アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

レオ・ネットワーク、STSまたはSTO?その二

私たちの実際の人間の次元:3番目の密度はこれら2つのエネルギーの交差点です。それは、私たちのスピリットが肉体的な人体に転生する際の魂の進化の働きに対応し、したがって、感情の世界と現在の瞬間の座に対応します。

したがって、人体を制御する意識は実際には人間ではなく、これらの他の次元、つまりSTSまたはSTOから来ています。

ふーむ

ほとんどの人間の意識は、捕食者、寄生虫、捕食者、または捕食者のコーパスという資格で指定された特定の爬虫類の実体、グレイまたはその他の精神に取って代わられました。

これを極端に図式化するために、爬虫類によって動かされ、指示されたこれらの略奪的な実体は、私たちがそれを意識することなく、私たちの日常生活の中で私たちの体と精神の一部を制御します。

おそらく、これをカシオペアンは「攻撃」と言ってるな

そして、人間が彼の行動が第4密度の実体による彼の精神の制御によるものであることを無視する限り、私たちは彼が眠っていると考えることができます!彼は自分の現実を意識せず、自分の環境の主観的な現実、つまり自分の信念を慰め、安全の幻想を与える現実以外は何も知覚できません。

なるほど

カスタネダは、「捕食者の心を人間に植え付ける」と言ったが、まさにその通りだと

彼が日常生活の中で彼の魂の学習と成長に役立つための、彼が知覚する現実が覆い隠されていることを理解するとき、彼は彼の現実を覆い隠すベールを上げることを受け入れることで彼の人生と彼の目的を変えることを選ぶことができます。知識を習得することですべてを実現します。

したがって、個人が自分自身を判断したり、現在の方向性によって自分を責めたりすることは不適切です。しかし、客観的に考えることを学び、知識を身につけて少しずつ行動を再調整できるようにするためには、意識を高め、自分自身に情報を提供し続けることが不可欠です。

その後、彼は4番目の密度で自己奉仕にとどまるか、彼の魂が4番目と5番目の密度の他者奉仕の道を歩むことを許可することができます。彼の意識は彼に新しいツールを提供し、彼の進化によりよく適応した環境を生み出します。

このように、私たちの人間的次元では、STSまたはSTOの思考と一致するときに、私たちの意志を私たちの現実に明示することを可能にする私たちの決定を拡大および強化することができます(私たちの行動が私たちの意識と適切にとどまる場合)。

私たちの思考がSTSの思考センターと一致すると、唯物論的意識の増大、お金と所有物、権力の強い傾向、行動の嗜好が生まれますが、同様に霊的意識の顕著な減少も生じます。

逆に、私たちの思考がSTOの思考センターと一致すると、それらは増幅し、霊的意識の増大、物質的意識の減少、富、財産、贅沢への関心の欠如、そして自分自身に気付くまたは認識する必要性をもたらします。

3番目の密度の人は、意識の振動周波数を変更する能力を持っており、意識の振動周波数をSTOの極性に合わせることができます。それから彼は、実際に他者に奉仕している自分の部分が、共振周波数の法則によって増幅されていることに気付くでしょう。

私たちの意識と行動をSTOの思考センターに合わせるという選択をすることは、私たちのエネルギー場の振動の頻度を増加させます。しかし、個人が自分自身の奇跡を生み出し、断固として新しい環境を創造することができるのは、意志力、忍耐力、そして自分自身と自分の信念に対する執拗な努力によってのみです。そして、彼は知識を習得したときにのみこれを実現することができます。 

古代の秘教の伝統はそれを次のように呼んでいました:聖杯の探求に身を投じる!

個人が十分な経験と知識を身につけると、意識による方向性の選択が日常生活に現れ始めます。振動周波数が十分である場合、彼の他のすべての周波数、言い換えれば彼の他のすべての化身は、他者奉仕における共鳴の周波数に徐々にシフトします。

知識は意識の機能です。客観的な知識であり、推測、偏見、幻想ではないすべての知識は、人間の意識をより優れたレベルに高めます。

STSとSTOの個性を区別するには、物理​​的および物質的な自動満足の概要を考慮することが重要です。二元性の第3密度の世界に転生した瞬間から、すべての人間は自動的に「STS」行動のモードに投影されます。なぜなら、彼の利己的な機能を通して、彼は物理的な次元に依存しているからです。それは彼に一定の満足感を与えることを意味します。したがって、機械的な不均衡は、いわば、彼のエゴのために彼が自分自身を識別する物理的な世界と、彼の上位の自己または意識と彼の存在の複数の次元が接続されているエーテル体の世界との間に存在します。

彼の性質上、エーテル体の世界から完全に切り離された人間は、肉体的な喜びと彼の物質的な第3密度の必要性に永続的に依存しています。したがって、彼は二元性の2つの極性、つまり善と悪の両極性によって引き起こされる根本的なジレンマに直面しています。したがって、個人は、あらゆる形態の物理的な自動満足の背後に隠された彼の本能的な制御メカニズム、またカルマのプロセス、言い換えれば、彼の生涯にわたる彼の繰り返しの不幸の生成者であることに気付くように求められます。

自由意志、彼の人間の知性、そして兆候の解読を使用することによって、彼は彼の創造主の意識が彼に提供する環境を尊重することを再学習するために彼の行動を再調整しなければなりません。このためには、量子面でエネルギーの循環を生み出す感情的なメカニズムを理解することが不可欠であり、すべてのメカニズムと同様に、それをオンにするまたは停止するための鍵が存在します。

したがって、考え方や行動がSTSまたはSTOパスにあるかどうかを検出するためのいくつかの鍵を次に示します:

STS」の個人は所有します!彼は彼が獲得できるすべてのものを所有し、収集します。彼は彼の土地、彼のお金、彼の家、彼の車、彼のペット、彼の家畜、彼の夫または妻、彼の肩書き、彼の仕事などを所有します。「これは私のものです、私は所有者です...、私はマスターです、それは私のものです!」 

STS」の個人は、称賛され、喜ばれ、輝き、認められるために、競争、競争、競争行動、搾取を通じて自分自身を美しく見せるための必要性に永続的に直面しています...(この例:スポーツ大会、政治、娯楽、職場で...)。彼はしばしば家族、仲間、そして社会に認められる必要性を経験します。したがって、彼は卒業証書、賞品、トロフィー、タイトル、成績、メダルを蓄積しています...

«STS»はしばしば希望的観測の形をとる傾向があり、したがって、彼の欲望を実現するためにエゴを通して彼ができるすべてのことをします。

STSと希望的観測、ウィッシュフルシンキングの関係は重要

彼の「STS」機能では、無料の贈り物は存在せず(または(彼は慈善家であるという)認識の期待によって微妙に偽装されている可能性があります)、彼は上位の自己を信じることができないため、一生懸命働き、お金、株を数え、予測を行います、キャリアプランを作り、保険を計画し、契約し、口座を節約し続けます。多くの場合、彼は他人の商品を流用しようとさえします。このために、彼は盗み、嘘をつき、ごまかし、調査し、観察し、スパイし、詐欺し、詐欺を犯します...そして嫉妬し、所有欲が強く、妬み、傲慢になります...彼はエネルギーが量子宇宙内でどのように機能するかを忘れているので、何かを期待せずに真に与えることはできません。彼はまた、普遍的なエネルギーの流れが「ソースの豊富」に由来するため、遍在する豊富さであることを無視しています。

STOの個人は、所有する必要なしに人生を楽しむことができます。彼は彼に提供されているものに満足しています!彼は所有者になり、所有し、収集し、征服する必要はありません。彼は、土地を取得したり、お金を節約したり、車を集めたり、動物を閉じ込めたり、結婚して夫や妻を所有したりする必要はありません。彼のものはほとんどない。彼は何かのマスターになったり、他のものを支配したり所有したりする必要はありません。 (これは、彼が何かを自らなくすことを意味するのではなく、彼がエゴイスティックな共鳴を通して何らかの形の価値を割り当てることによって物事と同一視することをやめたことを意味します。)

彼は価値を認められることを気にしません。彼は競争にも他人の搾取にも興味がありません。彼は、認められ、名誉を与えられ、報われる必要はないと感じています...彼は彼の称号、卒業証書、賞品、トロフィーを通して満足する必要はありません...

「STO」の個人の場合、無料のギフトは自発的です。必要なものは常に彼に与えられるので、彼は彼のお金を数える必要はありません。彼は備蓄も、万が一の場合の備蓄も、「将来の予測」も、複数の保険との契約も自分自身を確保するための貯蓄も必要ありません。彼は決して他人の商品を着服しようとはしません。彼は盗んだり、嘘をついたり、騙したり、調査したり、観察したり、スパイしたり、詐欺をしたり、詐欺を働いたりする必要はありません...したがって、彼は嫉妬し、所有欲が強く、妬み、傲慢になる理由がありません。

人類はそのままです。進歩は進歩です!正直なところ、人間が本質的にすでに存在し、この3番目の密度で他の人の自由意志に違反することなく存在することができれば、彼は本当に自分自身を方向付け、彼の本当の性質、「他者への奉仕-STO」にいることを見つけることができます。しかし、彼は自分の信念と恐れを通して自分自身のために創造する意識の次元のために「STS」であるため、彼はこの第3密度の基本世界で完全に「STO」になることはできません。