アラフォー賢者の気ままな引き寄せライフ~第四密度行ったら本気だす~

気ままにスピ雑談、多少は人が見て勉強になりそうなことを書いていく

セス、体全体の健康システムの一部としてのウイルス、および生物学的声明としてのウイルス

今セスを読んでいるのだが、タイムリーなのを見つけたので、取り急ぎ紹介する

 

Dreams, "Evolution," and Value Fulfillmentより

 

件名:体全体の健康システムの一部としてのウイルス、および生物学的記述としてのウイルス。
前に言ったように、ウイルスには多くの目的があります。 体には、致命的と見なされるウイルスを含むあらゆる種類のウイルスが含まれていますが、それらは通常、無害または不活性であるだけでなく、体全体のバランスに有益です。

体には、元々致命的なウイルスが含まれている
体は、体が感じる物理的な動きと敏捷性だけでなく、あなたが知覚しない、微視的な敏捷性と、マイクロ秒以内のアクションによって、活力を維持します。身体が外部環境との出会いを通して出会うのと同じくらい多くの動き、刺激、反応が内部の身体環境にあります。体は時々「システムを洗い流し」、レパートリーを通り抜け、体温を上げ、ホルモン作用をより強く活性化しなければなりません。このようにして、免疫システムを明確に保ちます。そのシステムは常に動作しています。ある程度、それは身体が自己と非自己を区別する方法です。

特定の方法では、そのシステムは、身体がそのエネルギーを浪費することを防ぎ、生物学的完全性を維持します。
さもなければ、まるで自分の家がどこで始まったのか、どこで終わったのかが分からないので、近所全体を暖かくしようとするだろう。したがって、「ウイルスによって引き起こされた」いくつかの素因は、そのシステムを一掃するための歓迎されるトリガーとして身体に受け入れられます。これは、現在の素因にも当てはまります。

しかし、常に多くのことが関係していますが、感染性があると考えられるウイルスは、確かに何らかの方法で生物レベルの通信を表しています。それらは生物学的声明であり、文字通り社会的コミュニケーションであり、生物学的に作成されたものであり、さまざまな種類があります。

スカンクがおびえたとき、それは実際に悪臭を放ちます、そして人々が怖がっているとき、彼らは時々多少同じ方法で反応し、彼らが憂慮すべきと考える環境の刺激に生物学的に反応します。彼らは「悪臭的ウイルス」の弾幕を放り投げます。つまり、実際には有害な可能性のあるウイルスを自分の体内から収集して動員し、生物学的にこれらを引き起こしたり、活性化したりして、自己防衛的に環境に送り出します、敵を追い払うために。

ある意味では、これは一種の生物学的攻撃です。ただし、ウイルスは、関係者が取り除いている緊張も表しています。それは一種の発言です。人々が恐怖を感じるとき、それはしばしば戦争の時、または大きな社会的激動の時に非常に強力な方法で使用されます。

さて、あなたの友人はオリンピック(先月、ニューヨーク州レイクプラシッドで行われた)に行ったことがあり、彼はその競技の光景を見て感じた偉大な肉体的活力に訴えられました。 [そのため、および他の個人的な理由により]彼は感じた激しいエネルギーの放出を見つけることができなかったので、それを取り除き、身を守り、脅迫的な生物学的姿勢であるウイルスを捨てました。

あなたの体はしばらくの間そのような善い物を受け取っていなかったので、彼らは免疫系を再生するためのトリガーとして精力的にそれらを使用しました。

多くの人々は、オリンピックから来たあなたの友人のような反応を持っていました。彼らは自分たちのエネルギーをどのように使用して解放するかを知らなかったからです。まるで彼らはそのような業績に比べて劣った立場にいるように感じました。

気付かれない体の間のあらゆる種類の生物学的反応があり、それらはすべて基本的に社会的性質であり、生物学的コミュニケーションを扱っています。ある意味では、ウイルスはある意味で、環境を処理または制御する方法です。これらは自然な相互作用であり、全体として、人々が労働、エネルギー、アイデアを通じて貢献できるほど健康である世界に住んでいるので、健康は支配的な要素ですが、すべての身体の間には生物学的相互作用があります。それがその健康の基礎であり、そのメカニズムには、ウイルスの相互作用や、理解されていない軽い病気の期間さえ含まれます。

これはすべて、人間の意図と彼の理解に関係しています。 しかし、同じ関係はもちろん、人間の体の間だけでなく、人間と動物や環境内の植物の間にも存在し、全体として身体体験の活力を生み出す果てしない生物学的コミュニケーションの一部です。

一般的なウイルス観とかなり違う

字幕大王で「ウイルスはエクソソームである」説が紹介されていたけど、似ている感じ