アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、女性原理・男性原理とフラクタル

PRINCIPE FEMININ-MASCULIN ET FRACTALES D'ÂME - مبدأ الأنثَى-الذكر و كسريات الروح - Le Réseau LEO

 

この定義は、『意識の叙事詩』の第IX章に関する質問に従ったものである。

『意識の叙事詩』ってのは、このチャネラーとそのパートナーがどうやって出会って、スピリチュアルグループを作っていったか、等を書いた自伝みたいなもの

こんにちは。

私はこの一節がとても気に入りました。女性的な極性、男性的な極性とは何か、教えてください。

よろしくお願いします。

ミシェル

ミッシェルさん、こんにちは。

この質問は、非常に幅広いトピックに触れています グローバルな視点が必要です。そこで、この機会に、人間の魂のフラクタルにまで視野を広げながら、女性性と男性性の両極に関する定義を書き記すことにしました。

空から見ると、第6密度や第7密度の意識が地上での体験に大きく飛躍することを「決める」前は、そのエネルギー圏には、私たちが第3密度のメガネで見ることのできる両極性の分裂はありません。このため、しばしば「本来の意識は両性具有である」と言われるのです。

したがって、「意識」が物質に「下降」すればするほど、その統一状態を「忘れ」、フラクタル化することになるのです。闇/光、処刑者/被害者、意識/無意識、男性/女性、など。しかし、それはまた異なるエンティティ、異なる性的極性を経験する自分自身の別の側面、異なる時空の異なるカルマのシナリオに分割され...

第七密度から6543密度へと下降していくと、本来両性具有的な存在だったのが二元性的になり、全体的だったものが断片化していく

逆に、密度あげていくということは、二元性を統合していく、断片化した別次元の自分を統合していく、ということである

この意識の「フラクタル化の法則」は、人間が忘却の彼方にもかかわらず、逆進化に取り憑かれる理由を説明する。実際、自己奉仕という最も濃い極性を深く経験した後、魂が熱望することはただ一つ、立ち上がり、原初の統一を再び見いだすことです。

ナグ・ハマディ写本にあるこの一文に表されているのは、この再統一である。

"二つを一つにし、内側を外側、外側を内側、上を下とし、男性性と女性性を一つにしたとき、" "あなた方は王国に入る"

ナグ・ハマディ写本トマス福音書 写本2, 2

このように、受肉という下流の論理に対して「上流に行く」ことは、非常に危険なことなのです。しかし、魂は障害を乗り越えれば乗り越えるほど、電磁波の幻想(あるいは強い核エネルギー)のベールがはがれ、他の自己を再統合し、その中の女性性と男性性の極性を再統合していくのです。このように徐々に再会することで、記憶がよみがえり、エネルギーが流入し、流れが復活するのです。

現実的には、このプロセスはさまざまな形で具現化されます。それは、私たちの有機体が、振動的に言えば、別の次元で、別の「私たち」が存在する場所を認識するときに現れることがあります。例えば、バスク地方での調査中に、アトランティス時代の自分の魂のフラクタルであると判明した実体との再接続を経験したイエナエルのケースはそうでした。彼はそれをある意味で再生し、自分の意識の中に統合したのです(ビリアトゥのビデオ「イエナエルの夢:ミイラ」参照)。

この再統合は、深い不快感や恐怖の通過によって引き起こされることもあります。例えば、病気になると、私たちは苦悩している自分の一部と接触するために、他の時間軸と接触するようになります。

私たちが「マル・ア・ディットmal-à-dit(よく分からんが、病気が自分の精神的問題を表現している、みたいなことのようだ)」をどのように経験するかによって、この他者はその経験の教訓を、例えば直感という形で私たちに伝え、気づきを生み出すかもしれない。そして、これらの気づきの応用、つまり「マル・ア・ディット」のメッセージによって、この苦しみの時間軸は細胞的に統合され、私たち自身と融合するために「相殺」されることになるのです。このテーマについて、エレーヌは「サイクルの終わりと秘密の通路」の中で、マットレスの向こう側にいるもうひとりの自分とのつながりを語っている......。(Vicdessosのビデオ3番≒56mnもご覧ください。)

この再統合の重要な側面は、確かにLEOネットワーク内で最も深いもので、超次元的な捕食者の次元を包含するものである。なぜなら、私たちが選択した捕食者のホットな話題について話すとき、私たちは1つまたは複数の魂のフラクタルとのつながりについて話しているからです。サンドは、4Dの鱗状の捕食者たちとの出会いを何度も語り、和解していく。また、アナベルは「捕食者コーパスに直面して」という証言で、霊媒的知覚によって捕食者の次元にアクセスできること、そしてその体験がいかに不穏なものであるかを語っています。

捕食者も別次元の自分っぽいんだよね

これは、「意識」の上流に行くときに、間違いなく最も厳しく、辛い障害物である。

そして、捕食極性を意識的に統合することを受け入れること、つまり、その現れ(私たちの人間にとって異物であると信じている)をできる限り押し退けることが問題ではないことを深く理解することで、私たちのエピジェネティクスを修正することができるようになるのです。つまり、これらの捕食フラクタルが統合されればされるほど、STSシステムによる私たちの魂の支配は解けていくのです。

女性性と男性性の相補性については、女性性または男性性、あるいは両性具有のエネルギーを持つフラクタルを認識し統合することで、確かに微妙なレベルで経験することができます。しかし、魂が再統合の目的を持って、物質を経験するようになったので、最も厳しく、最も有益なレッスンが、マトリックスの物質的現実の中で、つまり、毎日、私たちの目の前で行われるようになったのです!

『天使との対話』、『異なる未来』、『意識の叙事詩』など、私たちの著作はすべて、人間の鏡が日常生活の中で引き起こす仕事の重要性、つまり私たちの姿を反転して映し出すことを明らかにしているのです。それは仲間であったり、友人であったり、親であったり、子であったり・・・、すべては作用しているカルマの記憶次第なのです。しかし、決定的な試練は、私たちが絶対的な親密さを共有する相手と行われます。

カルマの記憶と捕食が介在する2つの存在の間の冒険が、識別力、意志、そして干渉する微妙な次元の知識によって交差すればするほど、彼ら自身の個々の男性性と女性性の極性が進化の相乗効果を見出すことになるのです。

例えば、自分の感情や直感を大切にし、自分の知的な部分を強く否定してきた女性が、偶然にも、自分の感情的な部分を抑圧してきた極めて知的な男性と出会ったとしたら...それぞれが、STSマトリックスの束縛から解放され、他者のために動くことを選択した場合、どんな「ミッション」が待っているのかは容易に想像がつくだろう。

「知的な情報は、それがどんなに面白いものであっても、感情的に統合されていなければ、あるいは少なくとも十分に深く統合されていなければ、識別力を高めることはできなかったのだ。見識は、強い精神力ではなく、情緒的な情報を受け止め、それを知的な情報で補完する器官によって育まれるのです。そして、この女性性と男性性の潜在能力の内なる結合が有効でない限り、捕食者はその王国で王のままであり、いかなる形の心センターの識別も彼を退位させることはできないのです!」

意識の叙事詩、第X章

同じように、感情的な状態に閉じ込められ、知的能力(したがって男性的)のおかげでこの保持との関係で高度を得ることができない人は、捕食者の魔の手にかかったままである......。

これは、ミラーリングされた2つの極性が、両性具有エネルギーの統合を加速し、「促進」する機会を持つ多くの現象の1つです。

この極性の融合は、それが生きているとき、面白いが驚くほど効果的な方向転換をすることもできます:衣服を介した物理的統合および/または異性の行動。カルロス・カスタネダは『エスプリの策略』の中で、またイエナエルは『マス・カバルデス』の中で、このイニシエーションの体験を語っている。

異性の格好をして異性のフリをするというシャーマンの修行があるそうだ

でも、ルールはありません。ずっとおてんば娘として生きてきた女性が、「ハイパーフェミニン」の世界を訪れたいと思うこともあるのです。今回は、今まで後回しにされていた女性的なフラクタルが、彼女の中に招き入れられる!?そして、これらはついに、男性のフラクタルに対して潜在的な魅力を発揮するのです...。

したがって、実験室のように、効果を測定するために成分を大胆に混合する毎日の実験を通じて、高密度の両性具有のアイデンティティが第3密度の人間に発達します。

このように、同じ生物の細胞や同じ魂のフラクタルが、互いに対抗するのではなく、共に機能することを学べば学ぶほど、それまで闘争に浪費していたエネルギー--癌の場合(「友人」の癌を参照)が解放され、上流へ向かう推進力がより効果的になるのです!