アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

montalk.net、戦闘的二元論の罠その一

The Trap of Combative Dualism | Transcending the Matrix Control System

「私が戦闘的二元論と呼ぶものは、闇があることを認めますが、それを破壊することに精神的に熱心になって、ますますそれが好きになる所までいきます」というのがこの記事のテーマ

 

ニューエイジの「愛と光」の哲学は、否認的でウィッシュフルシンキングに浸らせ、その信奉者を弱い玄関マットに変えたことで、現実の闇の面に無知だという批判をたくさん受けます。「You Create Your Own Realityあなたはあなた自身の現実を創造する」の概念(YCYOR)は、パラダイムの中心であり、外部で発生することはすべて、内部で発生することを反映しているという仮定に基づいています。これの証拠は、ポジティブシンキングがポジティブな経験を引き付け、ネガティブシンキングがネガティブな経験を引き付けるという観察を通して提供されます-これは私が知る限り正確です。

しかし、YCYORは、闇の影響は、その存在を否認することによって現実から遠ざけることができる、と推論する際に致命的な誤りを犯します。問題は、それ自身の独立した存在を持っている何かの無知と否認が、あなたが知覚することを拒否する方法でそれに操作する余地を与えるということです。あなたの影の側である内なる闇には、そこにいないふりをしようとしても機能し続ける独自のアジェンダと欲望があり、彼らはあなたがそれを知らなくてもあなたの思考と行動を操作します。同様に、あなたの外の闇、すなわち人間と非人間の形での大量の略奪的な勢力、そして何年にもわたって行われた悪い選択の外部の結果は、必然的にあなたに否認からの荒っぽい目覚めを与えます。言い換えれば、気づきと責任よりもウィッシュフルシンキングと否認が選​​ばれると、遅かれ早かれ物事はあなたに追いつきます。 YCYORの詳細については、私の記事True RealityCreationを参照してください。

この人のTrue Reality Creationの記事はいずれ扱う予定

言うまでもなく、ウィッシュフルなポジティブシンキングによってひどく火傷を負ったり、それが他人に引き起こす無知や偽善を見たりすると、逆に走りたくなることがあります。 しかし、あなたは非常に反応的に逃げることができるので、あなたは反対の罠に滑り込むことができます。それは極端な否定性と戦闘的な二元論です。

たとえば、YCYORがうまくいかない場合、怨めしくなり、産湯とともに赤子を流すのは簡単です。つまり、実の所、問題は前向きな態度がバランスの取れた意識を伴わないということであったときに、弱さや否認の形として「ポジティブシンキング」を拒否することです。 したがって、ポジティブ性と意識を組み合わせる代わりに、ポジティブ性を犠牲にして意識を選択することができます。 気づきはネガティブな現象に対処する準備をしますが、ネガティブな態度は実際にそのような現象の発生と深刻さを増すので、これは悪いことです。これは、パイプが破裂したことに気づき、最初に水バルブをオフにせずに、パイプにパッチを当てるために戦っているようなものです。

ポジティブシンキングもバランスだよ、というすごく月並みな結論になってしまうのだが、まあ、そういう話だ

明確にするために、二元論は、「善対悪」または「精神対物質」など、和解できない2つのものへの信念です。一方、私が戦闘的二元論と呼ぶものは、闇があることを認めますが、それを破壊することに精神的に熱心になって、ますますそれが好きになる所までいきます。この極端な二元論は、知覚された不当に対する報復を求める自我に根ざしていますが、その報復を達成するための自我ベースの手段を使用しています。この考え方に浸っている人々は、ニューエイジパラダイムのようなより主観的な選択肢を嘲笑することによって彼らのスタンスを正当化しながら、現実主義者であることを自慢しています。もちろん、彼らは第3のより全体的な視点を認識していないか、認めたくないので、二項的に考えています。彼らは、ある半分の真実では間違っていること、別の半分の真実では正しいことだけを見て、両方が等しく欠陥がある場合、後者を前者よりもはるかに優れていると見なします。

人生に闇の影響を与える恐れに基づく先入観を持っている人々には、興味深いことが起こります。彼らは、彼ら自身が作成または引き込む責任があるさまざまな現象のシャドーボクシングを開始します。どのような現象ですか?彼らの信念体系にもよるが、ここでは、公の場で彼らに付く不審な人物の大幅な増加、黒いヘリコプターの嫌がらせ、改ざんと監視の兆候、闇のアストラルおよびエーテルエンティティによる絶え間ない苦痛、進行中の暴力的なエイリアンによる誘拐などのようなものを意味します。これらのものは独自の独立した存在を持っているかもしれませんが、それらは歪んだ意識と否定的な態度によって引き込まれ、可能になります。特に-そしてこれは重要です-、人が、正しい軌道に乗っている、彼らのワークで妨害することによって闇の勢力を苛立たせた、ことの必要な確認としてこれらの「攻撃」を間違えたとき、にそうです。この誤った信念は、人生の混乱した道になっているものをさらに強化するのに役立つだけです。

否定的な態度は魂の頻度が低下することを伴い、頻度が低下すると、より頻繁な誤解とネガティブな実体との相互作用のより大きな具体性が誘発されます。 ですから、恐れと戦闘性は実際に必要以上に恐れと戦いへ多くのものを引き寄せます。YCYORとは異なり、否定的な態度を失うだけでは問題を解決できません。何かを引き寄せなくても、何かが自発的に引き寄せられる(向こうから勝手に寄ってくる)可能性があるからです。それで、そのような問題を精神的にブロックしたり、物理的に早い内に取り除く意識が生まれます。 

闇の力が存在し、あなたの人生と世界で機能しているという事実に直面すると、あなたの中でうぶな何かが死にます。しかし、そのうぶさは遅かれ早かれ厄介払いされ、去らなければならなかった純朴なものです。それで、5段階の悲しみ(エリザベス・キューブラー=ロス)のようなことが起こる可能性があります:否認(「いいえ、現実ではありません。」)、恐れ(「オーマイゴッド!」)、怒り(「ちくしょう!」)、受け入れ(「私にできることは何もありません」)、理解(「ああ、今、私はより大きな絵を見ます」)。ニューエイジのウィッシュフルシンキングは最初の段階にあります。戦闘的二元論は恐怖と怒りの段階で立ち往生しており、問題の認識は、より高い理解、よりバランスの取れた態度、または現実の肯定的な側面の認識を伴わない。その重心は自我であり、自我のポジティブな考えは、それを撫でたり、なだめたり、やしなったりするものです。

バランスの取れた積極性の態度と組み合わされた包括的な意識を通してのみ、バランスの中心は魂の中心に向かってシフトし、そしてあなたの行動における責任を通してのみ、回路は最終的に完成し、人生はより良くなります。戦闘的二元論とバランスの取れた二元論には違いがあります。自由意志の存在自体が創造を尊重するか拒否するかの選択を可能にしなければならず、それは必然的に精神的な進化のはしごの正と負の半分を確立するので、私はすべて二元論に賛成です。重要なのは、二重性の両方の半分と、それぞれがより大きな全体にどのように適合するかを認識することです。二元性の本質には統一があり、統一の表現には二元性があります。このより大きな文脈を理解することは、あなたの霊的な基盤を失うことなく問題に効果的に対処するために必要な粘り強さと知恵をあなたに与えます。

気づきの高まり、態度の調整、そしていくつかの内省によって、否定的で戦闘的な二元論の罠にかかった人々は、それから抜け出すことができます。これを達成するためのいくつかの提案があります。