アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、異なる密度での意識

LA CONSCIENCE DANS LES DIFFÉRENTES DENSITÉS - Le Réseau LEO

図があるが、元サイトで見てね

 

図の説明文

この簡略化された図は、直観的な世界をデカルトの概念に変換して吸収できるようにする必要がある左脳に話しかけるように構成されています。

明確にするために、魂ははるかに複雑な進化の道をたどるので、私たちは降順と昇順の道を描いています。より高いビジョンからは、意識の低下も上昇もありません。後者は各レベルに存在するため、意識のすべての「段階」を同時に経験していると言えます。

したがって、この図は、その現実を理解するために段階に分割された創造物を設計する必要がある第3密度の意識によって作成されました。

この表現は、密度間の相互関係、天使の「落下」中の意識の変化、および彼の「高密度への復帰」中の意識の変化を明らかにします。

この図の特定の特殊性を説明し、以前に開発された概念については、LEODicoの他の定義を参照することをお勧めします。 

3つの異なる垂直ゾーンがあります。

-中央のゾーンは、光速のさまざまな周波数を横切って密度を「下降」するため、ここでは「原始の波」と名付けられた普遍的な意識の分割と分岐を示しています。

-右側のゾーンは、天使の二極化に補足的な情報をもたらします。 この「下降する」経路-STS(自己への奉仕)経路または密度の世界への人間の堕落-は、女性と男性のエネルギーの間の分割によって特徴付けられます。

- 左側のゾーンは、意識の「上昇」の道、すなわちSTO(他者への奉仕)の道または高次の世界への上昇、相乗効果による天使の「再生」、男性性と女性性の二つの極性の再会を表しています。

レオ・ネットワーク以外だと、自己奉仕VS他者奉仕という二元性が成立するように思える

が、レオ・ネットワークでは自己奉仕は二元性、他者奉仕は中立性、という感じなので注意

善悪の対立を考えた時には、善もまた自己奉仕ということになる

 

遍在するシリコン意識/直線的なカーボン意識

"アセンション "とは、究極的には、(炭素のおかげで)一方向の意識から(ケイ素のおかげで)"多方向・全能 "の意識へ、単一の現実の意識から超次元の現実が表現する複数の潜在的な現実の意識への転換である

簡単に説明すると、炭素は宇宙エネルギーの流れを二極の+/-で指示し、そのため一方向にのみ、「盲目」で真に意識せずに実験ができる可能性があるのです。

一方、ケイ素は、宇宙エネルギーの流れを多極かつ多方向に向けて、実験の可能性を無限に広げながら、実現可能な可能性やすでに作られた可能性など、よりオープンな意識でそれらのいくつかを視覚化することができます。 私の天使との対話n°2 DIALOGUE AVEC NOTRE ANGE N°2 - Sand & Jenaël

炭素生物からケイ素生物へアセンション、とかいう話は割と色々な情報源から言われる

レオ・ネットワーク的にはこういうことだそうだ

実際に体の中のケイ素の割合が増えていくそうで、ケイ素サプリとか勧めている

 

光速と重力

光の速度は、ある地点から別の地点への移動時間を意味し、第3密度の物質世界の重力に制限された意識の知覚を構成する要素のひとつである。光の速度は第3密度の概念である。それは、全知全能の現実を切り捨てることに貢献するものです。

実際、重力の密度を経験すればするほど、その意識は光速の錯覚にさらされることになる。

- 第6密度、第7密度では、光の速度は関係ない。速度は第3密度の概念で、第4密度以降、ますます陳腐化するからだ。第6、7密度では、すべてが同時に存在する。そのため、空間や時間のズレはありません。

"BELLは、量子論の教訓を真摯に受け止めれば、原子の特性の測定は、その場所で起こっている事象だけでなく、全宇宙で同時に瞬時に起こっているすべての事象によって決定されることを実証したのです。

上のキーワードに注目してください。「瞬時」です。これは、超光速、つまり光速よりも速いスピードでという意味です。しかし、光速より速く移動できる信号がないと仮定すれば、事象の間に現実の距離は存在しないことになるはずだ。ベルの不等式は、過去、現在、未来に存在するすべてのものは、その最も遠い部分が直ちに結合された単一の存在に結合されなければならないという考えを示したものと見ることができる。" ザ・ウェーブT 8, p 352

- 5密度では光速が存在するが、この存在圏の存在(例えばライフプランナーのアマストゥム)は、自分の意識の力だけで時空間移動を体験している。同様に、時空のある地点で自分たちを発見するための技術を使うかどうかも自由である。彼らの意識は過去と未来を投影することができるが、過去/現在/未来を区別なく認識することもできる。

- 第3密度より重力の作用が弱い第4密度では、まだ時空間の余裕がある。例えば、ある種のレプティリアンなど、STSの存在を考えてみましょう。彼らは、低密度の存在よりもはるかに効率的に、宇宙空間を移動することができます。また、特定の時間軸を移動することができる(それゆえ、限定された第3密度の人間には神のふりをすることができる)。

STSの性質上、物理的にも精神的にも第4密度が上限となり、テクノロジーに完全に依存している。そのため、高次の意識との関係でハンディキャップを負っている。

未来と過去が交錯している。おそらく、過去・現在・未来の区別がつかなくなったのでしょう。彼らは「支配する精神」を持っているため、人間の意識の現在に密かに位置づけることしかできないのだ。

-3番目の密度では、平均的なSTSの人間は、(過去または未来に向かって)直線的にしか考えることができません。彼は意識に時空を旅させることができますが、彼は自分の体としか同一視しないため、重力にとらわれています。彼の心は物質界の優位性と宇宙に対する彼の二元の見方にとらわれています。 

 

原始の波

それは完全な平衡、ゼロ、つまり両極が完全に「融合」した中立の状態を目指すもので、そのため中央のグレーの円は黒と白の融合を表しているのです。

「私たちが現実として認識しているものは、原始の波、すなわち第7密度の無数の振動にほかならない。波には一般に発生源があるというのが物理学の暗黙の了解になっている。だから、我々の現実にも発生源があるという仮説が成り立つのだ。" ローラ・ナイト、『ザ・ウェーブ』T 8、p.381

この源は、その創造を経験するために、実質的に二つの極性を互いに区別できるようにし(ここでは陰陽によって象徴される現象)、エロヒム(または天使)を通して第6密度に現れます。

 

天使の二極化

多くの秘教的著作では、この段階は「天使の落下」と呼ばれ、統一されたアンドロジナス意識が、肉体的にも精神的にも異なる二つの極性、すなわち男性的/女性的へと分裂し、「自己への奉仕/他人への奉仕」になったことに対応している。この二極化は、重力の法則の影響によるものです。すべての男性がSTS、女性がSTOというわけではありませんが、支配的な傾向を表すパターンが整理されています。

天使からアマストゥムへの矢印がアヌンナキ神への矢印よりも目立つのは、天使がミトコンドリアDNAに特に存在する、主に女性的な創造的エネルギーで構成されていることを明示するためである。

 

アマスツム・カディストゥとアヌンナキ神

どちらも元は同じ爬虫類の種族「ギナアブール」である。直線的に見ると、何百万年も前に、外界の大きな出来事によって、これらの存在が互いに対立していたことになる。惑星間の大国間戦争が、家父長制と母系制を生んだ。その結果、社会が形成され、人種が形成され、遺伝子の高度な知識によってクローンを作ることができるようになったため、性別が混在しなくなった。

こいつらは人間の過去であり、まさに二元性の対立というのを現している

人間は、こいつらの魂が、二元性を中和させる、バランスさせることを学ぶ場となっている

しかし、多くのアマストゥムはライフプランナーカーストカディストゥ)に属し、遺伝的に挿入された女性的なキリスト的潜在能力-キリストス-によって、より高い意識を持つようになった。第5密度の存在圏から、生命の進化のためにあらゆる知識を駆使する。

一方、アヌンナキは、第4密度の存在に制限されており、エネルギーの盗難以外に生命と相互作用する方法を知りません。したがって、彼らの役割は、創造がより低い密度で意識を動かすために必要な対合的な部分を提供することです。

第四密度STSと考えていい

「アマストゥム族は、宇宙とあらゆる世界を統合している神の原理、すなわち無限に大きいものと無限に小さいものを結びつけているものについての知識を持っています。その瞬間から(エンキがアマストゥムによってイニシエーションを受けたとき)、私はカディストゥムの秘密に服し、源流につながったのです。私たちの種の男性(アヌンナキ)の宗派的な精神は、いかなる霊的な働きも妨げ、その大半は太古の昔から物質の中に身体と魂を固定したままである。」アントン・パークス『暗黒星の秘密』T1、p.269

私たちがアマストゥムのプランナーとアヌンナキの捕食者だけを表現したのは、彼らがすべての恒星族の中で人類と最も強い相互作用を持っていた種族であり、現在もそうであるからです。

 

追:

こう言ってわかる人にはわかるかな?

多分、爬虫類の種族ってのは、マクロスゼントラーディ人みたいな感じ

男性と女性が分かれて交わらず、女性族と男性族はセックスで子孫を作らず、各々がクローンで子孫を作る

それが過去であり、今現在は人間に転生し男性と女性を混ぜあわせている最中となる

そして、失敗した未来はグレイ、言ってみれば両性有(グレイは男も女もない)となり、成功した未来は新人類の両性具有となる

分離した男性・女性(過去)⇒男性・女性を混ぜる(現在)⇒両性無有or両性具有(未来)

これは私の勝手な理解だが、そんな感じなのではないかって気がするけどねえ

 

人類

これらの2つの恒星の極性によって遺された彼の遺伝子のために、人間は常に創造者の母のSTO(「スカイメイト」)の可能性と、彼を第3密度STSに保つために彼を再創造した者のアヌンナキのSTSの可能性に接続されています。そして、これらの2つの線を通して、人間は両性具有のエロヒムと関係があります。

最初ライフプランナーが原始人間を超すごい存在として作ったのだが、その後アヌンナキが奴隷として人間を再創造した

しかし、人間にはライフプランナーによるSTO・原始人類に戻るためのキリスティ遺伝子というのが残っており、それをエピジェネティクスで発現させていくのが重要らしい

このキリスティ遺伝子を持っているのをセム族と呼んでるらしい

しかし、高次元の家父長制/母系制の戦争は、人間の外的世界と内的世界に現れているのです。人類の苦悩が発芽する土壌となったのです。

図の右側が示すように、両性具有の実体を2つの異性(および補完的な)実体に原始的に分割すると、人類の約95%がSTSの極性に従順であり、STOの認識が約5%になります。第4密度の捕食者は、第5密度の計画者よりも人間の意識の領域にはるかに近い。意識が100%STSである人間は、実は人間ではなく、オーガニックポータルやサイコパスとみなされることになる。

また、このSTSの部分は、飢え(食べ物、セックス、知識、権力など)を満たすために、ただ一つのことに集中する人類の退化を説明するものである。エネルギーを失う恐怖の餌食になり続けているのです。ますます混沌を生み出す生存以外の生き方があるのかどうかを問うことなく、STSの人類は物質性に取り憑かれています。

時に共通の作品を作ろうとしても、これらの人間の意識は個性を保ち、「知識」というエネルギーの流れを遮断することで情報の保持を維持している。したがって、彼らは第3密度でSTS食物連鎖にとどまる運命にあり、より高いSTSの世界とのつながりを完成させた人々にとっては第4密度で留まる運命にあります。そのため、アヌンナキの「神々」の世界にアクセスすることはできるが、彼らと同様に、この意識領域に限定されることになる。

高密度の法則を再発見する(つまり、物質と結びついた第3密度のプログラムから自らを「脱却」する)準備ができている、ごく少数の稀な人々が、誠実で深いグループワークを通じて、自分のエネルギーを「知識」と生活全般の向上に役立てることを本当に学んでいるのです。

そして、まさにこの段階、つまり女性的・男性的両極性の再バランスが始まることによって、左のエリアに示されるように、STSとSTOのバランスは、STO51%対STS49%と、他者への奉仕に1%有利にシフトしている。この時点から、人間は自分の意識を覆っていたベールを徐々に取り除き、時空の幻想、ひいては光速の幻想から徐々に自分を解放し、最終的に自分の中に両性具有のエロヒムの状態を再統合することができるのである。

* * *

ここでは、「天使」(サンドとジェネエル著)の抜粋と、「カシオペアン」(ローラ・ナイト著)の抜粋によって、私たちが今、詳細に説明した内容を一言で要約しています。

エロヒムは、いわば、エーテル体の形で、原始意識のすべての情報光コードをまとめる存在意識です。その「神聖幾何学」は、具体化された次元のサイクルに近づき、飛び込む準備をしており、振動する光の塊にほぼ組織化されています[…]。エロヒムは完全にバランスの取れた極性両性具有です。

[中略)そして、この通路(光速以下の周波数)は、必然的に二極化によって開かれ、次にその極性が分離される。そして、エロヒムは2つの極性に分割され、男性型と女性型となる。分離の瞬間に、受肉という最初の「衝撃」が生まれ、記憶されるのです。

この原初的な衝撃を、人間の意識は暴力的なトラウマとして認識し、解釈している。そして、それは記憶(プログラム)となり、その相補的な極性によって永久に拒絶されるという形で、人間の経験の中に再記述されることになる。[...]

あなたの体験は、それが濃密で困難なものであれ、逆に楽しく軽やかなものであれ、すべて「光源に還る」、つまり原初の創造意識に還るのです。それは、あなたを生み出したエロヒムの精神を養うために戻ってくるように、あなたはそれらを提供するのです。[...]

この進化の段階で、未来の人間は天使を自分自身に降ろし、「未来の意識」である高次の自己を現在の自分に統合することができるようになるのです。"

天使との対話 n°10DIALOGUE AVEC NOTRE ANGE N°10 - Sand & Jenaël

A[カシオペアン]:ご存知のように、意識状態というのは、創造物の中のすべての存在の重要な要素です。皆さんも覚えていらっしゃると思いますが、「結局、すべては幻想なんだ」という話をしましたね。したがって、もしすべてが一つの大きなイリュージョンであるならば、物理的な構造と意識の状態のどちらが重要なのだろうか。

[...]

Q:【ローラ・ナイト】私たちの意識を制限するものは何ですか?

A:あなたの環境。それは、あなたが選んだものです。進行度合いに応じて そして、それがすべてを制限してしまうのです。あなたがより高いレベルの密度に上昇するにつれて、制限はなくなります。

Q:(L)この制限された環境を作り出しているのは何でしょうか?

A:それは、学ぶためにある至高のイリュージョンです。

L.Knight, The Wave T 8, p.396.