アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、STSまたはSTO?その三

ネガティブSTS、ポジティブSTS、STOの違いを完全に理解して把握するために、サッカーの例を見てみましょう。

スタジアムで向かい合う2つのチームは、地球上で3番目の密度で、ポジティブSTSと対戦するネガティブSTSに匹敵します。

最強のSTSはゴールを得ますが、ゲームのルールを常に尊重しているわけではないため、多くのポジティブなSTSプレーヤーを傷つけ、その結果、彼らは犠牲者になります。

したがって、負傷したプレーヤーは「迫害された貧しい人々」になり、審判に引き渡されます。

後者は、お気に入りのチームに警告またはレッドカードを与える決定力を持っており、ネガティブSTSが制限を超えてゲームのルールに違反した場合、審判の力を使用することがあります。

このシナリオはまさに地球上で起こっていることです。 4番目の密度のSTSは、普遍的な法則に違反しています。 STO:宇宙の審判は彼らにレッドカードを渡し、代わりのベンチに送りました。

しかし、状況のバランスをとるために、宇宙はプレーヤー-レフリーの応募兵を派遣して、ポジティブSTSのチームがランクを上げ、2つのチーム間のゲームのバランスを確立するのを支援しました。

これがワンダラーかな?

ベテランの調停人になる前に、これらのレフリーは選手としてサッカーの試合に参加します。彼らはトレードのすべてのトリックを学ぶためにネガティブSTSとポジティブSTSチームを通過しなければなりませんでした。

その上、レフリーは地域、国内、さらには国際的なレフリーの地位を獲得することができます。その後、彼は国際ゲームの最高の調停人になります。言い換えれば、宇宙での人間の経験のレベルでは、彼は神または創造主の意識の役割を果たしています。

これがワンダラーが地球に来るメリットか?

混乱は、たとえばニューエイジ運動のように、ポジティブなSTSがSTOと混同される大多数の人々の心に君臨します。したがって、秘教の冒涜者は、銀河系の対立がSTSとSTOの間で起こっていると考えているのです。

ははあ

でも、ラーもカシオペアンも「対立がSTSとSTOの間で起こっている」という立場な気がするけど

ポジティブSTSとネガティブSTSの対立なんて、レオ・ネットワークしか言ってないぞ

それはそうではない。倫理的な理由と自由意志を尊重するために、STOは世界の内政や住民の日常生活に公然と干渉することは決してありません。たとえば、ネガティブグレイとポジティブグレイのやり方に反して、彼らは人間の目に公然と自分自身を明らかにすることは決してありません。

ロズウェル事件はポジティブグレイらしい

そうだなあ、おまけして、バシャールをポジティブグレイ一味と見なしてやるのもいいかもな

一方で、確か、カシオペアンはエササニを半分STS半分STOと評価してた

それにもかかわらず、カルマのサイクルに陥るリスクに直面して、エントロピーの世界の平衡を再調整するために、彼らの魂は人体に転生します。利他主義と思いやりによって、彼らは自発的にこの高貴だが危険な奉仕を引き受けます。

でも、やらなきゃエントロピーの世界で潰れるのは自分なんだから、それなりに利己主義では?

(上のコメントはポジティブグレイの魂が人体に転生したものと考えたのだが、文脈的にSTOワンダラーのことかも。その上で言えば、ワンダラーとは、ラー文書からすると、過剰な思いやりと智慧の無さが特徴であり、地球に転生したのは思いやりと智慧の統合をしに来た、とも言える)

ここで、スピリチュアルなウェブサイトのほとんどに君臨している巨大な混乱が今後解消されます!

ふーむ

まあ、なるほど、という所はかなりあった

Body-Soul-Spiritと上位の意識-STS / STOの間の関係の図式 

図がある

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=612x10000:format=png/path/sd7739c2374e37db5/image/id870065b360cd038/version/1512136569/image.png