アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

アン・アルバース、あなたの好き嫌いを許容する

Messages from Ann & the Angels

 

皆さんは自分に厳しい方が多いですね。「聖なるもの」「スピリチュアルなもの」であるためには、あらゆるもの、あらゆる存在を好きにならなければならない、という誤った前提のもとに生きているのです。これは愛についての誤解です。愛することはあなた方の本質ですが、あなた方はこの惑星に、すべての人やすべてのものを好きになること、より正確に言えば共鳴することを期待して来たのではありません。あなたの中の光は、すべての存在とすべてのものの中の光を愛していますが、あなたが地球上で体現している人格は、独自の好みと欲望を持っており、それがどのようにあるべきかを意図しているのです。

あなたが地上に来たとき、その多様性、コントラスト、そして、多くの異なる形で一つの愛と踊ることによって触発される、創造するための素晴らしい機会を愛するだろうとわかっていたのです。あなたは、あなたが愛する魂たちが、さまざまな人たちやさまざまな個性を装って出会うことを知っていました。あなたは、愛とのつながりを覚えている人もいれば、忘れている人もいることを知っていました。あなたに共鳴する人もいれば、自分を愛せと挑んでくる人もいると知っていたでしょう。あなたは自分の好み、つまり好き嫌いがあることを知っていました。そして、これらの感情は、あなたが誰になりたいか、何を経験したいか、何を創造したいか、どのように成長したいかをより思い出す助けになると知っていました。

あなたは、親近感や反発といった感情は、単にあなたが最大の喜びの道を歩むための導きであると知って、地上にやってきたのです。

「好き」や「嫌い」を感じたときに自分や相手を判断するのではなく、自分の好みを感じる許可を自分に与えてください。自分の人生で遭遇する性格、物事、状況、信念、または行動を「好き」または「嫌い」にすることができます。あなたはあなたが好む特定の食べ物を持っています。あなたはあなたが好む特定の衣装を持っています。あなたはあなたが好む特定の装飾と装飾を持っています。また、あなたはあなたが好む特定の人々、性格、信念、そして行動を持っています。これは意図したとおりです。

あなたの魂はすべてのものとすべての存在の中の光を愛しています。あなたの人間の自己には好みがあります。母親が、ある日のその子の振る舞いが好きかどうかにかかわらず、その子を愛するように、あなたは好き嫌いなしに愛することができます。真の友人が、ある話題について自分の信念と異なっていても、あなたを愛するかもしれないのと同じように、あなたは好き嫌いなしに愛することができます。シェフがすべてを食べたくないにもかかわらず、ゲストを楽しませる材料の多様性を愛するかもしれないのと同じように、あなたは好きではなく愛することができます。他の人があなたを気に入らなくても、すべての中で光に集中するほうが気分が良いので、あなたは愛することができます。

それで、結局「愛する」とはどういうことか?

気分よくいられる、ということだろう

引き寄せ的には、「愛」とはそういう意味である

あなたが幸せになる秘訣は、好きなもの、存在、状況を楽しみ、嫌いなものを非難したり変えようとしたりするのをやめることです。自分に正直になり、それに従って選択することです:

「私は私である。私は私であり、あなたはあなたである。人生とはそういうものだ。次はどうする?」

誰かを好きなときは、その人を楽しむ、またはその人のことを考えることを楽しむ。誰かの行動や性格が嫌いなとき、あなたには多くの選択肢があります。自分にとって正しいと思うものを選びましょう。その方が良いと感じるなら、良いところを探すという選択もあります。立ち去ることもできます。静かに観察し、理解しようとすることもできますし、正直に「そんなことに興味はない」と判断することもできます。何を選んだとしても、あなたにとって最も正しく、最も愛があると感じる反応を選んでください。あなたが自分の魂の中で正しいと感じることをするとき、それは関係するすべての魂にとって正しいことになると信じてください。

「正しい」という言葉を使うべきではなかったかもね

最も愛があると思われる道を行けば良い

そしてそれは、前述したことから、最も気分よくいられると思われる道を行けば良いということだ

とても単純

そして、気分よくいれば、波動が高いのだから、引き寄せの法則によって、物事が上手く行ってしまうという結果にもなる

エイブラハム曰く、気分良くいること以上に大切なものはない

誰かから親切に立ち去るのは好きではないかもしれませんが、好きなふりをするよりも正直に立ち去るほうが愛情深いことを保証します。他の人はあなたの不協和を感じ、その関係はあなたのどちらかにとって本当に満足できるものではありません。相手は「出て行って欲しくない」と言うかもしれませんが、心の中では「一緒にいたい」と思っている人が欲しいのです。ある人の拒絶は、別の人の再指示です。

議論したい人と戦うよりも、静かにしておくのが好きではないかもしれませんが、争う二人の魂より、平和に暮らしている一人の魂を見たいものです。最終的には、どんなにひどくエゴが議論を望んでいても、すべての魂は本当に平和を望んでいます。

誰かが必死にあなたに何かをしてほしいと思ったときに「いいえ、私はあなたのためにそれを正直に行うことはできません」と言うのは必ずしも愛情を感じるとは限りません、しかし、恨みをもって相手を喜ばせるために嘘をつくのではなく、真実を伝えることは愛に満ちています。

判断と識別の間には大きな違いがあります。判断は、"あなたにはそうする権利がない "と言います。識別は、"あなたは私にふさわしくない "と言います。

親愛なる皆さん、絶対に誰もが、そしてすべてが、人生という大きなパズルの中に、居場所と目的と権利を持っています!それが、あなたのパズルのピースと自然に、簡単に合うかどうかにかかわらず。人生と同じように、すべてのピースが属しています。人生と同じように、すべてが一緒に属しているわけではありません。

あなたは、スーパーにあるすべての商品を食べるためにこの地上に置かれたわけではありませんし、すべての人、すべての物、すべての状況、場所、信念、すべての意見を楽しむためにこの地上に来たわけでもないのです。自分の好みと和解すれば、もうそのことで議論したり、正当化したり、他人に強要したり、他人の期待に合わせて自分の好みを曲げたりねじ曲げたりする必要はなくなります。

バラはバラであるために存在する。チューリップは、チューリップであるためにここにある。犬は犬らしく。そして、あなたは、あなたが今いる、そしてこれからもなり続ける個であるためにここにいるのです。人生の多様性は、あなたが新しい好みを発見し、自分自身について新しいことを学び、新しい才能を発見し、何を捨て去る準備ができているかを見極めるのに役立ちます。人生の多様性は、あなたが永遠を旅する中で、創造と進化をするためのインスピレーションを与えてくれます。

だから、ニュースで気にくわないことを見たり、嫌いな人の意見にぶつかったり、嫌なことを言われたりしたら、「この多様性は、私が誰で、誰になりたいか、そして人生とどう踊りたいかを考えるためにある。それは価値あるものです。彼らには価値がある」と自分に言い聞かせてください。そして、あなたが好きなもの、好みのもの、集中して力を与えたいものに注意を向けることにシフトしてください。

嫌いなものは、自分が何を好きなのかを逆側から照らしだしてくれるので価値がある

親愛なる皆さん、人生やその中の誰かの善し悪しに焦点を当てて、あなたの貴重な生命力を浪費しないでください。あるダイエットがあなたにとって正しくても、他の人には全く不適切であるように、ある服装があなたとあなたの仕事に合っていて、他の人には全く不適切であるように、ある信念があなたの魂の進化にとって正しくて、他の人には全く役に立たないように、あなたの成長と喜びのために正しいことが、他の人にとっては完全に間違っているかもしれません。

この瞬間に自分自身のために正しくなり、絶対的な善悪を見つけようとするのをやめましょう。愛は唯一の絶対的な権利です。あなたはあなたの好みを持つことが許されています。

だから、正しいとか間違っているとかいう議論はあきらめましょう。みんなと比較して自分はどうあるべきかを分析するのはやめましょう。そうすることで、他の人が同意するように主張したり、他のすべての人に同意しようとしたりするという束縛から解放されます。なたは、この人生のパズルの中でユニークで、貴重で、完璧な存在です。他のみんなもそうなのです。

良いね