怪物など、他のものが誤って次元の窓から落ちたでしょう...

また、時空に開く窓の「仕組み」をマスターしている人もいます。例えば、サンジェルマン、ある偉大なカタリ派のイニシエーター、クレスティアン-カゴ、あるいはここに語られているような他の人間たちです。(この件に関しては、ダイアログn°45をご参照ください)。

最後に、タイムトラベラーであると同時にスペーストラベラーでもある存在もいます。したがって、「エイリアン」であると同時に「地球外生命体」でもある。これは、ライフプランナーの第5密度の意識の叡智を獲得した人の魂がそうなります。