アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、STSまたはSTO?その一

SDS ou SDA ? / STS or STO ? - Le Réseau LEO

いくらかレオ・ネットワーク独特の要素が入る

良い内容だと思う

 

これらの略語は何を意味しますか?

-「STS」は「Service to Self」に対応する略語です。
-「STO」は「Service To the Other」に対応する略語です。

これらの2つの奉仕は、私たちの宇宙で達成される魂の2つの進化の道を表しています。

2つの形態または別個の創造の道が存在し、すべての存在に彼の創造、進化のいずれかの可能性を提供する「創造者」の意識を通して同時に自分自身を表現します。つまり、「自己への奉仕」のそれ、または「他者への奉仕」のそれ。

したがって、「STS」または「STO」は、各人間が身体の化身の精神として、彼の地上の存在の間に選択するようにもたらされる進化の道を正確に定義します。彼の魂が来るべき進化のサイクルの中でこの道を経験できるようにするためです。

しかし、私たちの魂は、人間が「地球外」と見なされる人々など、他の形態の生命として他の平面または次元でも進化します。これらの実体は、私たちの時間の概念から解放された次元で存在しますが、私たちの限られた線形精神にとって、それらは私たちの過去または未来の「私たち自身」です。

カシオペアンは「私達は未来のあなただ」とか言うが、レオ・ネットワークでは第四密度宇宙人等も過去または未来の「私たち自身」だと言うので、幾分特殊である

確かネガティブな宇宙人は過去の私達で、ポジティブなのは未来の私達、と言ってた気がする

魂は、個人の選択に応じて、私たちの過去、現在、未来の人生の経験を通して化身のプログラムを構築し、生成する電磁気の実体です。

2つの宇宙STSとSTOは、私たちの人間の現実の段階で交差します。私たちの日常生活、私たちの行動、私たちの習慣...、私たちが一般的に識別するものの中で:現実の3番目の密度。それらは展開し、人間の精神、彼の信念、そして彼の感情的な体を通して実を結びます。

これらの2つの宇宙または創造の前提は、私​​たちが次のいずれかによって定義できる私たちの精神の投影の発散です:

「自己の奉仕」に焦点を合わせた宇宙は、それでも4番目の密度または時には下部アストラルと呼ばれています。ここにいる生き物は限られており、人間の現実と平行であるにもかかわらず、人間の感覚には見えないままである4番目の密度の物理的な平面上で進化のピークに達しています。

STSの存在の意識は、5番目の密度に由来します。しかし、5番目と6番目の密度への進行は、「他者へのサービス」-STOに向けられたパスまたはプロセスに他なりません。

ラーではSTSは第五や第六密度まで進化できることになっている(第六密度になるとSTOに変わる)が、カシオペアンではSTSは第四密度までしか行けない

この点、レオ・ネットワークはカシオペアンに準じる

彼らの信念のためにSTSエンティティの5番目の密度を超えて物理的または精神的な次元は存在せず、彼らの思考は善と悪の間を行き来する2つの反対の極性を持っています。

この二重性の経験では、2つのSTS部族は、ネガティブまたはポジティブな傾向があるという信念に応じて対にあります: 

STSポジティブとSTSネガティブがあるという

これはレオ・ネットワーク独特

-第一の部族、悪を生み出すことを実験しているネガティブSTSは、一般的に彼らのネガティブな感情、身体への魅力、物質的な世界、所有、お金、力、吸血鬼、操作、彼らが彼ら自身のために、彼らの「私」、彼らの「自己」、「私-私」などのために使用するこれらすべての形態のエネルギーの転換によって方向づけられています。

STSは、彼らの魂がまだ意識の次元を変える傾向になるのに十分な経験を積んでいないので、彼らの快適な「自己への奉仕」モードに満足しています。したがって、彼らは自分自身を疑問視する理由がありません。

彼らの直感的で利他的な意識はほとんど発達していませんが、彼らの知性は非常に興味深く、操作者、時には「マキアヴェリアンマキャベリスト」になる可能性があります。彼らは私たちの人間社会における捕食者、迫害者、そして精神病質者です。これらの存在は、意図しないエイリアンの爬虫類、グレイ、または他のネガティブな実体の外観または形態の下で、4番目の密度の過去に進化し、悪魔として認識されることもあります。

というわけで、ネガティブなエイリアンは過去の私達

-第二の部族であるポジティブSTSは、善を生み出すための努力を経験しています。彼らは主に彼らのポジティブであるが主観的で一時的な感情によって方向づけられており、一般的に苦しんでいる魂を示しています。彼らは共有する必要性によって習慣的に自分自身を表現します。それにもかかわらず、彼らは、平和、幸福、幸福を求めて、利己的な慈悲と強い飽くなき共感をもって、非常に打算的です...

そうねえ、例えば、今で言えばワクチンを止めようとか、コロナ社会をひっくり返そうとかやることだね

こういう活動は、まあ、全体的な善を目指すものではあるが、自分の幸福も計算に入れているものだ

これらのタイプの個人はしばしば無実の犠牲者の役割を引き受け、抑圧され、認識される必要性、軽蔑、反乱など...の魂の傷によってマークされます。多くの場合、ユートピア的で、反乱を起こし、社会の周辺部にいて、捕食者カテゴリーのサンドバッグとして機能します。彼らは、ニューエイジのような特定の宗教的または霊的な運動の卓越性によって犠牲者になりました。

カタリ派のように、迫害されたということだろうかね?

後者の中で、特定の者は文字通り彼らの超意識によって「揺さぶられ」、彼らの限られた意識と彼らの「STS」機能の方法から抜け出すために体と魂で努力しました、時が来たときに彼らの魂を5番目または6番目の密度に上げる準備が完全にできるようにするためです。

ネガティブSTSと同様に、それらも4番目の密度で進化します。これらの存在は、慈悲深い爬虫類のエイリアン、非常に力強い外見を持つグレイ、または感情的に敏感に見える実体の形をしています。それらは「ポジティブ」な存在と見なされ、4番目の密度の将来のSTS人類に住みます。

「他者への奉仕」に焦点を当てた宇宙は、「第3密度他者奉仕」-STO、またはより優れた意識レベルである「第4密度STO」と呼ばれます。

それにもかかわらず、3番目の密度のSTOは、作成中の新しい物理的な世界または密度を表すため、まだ実際には存在していません。それは唯物論と技術がほとんど重要でなく、その将来の人類が進化し拡大する現実です。

カシオペアンによれば、私達はすでに第三密度STO領域を体験したらしいけどね

その後、第三密度STS領域に落ちて、今に至る

第三密度STO領域では、体があまり物質的でなかったらしい

STOの世界では、意識はテクノロジーよりも優先されます。なぜなら、特定のSTO人間の意識/知性/直感は、5番目と6番目の密度に達する可能性があり、したがって、いかなる形の技術もなしに、彼らの振動周波数に対応する環境と現実を明らかにするからです。

STOが人為、テクノロジーを嫌うというのはポイントかな

STSは逆に、これらが大好き

STOの存在の考えは、むしろ彼らの私心ない感情によって方向づけられています。彼らは本質的に博愛家であり、寛大で、友愛的で、無欲で、献身的で、高貴です。彼らは、ポジティブなSTSにもネガティブなSTSにも反対することは決してなく、身体性、物質界、所有物、またはお金に対する魅力をほとんど持っていません。これらは、偉大な知恵を処置し、表現する存在です。彼らは宇宙の仲裁人または観察者であったようです。