アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、銀河系の人々または「エイリアン」

PEUPLES GALACTIQUES ou "EXTRATERRESTRES" - Le Réseau LEO

 

銀河系の人々または「エイリアン」

この辞書を編纂するにあたり、私たちは銀河系に存在する主要な系統の最も可能性の高い進化パターンに基づいています。  

これはレオ・ネットワークの基礎概念を紹介する辞書の記事なので

この辞書で使用されている用語や定義に同意しない人や著者もいるかもしれません。ただし、銀河系ヒューマノイドの大まかな人口を把握し、私たちの出版物との関連付けを行うために、あくまで参考として掲載していることをお断りしておきたい。

私たちの振動スペクトルと私たちの現実の時空の外に位置するこれらの存在は、私たちの人間の知覚には見えないままであることに注意しましょう(したがって、それらが存在しないのは私たちが見ないからではありません)。

ですから、それぞれの人の意見は、その人の信念、受け取ることのできる情報、そして何よりもその人の心の広さ、これらの存在に対する見方、そして最終的にはその人自身のSTSやSTOの方向性に依存するのです。   

人類の過去には、人間と爬虫類の外見を持つ多数の種族が存在する。しかし、その未来では、これらの種族は突然変異を起こし、人間の姿をしているのです。当然、振動数が変われば、人相も変わる。そして、それらを自分のイメージで認識するのです。

宇宙では、すべては意識、知覚、そして私たちの思考センターの位置の問題なのです。つまり、過去に人間の精神が認識した「アマスタムAmasutum」という存在は、爬虫類の姿をしているのです。一方、未来では、このアマスタムは、例えば金星人やプレアデス人などになります。他の銀河系種族も同様です。    

レオ・ネットワーク独特の説だね

そのため、彼らの未来では、ある者はジーナアブール、キング、グレイ、アブガル...人間となり、他の者はアークトゥリアス、リリアン、プレアデス、カシオペア、レオニード、オリオン...となったのです。  

ジーナアブール、キング、グレイ、アブガルというのは、アントン・パークスというフランス人の本を読んでいないと分からない

逆に言えば、後者も過去には人間であったかもしれない。 

プレアデス人、カシオペア人、金星人などのアセンデッドビーイングは、人間の視点から見ると、私たちの未来に位置する4次元または5次元の非物質的な意識であることを示しています。    
これらの実体はすべて、私たちの過去-現在-未来、すなわち非時代または永遠の現在において、「私たち」以上でも以下でもないのだ。    

それでも私たちの人間の観点から、爬虫類の「STS」生物は反物質(非時間に存在する物質)に位置する物理的な体を持っています。人類の古代史にすでに存在していた彼らは、人間の意識、つまり潜在意識の生きた記憶にとどまっています。

一方、「エーテル体の反物質」の世界に生息する「STO」の存在は、明確な形のない単一の体しか持っていません。ですから、私たちが理解しているように、それらは実際には物理的な外観を持っていません。それらは純粋な意識の形に過ぎませんが、あらゆる次元で高密度化することができます。私たちの観点からは、これらの存在は人間の将来の意識の可能性を表しています。彼らは私たちの将来の「私たち」です。

実際には、そこに宿る意識、魂の進化レベル、スピリットが「自己への奉仕STS」なのか「他者への奉仕STO」なのかによって、その姿は変わってくるのです。

その中には、地球に転生したことのない存在もいる。そうすれば、彼らはまさに地球外生命体なのです。しかし、地球人であれ地球外生命体であれ、高密度化した存在にはいつか死が訪れるのです。したがって、その意識は、その魂の実験に必要なあらゆる密度や次元のあらゆる実体に投影することができる。 

6次元の高次の意識の観点からは、例えば、その「プレアデス人」が平和なカーストに属しているか、それとも別のカーストに属しているか、その爬虫類が捕食性かそうでないかなどを知ることは、もう意味がない。この意識によれば、判断はなく、魂は一度に多くの密度や次元を実験しているからだ。   
しかし、人間の意識を通してこの絵を知覚することで、二元性を学び、そしてカルマのプロセスを通してその解消を促すことができるのです。    
大切なのは、すべての人生は「魂」の経験であるということです。 

私たちの個人的な進化に関する限り、私たちが現時点で意識センターを通じて結び付いている銀河系の未来は、主にα-レオニスまたはレグルスに生息するレオニスの人々です。    
レオやレオニードは、おそらく最近計画者が行った掛け合わせの結果、誕生したのだろう。最近明らかになったこの新型遺伝子は、ナムルウとウルマの遺伝子が結合したもので、別次元の地球で再活性化すると考えられている。

ナムルウとウルマってのもアントン・パークスの本のもの

これは、人類の過去から、私たちのテキストで引用されている爬虫類時代の銀河系の生き物のいくつかの例です。
シュメールの音節文字の名前は、作家、研究者、シュメール学者のアントン・パークスの作品に由来しています。

とりあえずゼカリア・シッチンみたいな作家だと思っておけばいいかな

シュメールの音節文字を他言語の音節としても解釈できるとして、すごく広げた解釈と、彼自身に現れたビジョンとのミックス、が内容らしい

内容はゼカリア・シッチンと大分異なる
http://www.antonparks.com/main.php?page=inter_humanite 

以下に目を通しても、まあ意味分からないと思うけども、残念ながらそこそこ重要である

でも、後で出てきた時に見ればいいと思うので、読み飛ばしていいかと

Abgal:シリウスからの半分の人間の半分の両生類の生き物。

Amašutum:爬虫類の雌
Gina'Abul、「ライフプランナー」またはKadistuとしてよく知られています。彼らは私たちの現在の人類の遺伝学者であり創造者であり、北斗七星、プレアデス星団、ヒアデス星団など、この宇宙のいくつかの場所に住んでいます。
An:偉大なドラゴンUšumgal。アヌンナキの最高指導者。
アヌンナキまたはアヌンナキ:自己の奉仕における略奪的な宇宙の法則に導かれて、さまよう惑星から地球にやってきた大型の人型爬虫類。彼らは初期の人間の遺伝学を変えて、彼らを彼らの奉仕において知的な種にしました。彼らが地球上の3番目の平行次元であるKiに住んでいるとき、彼らはアヌンナキと呼ばれます!
Améli:セミエーテル体のプランナー。
Ama'argi:Amašutumは地球を起源としています。彼らは、Abzuと呼ばれる私たちの惑星の中央の空洞に住んでいます。彼らはしばしば地球内の人々と混同されます。 

AnzuまたはImdugud:UrmahとロイヤルアルビノKinguの混合物。もともとは陸生保護区を監視するために、特に爬虫類のGina'abulとプランナーのKadištuを和解させるために作成されました。
ドラコス:ドラコニアン、レプティリアン、リジー、同じ存在を示すいくつかの名前!彼らは銀河の他の住民によって「旧帝国」と呼ばれる銀河の大部分にまたがる広大な帝国を持っています。
エンキ:地球の主、アンの息子、母なる女神ナンム、そしてエンリルの兄弟。
エンリル:息の主、エンキの兄弟
グレイまたはMìmínu:灰色にはいくつかの種類があります。たとえば、リゲルのグレイ(オリオン座)は、ドラコニアの爬虫類によって侵略され、現在は彼らの帝国の一部となっています。グレイの種は明らかにほとんどすべてがアルファドラコニスの爬虫類であるキングの支配に屈した。ドラコスはグレイを精神的に支配された傭兵として使用します。グレイの別の種類は、人間の精神を個別に標的にするために、リゲルのものの遺伝物質で作られた一種の生物学的プローブです。
Kingú:王子様の人々Gina'Abul。彼らはアルファドラコニスの爬虫類です。
ジー:ドラコニアンまたはレプティリアンの別名。 

Namlú'u:原始人類。彼らはもともと、彼らの創造者であるアマシュトゥムよりもほとんど優れた並外れた存在として作成され、驚くべき透視能力に恵まれ、他の人の心を読み、同時にいくつかの次元で存在することができました。それは他人への奉仕における本来の人間です。 Namlú'uは、アヌンナキが到着する前は、一種の地球の守護者でした。それらは、第3密度STOで人間が堕落する前の状態で存在し、人類の別の未来で、すぐに再び現れるでしょう。

Nungal:Gina'AbulとAmašutumによって作成された男性プランナーの種族。彼らは見張り人、いくつかの宗教が話す守護天使、または人間のサイクルで具体化されているために「堕天使」になります。
レプティリアンまたはレプトイド:人間の外観を持つ爬虫類として表される生き物。彼らは異なる名前で知られています:恐竜、トカゲの男、爬虫類、ドラコニアン、ドラゴン...これらの存在は人間の種を操作するために影の中で働きます。

Šutum:地球の地下の洞窟に生息する男性のGina'Abulのもう1つの陸生種族。
Sukkal:鳥の形をした、こと座に住むヒューマノイド。彼らはプランナーの一部です。

ウルマ:オリオン座のネコ科の戦士。彼らは計画立案者の天国の民兵を構成します。彼らの可能性のある子孫は、星座レオニスのレオです。
ウクビ:人間(ホモ属)または「下等な人々」。彼は、爬虫類の遺伝学者の作成者の目には、動物、アダムとしての時間の夜明けから考えられてきました。今日のSTS人類に対応しています。
Ušumgal:Gina'Abulを支配する偉大なドラゴン。 

アントン・パークスについては、私はほとんど分からない

レオ・ネットワークはアントン・パークスの説を全面的に受け入れているようである

ここらへんがレオ・ネットワークを信頼するかどうかのネックになる気はする

 

補:それでも、これでは余りにも意味がわからないだろうから、不十分な理解だけども、私なりに少し補足する

第四密度STSは最終的にはブラックホールに飲み込まれ、消え去る運命にある

なので、STOコースに行くより他無いのだが、STOコースに行くためには第三密度から転生しなければならない、という

上に出てくる色んな爬虫類種族は第四密度STSであり、こいつらは進化に行き詰まったので、自分が第三密度に転生するための生命体を作った、みたいな話がライフプランナー・生命計画者のニュアンスである

つまり、爬虫類種族が人間を作ったが、人間に転生してるのはSTOコースを目指してる爬虫類種族の魂である

でも、STOコースを目指してない爬虫類もいて、それらが時間の外から、所謂悪宇宙人の攻撃ってのをやっている

元々は、原始人類は超優れた存在だったんだけど、悪宇宙人に騙され、現在のか弱い人間になってしまった(が、多分これも計画の内)

グレイは、現在の人間がネガティブコースに行った末路の存在とか、爬虫類人がプローブとして使うためにクローンとして創りだした奴とかがいる