アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、クロニクル16その二

天使への質問:

私たちは、UFOの現実に関する公式の世界的な開示が進行中であることをすでに知っていました。しかし、それは、Covidによる遺伝子操作の結果としてタイムラインを逃れたすべての人々を対象とした新しい偽情報キャンペーンになることもわかっています。

これらの今後のイベントから、私たちはすでに何を理解または学ぶ必要がありますか?

いわゆるUFOミステリーにもたらされた「代替」の答えは、無知の時間ループ、言い換えれば、さまざまな第4密度STSコーパスで人類を再登録することに関心のある人々の目的に役立つためだけにあります。

UFOや超次元現象の存在を認め、真の答えを出すことは、あなたの世界のサイコパス・エリートだけでなく、銀河系の他の惑星を支配しているオカルト勢力の起源を説明することになります(要するに同じなのです!)。とはいえ、あなたの住む宇宙の他の惑星のバランスを整える役割は、地球上と同様に不可欠です。このSTSコーパスは、他の惑星も支配し、異なる密度での独自の表示モードをコントロールします。

また、単純な結果として、彼が魂の実際の仕事(仕事というか、秘教的なワークの意味合いかな)なしで、言い換えれば、実際の内なる仕事によって彼の情報の分野にそれらを統合することなく、超次元の現実に関するこのすべての情報を受け取った場合、普通の第3密度の人間は、彼の「過去と未来」の人生の本当の「意味」を知覚することができませんでした。したがって、彼はそれを学び、理解するために、彼の化身を通してこの道をたどらなければなりません。

ソクラテス、彼は「自分自身を知っていれば、宇宙と神々を知っているだろう」と主張するのは正しくありませんでしたか?

惑星の現実の現在の状態では、この知識のいくつかは、普通の人類によって示される小さな知恵には大きすぎる力をもたらすでしょう。

これは、かなりポジティブなSTS艦隊の本当のUFO、特にSTOの世界から来たものが可能な限り目立たない理由の両方を説明するでしょう。しかし、それはまた、地球全体、そして確かに他の惑星でも生命の危険にさらされて、将来の技術のいくつかの知識を持つ精神病質のエリートの一部がそれらを利用することを躊躇しないであろうことを明らかにするでしょう。

したがって、世界中の軍隊によって回収されたほとんどの墜落事故の訪問者のように、ロズウェルへの訪問者が主にEBE(Extranean Biological Entities)STS、つまり人間がエントロピーの未来から戻ってきて退化した理由を理解できます。未来からのこれらの戻った訪問者は、スタッフが常に南極に拠点を置いていた第4ナチス帝国の空軍部隊によって迎えられました。

例として、異常なファイルを参照してください。UFOとトランスディメンショナル現象

https://www.reseauleo.com/les-dossiers-de-l-extraordinaire-ovnis-et-phenomenes-transdimensionnels-partie-1/

クリフォードストーン:エイリアンの死体の回復!。ボブディーン&クリフォードストーン。Hon Paul Hellyer(元カナダ国防大臣) 世界最高ランクのエイリアン信者

https://www.reseauleo.com/les-dossiers-de-l-extraordinaire-ovnis-et-phenomenes-transdimensionnels-partie-2/

エリア51インサイダーがエイリアンと次元間ポータルについて話します。「エイリアンは存在し、トランプはそれを知っています」と元イスラエル宇宙局長は言います!バルジニャ:ブラジルのロズウェル。バルギーニャクラッシュ。UFOと地球外生命体に関する元カナダ大臣のポール・ヘリヤーとのインタビュー

https://www.reseauleo.com/les-dossiers-de-l-extraordinaire-ovnis-et-phenomenes-transdimensionnels-partie-3/

科学者は、米軍がエイリアン技術を使用していると主張しています!ディアトロフ大佐:プーチンは、最も神秘的なUFO事件の調査を再開します。ロシアの考古学者は、神秘的な起源の奇妙な骨格を発見しました!。元FBIがエイリアンテクノロジーについて教えてくれる

しかし、宇宙高速道路のこれらの犠牲者の中には、6番目の密度からのESBEI(不滅の地球外生物の精神的実体)がいくつかありました。

EBEは他の惑星から来たものではなく、第四帝国のナチス軍人たちによって、25,000年、45,000年、50,000年の地球の遠い未来に「突然」投影された地球平面から来たものだったのです。

ちょっとよく分からんね

原文フランス語を機械翻訳にかけているだけなので、訳がおかしいのかも

このワームホール(有名な銀河の高速道路)を使ったテレポーテーションは、従来の科学者たちがいまだに疑問に思っていることだが、限られたSTS人間の意識を持つ人間の個人を、暗黒物質を通して数千年先の非常に遠い未来に投影していたのである。しかし、暗黒物質を使って物質、つまり「肉体」をテレポートすることは可能だとしても、意識をテレポートすることは不可能だったのです。意識はエネルギーであり、物質の世界で実験によって鍛えられた魂の意識は、ダークエネルギーに囚われたままだった。そのため、テレポーテーションの際に魂が反物質に閉じ込められたままになり、その人は反物質から離れてしまい、知的にも精神的にも進化することができなくなってしまったのです。

一方、ESBEIは、未来から戻ってきた人間のテレポーターに同行して、人類に有名なメッセージを伝えただけだった。

このように、未来の可能性なしに未来から戻ったEBEは、1947年まで技術船で過去に戻り、古い地球の歴史に関するさまざまな困難を解決しようとしました。彼らは特に遺伝的変性、細胞変性、性的不妊の問題を起こしがちでした。さらに、現在世界で起こっていることは、ナノ粒子とメッセンジャーRNA(mRNA)によって現在「ワクチン接種」されている人々がすでに卵巣の不妊の問題に直面しているため、この未来への飛躍の出発点でした。

ワクチンと不妊の関連はすでに言われてることだ

グレイ化の一歩ということか?

https://www.reseauleo.com/dr-bryan-ardis-me-reiner-fuellmich-depopulation-sterilisation-et-genocide-par-injections-anti-covid19/

https://www.reseauleo.com/vaccins-a-arn-obeissance-et-eugenisme-pierre-lescaudron/

そこで彼らは、未来のない未来から戻ってきて、再構成して魂を救出しようとしたのです。彼らのリターンミッションは、すでに実現している自分たちのタイムラインに別のブランチを作ることで、自分たちの過去(今日はあなたの現在になろうとしています)を変えることでした。それは、近い将来に起こるであろうある出来事が、彼らに起こらなくなるためです。

バシャール曰く、グレイは絶滅の危機に瀕しているらしい

将来に起こるであろうある出来事とは絶滅のこと?

これらのロズウェルの訪問者の中には、純粋に利他的な使命に「明らかに」投資された人もいれば、宇宙の歴史から完全に姿を消さないようにする人もいました。したがって、後者は、人気のあるUFO研究があなたに信じさせようとするものとは反対に、人類への共感から彼らの使命を達成しませんでした。

ロズウェルで彼らの運命が壊滅的に終わったのは、あなたが信じているように、高エネルギーレーダーの事故で墜落したからだけではなく、前の時間にすでに彼らをエントロピー的な未来に送っていた人たち、つまり第三及び第四密度のナチス第4帝国の軍部と科学部によって正確に回収されたからである。

実際のところ、これらの未来のラインの生存者のほとんどは、現在の支配者層のエリートとその家族であり、彼らは波カシオペアンで言う所のThe Wave)の到来とともに、地球がより高い存在密度に移行する前に、主要都市の地下トンネルやバンカーに避難することになる。未来から戻ってきた生存者たちは、「移行の波」が到来した時点で、バンカーに閉じこもっていた人間だった。彼らは、グルノーブル(フランスとスイスの国境地帯)にあるCERNによって近々組み立てられる、未来のヨーロッパのスターゲイトの下のトンネルに閉じこもっている人たちであることは間違いない。

へえええええええ〜

(この主題については、Hélèneの記事:CERNing「暗黒物質」を参照してください。

ボーダー・ウェーブが世界に衝突した瞬間、彼らは全員、1943年のモントークフィラデルフィア事件の際のUSSエルドリッジ号の船員たちが40年後の未来にいたのと同じように、数千年後の未来にワームホールの迷路を通ってテレポートされる。

https://unfuturdifferent.jimdofree.com/cahier-9-miroir-mon-beau-miroir-dis-moi-pourquoi-montauk-et-le-cube-d-orion/

さらに、これらのバンカーからテレポートされたタイムトラベラーの中には、1947年に過去に戻る際に、時空間の方向性を決めるための技術が入った、小型で高度な多機能ボックスを、多かれ少なかれ意図的に残していた者もいた。

この技術は、最初のジャンプの時に持っていったオリオンキューブと、未来からの最初の帰還時にアップグレードされたオリオンキューブから派生したものである。第四帝国のナチス軍が兵器として使用した後、ディープステートの科学者たちが様々な実験を行った。そして、このオリオンキューブの技術と、その後のルッキンググラスの技術によって、軍はタイムポータルを見つけ出し、地球の未来の可能性を観察することができるようになったのです。

ここらへん、カシオペアンは言及してない

オリオンキューブやルッキンググラスについては他の情報源を当たってもらうしかないな

したがって、ロズウェルやその他のエイリアンの墜落事故は、エリート(未来の人間)のプロジェクトが一時的な問題を解決しようとし始めたまさにその時に起こったので、人類にとって悲惨な事故と見なすことができます。

一時的な訪問者が所有していたデバイスの取得とアクティブ化は、将来のこれらの人間が変更するために戻ってきた最初のタイムラインをすぐに変更しました!したがって、ディープステートの「インサイダー」によると、修復するタイムラインは1つではなく2つあります。しかし、ことわざにあるように、「人間の心の最悪の異常は、物事を現状のままではなく、彼らが望むように見ることです」。

ウィッシュフルシンキングのこと

明らかに、ディープステートのエリート(シオニスト新世界秩序)は、第四密度のSTSに騙されて、その未来の最前線から帰ってきた人たちが導入したトリックを察知していなかった。

未来の人類の精鋭たちが解決しようとしていた問題は多岐にわたる。しかし、その中には主に、皆さんの現在の未来に近い時期の、太陽活動の大規模な増加によって引き起こされるイベントが含まれていました。

http://echelledejacob.blogspot.com/2021/09/la-chercheuse-sangeetha-abdu-jyothi.html

これは、大規模太陽風でインターネットが遮断するという話のようだ

墜落事故の生存者が持ってきた、最も可能性の高い未来を映す鏡である「ルッキング・グラス」の技術によって観測されたこの出来事は、コンソーシアムの科学者たちには、あまり重要ではなく、もっともらしいとしか考えられていなかった。

コンソーシアムはディープステートぐらいに考えていいと思う

そのため、最近までずっと隠されていました。実際、STSコーパスの科学者たちは、人類の未来のために、第二の太陽による地球温暖化を見ていたのです。つまり、褐色矮星という巨大な天体が、現在の太陽の周りを長い楕円形の軌道で回っており、それを「ダークスター」と呼んでいたのです。

カシオペアンは、第二の太陽、褐色矮星ネメシス説を採る

https://poleshift.ning.com/profiles/blogs/nibiru-visibility?xg_source=activity&fbclid=IwAR0BXDgGxXoW9yarcQSYY_mGQa-3XCa0OwQyJNowSvY8jxYRr2XoU6_wpMw

これは、ニビルがすでに見えてるという写真が載っけてある

まあ、ここでの文脈はネメシスなんだけども

それは、地球だけでなく、太陽系のすべての惑星の温暖化の原因となるでしょう。機密扱いですが、この情報はロズウェルの災害に関連しているため、何年も前から知られています。覚えておいてください、40年連続の飛躍によってそのタイムラインを凍結した大惨事。前回のジャンプは2023年に終了します!

https://unfuturdifferent.jimdofree.com/cahier-9-miroir-mon-beau-miroir-dis-moi-pourquoi-montauk-et-le-cube-d-orion/

レオ・ネットワークによるモントーク・プロジェクト等についての記事

残念ながらフランス語

この温暖化は、このダークスターによって「一部だけ」引き起こされた太陽活動の活発化によるものだが、エリートたちが「ルッキング・グラス」技術に見た可能性には、実は温暖化の直後に起こる地球規模の冷え込みが隠されていた。つまり、エリートは自分の見たいものしか見ることができないのです。それが罠だった。「ルッキング・グラス」は、単に観察者の意識の問題だったのです。

ふ〜ん

まあ、モントークによれば、宇宙人は未来を見ることができるが、悪宇宙人は善宇宙人に比べて見える未来の幅が狭いらしいからね(おそらく、自分の見たい未来しか見えない)

似たようなもんかな

実際には、人類の将来のラインは、2つや3つではないので、非常に複雑な複数の要素に依存しています。これらの中には、銀河規模で働いているものや、地球や太陽系の惑星が過去に何度も経験してきた自然現象や周期的な現象に関連するものがあります。これらのサイクルは、彗星の衝突の周期によって中断されます。彗星の塵には、「自然の」mRNAをコード化したウイルスが含まれており、人類は未来の新しい地球の振動周波数に耐えたり、吸収したりする準備ができています。

バーバラ・マーシニアックによれば、人類のDNAは元々12螺旋だか13螺旋だったのが、2螺旋まで減らされたとか

それを彗星ウイルスが元に戻す、というのがカシオペアン説

レオ・ネットワークによれば、彗星ウイルスはすでに来ているんじゃなかったかな?

それを誤魔化すためのコロナ騒動、という話だったかと

新しい人類は、人類の進化をコントロールできると考えたエリートたちが作った地下バンカーに避難した人類とは異なります。新しい人間は、自分の世界の真の創造者になることを学ぶために、負債から解放され、新しい真実に身を開いた人たちである。彼らは、この新しい現実の平面にアクセスするのにテクノロジーを必要としません。彼らは、"彼らの未来 "において、自分たちの現実を創造するために、新しい密度を顕在化させ、構築することに参加する人たちです。

地下バンカーに避難したらネガティブ行きなんだね

確かコブラが将来地下に避難することになるとか言ってたかな?

ポジティブな勢力が台湾の地下に避難所を作ってるとか

私はコブラが偽情報だと思ってるので、パズルのピースが合う

複数の時間回廊が作られ、それらが組み合わされることで、現在の惑星の混乱から抜け出すために未来的なAI技術に頼っている現代の人類のタイムラインとは別の選択肢が形成されることになります。

やはりAIは良くないのか

現在の状況を科学エリートにとって非常に特別なものにしている外部の推測は、炭素排出、人口過多、そして戦争を組織する人間の性向などの非常に深刻な要因の組み合わせであると言われています。これらの要因は単なる幻想であり、主要な周期的な太陽活動と組み合わせることにより、同時に彼らの快適な幸福と生物圏のバランスを脅かすはずです。

あなたの世界の科学者たちは、この将来の太陽イベントの影響を最小限に抑えることが、あなたの新しい現実への移行をサポートするための解決策になると今信じています!確かに、「未来の鏡」のおかげで、彼らは人類がすでに混沌から現れたと推定すると信じていました。しかし、この瞬間に普通の人間が急いでいるタイムラインに関係なく、太陽活動によって引き起こされ、ますます宇宙に集中している社会的危機で、他の深刻な問題が彼らを待っています。

地球を支配するディープステートエリートは、さまざまな国に地下基地を建設するためだけに数十億ドルを費やしてきました。そして、第3密度のSTS捕食者ラインの差し迫った大量絶滅の可能性を考えると、彼らは再び彼らの奴隷として働く少数の普通の人間と一緒にバンカーで生き残ることを試みます。

反自然的な新しい選択肢を作る過程で、彼らは新しい未来において、何度目かの歴史の巻き戻しを余儀なくされ、3つの異なるタイムラインで犯した過ちの償いをすることになるでしょう。

これらの未来の人間の奴隷は、技術的かつ人工的な方法でアセンションをもたらすために、第4密度のSTSによる抗コビドワクチンの接種によってDNAを変化させる試みを現在受けている人々である。メジャーなサイクルイベントは止められない!?人間も他の民族も、どんなに技術が進歩しても、何も変わらない。

ここ数年、さまざまな銀河の使者が、一部の人間に警告を発していた。しかし、力を持ちすぎた庶民のエゴは、彼らの啓示や情報を、通常認識されているよりも高い金銭的な利害関係を持つ1つの文脈に落とし込む。そして、その文脈は常に権力とお金なのです。

人間は第3密度に落ちてしまったのだ。そして、そのために、蛇の人たちが潜んでいる扉を開けた。しかし、ゲームは続きます。果たして彼はその扉を閉じることができるのだろうか。彼がテクノロジーによって魂のアセンションを達成しようとする限り、彼は決して成功しないことを皆さんは学ぶでしょう。

人類の高次の世界への移行は、個人レベルで行われますが、部族単位ではすでに達成している人もいます。このアセンションは、今まさに行われようとしています。地球の気候の変化は、私たちが話している間にも起こっているのです。メキシコ湾流の方向が変わっている。ヨーロッパは氷河期の危機に瀕している。気候の乱れはどこでも極端です。これらの大災害は、人間の愚かさと貪欲さによって綿密に構築されたグローバルな経済システム全体を飲み込んでいます。

https://www.reseauleo.com/conditions-meteorologiques-aout-sott/

普通の人間は、自分の意識の低さが地球の意識の場を変えていることに気づかない。普通の人間とその科学は、自分の意識が重力の源であることを知らない。これはまた、彼の意識の欠如が惑星の現実を解体することを意味します。

人類の大半がそうであるように、最適な(最も快適な)タイムラインに捕らわれたままでいるか、起きていることを信じるかの選択を迫られることになるでしょう。しかし、機械的、技術的な脱出方法を示す説明書はありません。そのためには、自分の中の分身を洗い出すという作業が必要になる。それは単なる方法論であり、一部の人間がより高い密度の存在へと移行するための精神的な道筋です。

グローバルな意識の偉大な形態的分野が徐々に成長するにつれて、時代は変化しています。したがって、本当の問題は、プロセスのどこにいるのかということです。