アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

ムーンショット時代の東京都:「世界初のESG都市」、ロシア大統領が発表した「部分的動員」、ジュディ・ミコヴィッツ博士:今こそ健康回復の時です

ムーンショット時代の東京都:「世界初のESG都市」 : メモ・独り言のblog

東京都は、ベイエリアの埋め立て地にハイテクで持続可能な都市を建設する計画を発表しました。
新しい技術は、都市をカーボンニュートラルにし、将来の気候と健康の危機に耐えられるようにするために使用されます。
このプロジェクトが、未来のグローバル都市がどのようにあるべきかの青写真を提供することが期待されています。

日本の首都はより大きく、より良くなり、ミニシティを組み込むと、東京都(TMG)は新しい報告書で述べています。

東京eSGは、その名の通り、環境・社会ガバナンスの原則に基づいて構築され、最新のグリーンテクノロジーを取り入れます。

「世界初のESG都市」は2050年までに完成する予定で、国際社会の自治体モデルになると謳われています。

まあ、日本もがっちり取り込まれてるからなあ

いち早くアジェンダの実現する場所になっちゃうのだろうか?

というか、個人的には「そもそも2050年まで地球は持つの?」という気もするんだけどね

今日の都市計画者は、気候変動や将来のパンデミックの脅威などの緊急の地球規模の課題に直面して、先進的なアプローチを採用する必要があるとプロジェクトレポートは述べています。

では、東京をクリーンで持続可能な未来の都市にするために、何が行われているのでしょうか。

「シェアリングエコノミー」と呼ばれるものを確立するために、TMGは、所有権と消費、そして材料の使用と廃棄物管理に関するアイデアを再考していると言います。

このプロジェクトは、循環型経済の構築に役立つ新技術のテストを検討しているESGに焦点を当てたベンチャーキャピタルや世界中の新興企業を引き付けることが期待されています。この目的のために、TMGは、持続可能性に焦点を当てた外国の資産運用会社やフィンテック企業に補助金を提供するグリーンファイナンススキームを設立しました。

報告書によると、市のエネルギー需要はすべて、最終的にスマートグリッドによって管理される水素、風力発電、浮遊式太陽光発電所などの再生可能エネルギーによって満たされます。

東京eSGの計画では、ゼロエミッションの建物や公共交通機関のシステムも想定しています。

「課題は、感染症、気候変動、エネルギー供給など、私たちが直面する危機に対して強い都市を構築することです」と宮坂氏はブルームバーグに語った。

報告書は、同国がやるべきことがたくさんあることを認めている:「日本は、世界の他の国々で起こっているデジタルシフトにおいてはるかに遅れをとっている。経済成長の面でも遅れをとっている。こうした状況を踏まえ、既存の制度やアプローチを抜本的に改革することが急務となっている」としている。

余計なお世話

TMGは、今後2年間で全国でカバレッジを3倍にするという政府の計画に沿って、市内の5Gネットワークの構築に注力しています。これは、将来を見据えた自治体インフラの迅速な開発に不可欠であり、企業や人材の関心を集めるために不可欠です。

「日本全土に波及効果を生み出す」だけでなく、東京都の知事は、東京eSGが大きな国際的影響を達成できると考えています:「テクノロジーは、純粋なデジタル世界で使用されることから、物理的な空間へと移行しています。都市はそのような新技術を開発する場所になるために戦い、このプロジェクトは他の都市中心部のテンプレートになる可能性があります」と彼はブルームバーグに語った。

 

開戦 : ロシア大統領が発表した「部分的動員」についてのロシア連邦政府ウェブサイトの声明全文 - 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

プーチン大統領が、戦争に対しての戒厳令と「国家総動員」を発令するのではないかという憶測は、世界各地で噂されていました。

9月20日に発表されるとしていたものは延期され、9月21日のモスクワ時間の午前に発表されました。

それによりますと、「部分的動員」ということで、総動員ではないですが、「特別軍事作戦」という名称から一歩進んだようです。

徴兵も行われることが政令文書には記されています。

なお、プーチン大統領の演説に続いて、国防相も全国的なテレビ演説を行い、ウクライナの戦場の状況は「困難」であると述べたことが報じられています。

続けて、「私たちはウクライナと戦っているのではなく、西側の共同体と戦っている」と述べたことが報じられています。

どうなるのだろうねえ

wait and see

 

ジュディ・ミコヴィッツ博士:今こそ健康回復の時です : メモ・独り言のblog

ミコビッツは、COVID-19のワクチンを注射された人たちは、まだ体を以前の健康状態に戻すことができると考えている。

「私たちは最初からそれを修正することができます。」「それは私たちがそれをしたことだからです」、と彼女は言った。「注射をやめて、自然免疫系の治療を始め、環境から毒を出し、神から与えられた自然な自然免疫を回復させなければなりません。」

彼女はまた、注射には常に毒があり、最も影響を受けやすい人は癌で死ぬことがあると指摘した。しかし、予防接種をやめれば、自然に治癒することができると指摘した。

「イベルメクチンだけでも、注射による癌を止めることができた。」とミコビッツは言い、いくつかの症例でそれを行ったと説明した。さらに、イベルメクチン治療後のPETスキャンでは、癌の活性がなくなっていることが確認されました。

へえ〜